真言宗豊山派白王山中台院福性寺真言宗豊山派白王山中台院福性寺
  • おばあさん、おじいさんとも歩きたい(陳情中)

最近の投稿

カテゴリ

過去の投稿

2022年5月11日

長い留守をよろしくと電話 そしてお墓

遠い昔のことです。先代住職の時代に始まりました。ちょっと前にご当人の十三回忌の法要が終わりました。以前から書きたいと思っていました。しかし、個人情報を含みますので、時間の経つのを待っていました。

お檀家(男性)の代理人の弁護士さんから「これから10年以上お寺にお参りに行くことができません。その間、お墓をよろしく。必ず更生しますから」と伝言がありました。先代住職は「刑期」など詳しいことはお聞きしなかったようです。長い時間、墓参はありませんでしたが、寺でご供養をしていました。現在、故人を含めて明治時代からの仏様8霊が眠っています。

出所直後に墓参においでになりました。もちろん、お墓は元のままです。ご当人からお礼を言って頂きました。その後は、年に4回(お正月、両彼岸、お盆)の墓参を欠かしませんでした。行事へのご参加は時々でした。

出所まえに、ボイラーに関する国家資格(技士)、出所後に電気に関する資格も取りました。勤めた会社でも、とても歓迎されていたようです(同僚談)。

昭和の60年代にお墓を新たに作り直しました。百万円以上かかったのではないかと思います。前に立つと自然に合掌したくなる立派なお墓です。

また、住宅ローンを借りることができるようになり、お家を買いました。亡くなる前に住宅ローンを完済しました。唯一の楽しみは、お仕事の後のお酒であったとお聞きしました(お身内談)。

福性寺涅槃仏様 釈尊の入滅・涅槃のお姿です 80歳です 開眼しておりますので最後の説法の時でしょうか 閉眼している像は入滅を表しているという人がいます 平成3年1991年先代住職の13回忌に福性寺から大学に通って住職様方のご寄付により建立されました 小田弘毅師 石井秀誉師 星俊光師 矢田正幸師 平本省吾師などです

故人のお写真のかわりに福性寺涅槃仏様  釈尊(シャカ・ブッダ)は80歳です 開眼しておりますので最後の説法の時でしょうか? 閉眼している像は入滅を表しているという人がいます 平成3年1991年先代住職の13回忌に福性寺から大学に通った住職様方のご寄付により建立されました 小田弘毅師(福島県) 石井秀誉師(埼玉) 星俊光師(福島) 矢田正幸師(栃木) 平本省吾師(埼玉)などです

葬儀では「まことにご立派な人生でありました」と「諷誦文・ふじゅもん」(導師=執式者の読む仏教的な追悼文:あちらの世界への紹介状)の中で口語で述べました。見習うべき点の多い人生であったと思いました。「諷誦文」のタイトルとも言うべきお戒名は「十善戒を守り(善を好み)人生を楽しみ、優れた人生を築き上げた仏教者」としました。

故人にボイラーや電気に関する技術の教えを受けた大勢の勤務先の後輩・同僚・先輩が集まり、葬儀場に人があふれました。異口同音に「心の温かい親切な先輩・指導者」であったとお聞きしました。

なお、故人のご遺言により葬儀では、たくさんのお布施を福性寺に頂戴いたしました。喪主様から、故人の遺産からであると聞きました。

十善戒について書いたことがあります。

令和2年2020年8月22日 グルメサイトと五戒・十善戒 http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/6735

令和2年2020年2月16日消毒用アルコールがなくなるって?! http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/5427

平成30年2018年4月28日 結婚の奉告(ぶこく・謹んで報告する)法要 http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/1239

平成28年2016年5月8日 結婚式の戒師を務めました(平成28年4月29日) http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/77

 

 


キーワード検索
カテゴリ
過去の投稿

ぜひ、福性寺のホームページをお気に入りに追加下さい。
最新情報を更新しておりますので、ご覧下さい。