真言宗豊山派白王山中台院福性寺真言宗豊山派白王山中台院福性寺
  • おばあさん、おじいさんとも歩きたい(陳情中)

最近の投稿

カテゴリ

過去の投稿

2022年5月5日

職員の交代

5年間福性寺に職員(院代)として勤務していた横田渉全師が退職し、代って宮寺聖也師が勤めています。横田師のあと、お二人が職員になりたいとのことでしたが、福性寺では最初に応募してきた方を採用するようにしています。皆様がご立派で、なかなか順位をつけることができないからです。最初の面接を兼ねたご来寺のおりには、お車料を差し上げています。

令和4年2022年4月23日(土曜日)施餓鬼会法要 冒頭五体を投地します 副住職(右端)は司会(開会から仏讃歌住職挨拶閉会の挨拶)説解師(法要の解説)式衆(読経)を勤めました

令和4年2022年4月23日(土曜日)施餓鬼会法要 冒頭に五体を投地します  左から宮寺師(黒衣) 石井師 住職(導師) 横田師(木蘭色) 副住職 です この日副住職(右端)は司会(開会・閉会の言葉から仏讃歌住職の挨拶まで)説解師(法要の解説)と式衆(読経) でした

週休2日ですが、土曜日・日曜日は勤務日ですから、お檀家ご信徒様に接する機会が多いです。長期休暇はお正月、節分、地方のお盆のシーズンです。

勤務時間中に手習い(書道)とご詠歌を勉強してもらいます。宮寺師も同様です。

2年間は福性寺の負担で書道を勉強しています。横田師は、書道は「準初段」、ご詠歌は「詠秀」の資格を頂くことができたようです。ご指導を頂きました書道の萩原先生と真言宗豊山派のご詠歌の先生方に心からお礼を申し上げます。

福性寺は「小さな寺」(=自慢になりません)ですが、若い僧侶を厚遇し便宜を図るように努めています。なお「小さな寺」の定義はお檀家が少なく不動産などの資産が少ない寺です。


キーワード検索
カテゴリ
過去の投稿

ぜひ、福性寺のホームページをお気に入りに追加下さい。
最新情報を更新しておりますので、ご覧下さい。