真言宗豊山派白王山中台院福性寺真言宗豊山派白王山中台院福性寺
  • おばあさん、おじいさんとも歩きたい(陳情中)

最近の投稿

カテゴリ

過去の投稿

2018年8月4日

日傘男子 日傘僧侶

最近、男性も日傘をさす方が増えてきた!との新聞記事を見ました。

日傘男子と言うようです。住職もここ10年以上は日傘を使用しています。先代住職(昭和54年・1979年亡)も日傘を使用していました。ゴールドの緻密な生地でできていたことを思い出します。当時の僧侶は、パナマ帽を制帽のように使っていました。もちろん、先代住職もパナマ帽も使っていました。また、東南アジアの僧侶も日傘を使っていますね。日傘僧侶でしょうか?

実は、日光(紫外線)は、老化を進めます。これを光老化・photoagingと言います。Human Pathologyと言う医学雑誌に、皮膚の光老化に関する論文を発表したことを思い出します。日光の曝露部(光のあたるところ、顔・首・手背など)では、皮膚の老化の指標(染色体末端のテロメア)が短く(老化が進んでいる)、前癌病変のある曝露部では、さらに短いことを証明しました(平成26年・2014年)。つまり、光老化により癌が発生しやすくなることを説明しました。過度の日焼けは、避けたいです。日傘のご使用をおすすめ致します。

ところで、大きな法要(釈尊・お釈迦様・ブッダの教えを学ぶことで、もちろん年回忌法要、開眼法要を含みます)では、赤い大傘(朱傘・野点傘・つまおりのだてがさ)を通常1本(和傘ですから一張り?)使用します。導師様!にさしかけています。お導師様のしるしですね。しかし、住職は一生、朱傘の日陰に、はいることはなさそうです。大きな法要の導師になることはありませんから。法要前の屋外のお練り(行列)では、少しだけ日の射すところを歩いて、お導師様より老化することになります。

導師様用の朱傘

導師用の朱傘 傘の周囲が丸く安全になっていることが多いです


カテゴリ
過去の投稿

ぜひ、福性寺のホームページをお気に入りに追加下さい。
最新情報を更新しておりますので、ご覧下さい。