真言宗豊山派白王山中台院福性寺真言宗豊山派白王山中台院福性寺
  • おばあさん、おじいさんとも歩きたい(陳情中)

最近の投稿

カテゴリ

過去の投稿

2021年6月10日

スリランカにワクチンを! ジャヤワルダナ氏(元スリランカ大統領)の演説

スリランカから新型コロナウイルスワクチン・Corvid 19ワクチンの供与の申し入れが日本にありました。実現してほしいです。「仏教徒海外奨学基金」の受け入れ先のサンガラタナ師の国です。

スリランカ ミヒンタレー市のサンガラタナ師 仏教徒海外奨学基金の授与風景

スリランカ ミヒンタレー市のサンガラタナ師 「仏教徒海外奨学基金」の授与風景 奨学生は「晴着」をきています

すでに記事にしたことがあります。サンフランシスコ講和条約会議(昭和26年1951年)におけるジャヤワルダナ氏 (第2代大統領、当時は蔵相)の演説「憎悪は憎悪によって、やむことはなく、慈愛によってやむ」釈尊(お釈迦様・ブッダ)の言葉を引用した演説です。

第2次世界大戦後、対日損害賠償請求の放棄の演説です。釈尊の教えを深く理解すると同時に、450年以上に及ぶポルトガル・オランダ・英国による支配と収奪を受けた国ならではの、平和のためと日本擁護の素晴らしい演説です。

大戦は、アジアと太平洋を舞台として、アジアの新興の帝国主義国家(日本・明治維新1868年)による古くからの西洋の植民地主義・帝国主義国家群(英・米国オランダなど)への挑戦・戦争と考えています。話す機会がありましたら、西洋人にもこのように話しています。

しかし、舞台となったアジアの人々に大きな犠牲を強いました。戦後、アジアの人々に特別の配慮を重ねてきたと思います。今後も「平和を求める多くのアジアの国々」に対して、「この配慮」は必要と考えています。

また、ジャヤワルダナ氏 は演説の中で「日本人の掲げた理想に独立を望むアジアの人々が共感を覚えたことを忘れないでほしい」とも言っています。「日本人の掲げた理想」はスローガン倒れだったかもしれませんが。

スリランカにワクチンを供与してほしいです。

ジャヤワルダナ氏(元スリランカ大統領)について

2018年2月16日一眼を献ずるものは成仏できる 角膜移植 http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/1003

 2018年2月12日 サンガラタナ師からの絵ハガキ 仏教徒海外奨学基金: http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/991


キーワード検索
カテゴリ
過去の投稿

ぜひ、福性寺のホームページをお気に入りに追加下さい。
最新情報を更新しておりますので、ご覧下さい。