真言宗豊山派白王山中台院福性寺真言宗豊山派白王山中台院福性寺
  • おばあさん、おじいさんとも歩きたい(陳情中)

最近の投稿

カテゴリ

過去の投稿

2020年6月8日

天安門事件31周年 中華人民共和国旅行

天安門事件(平成元年1989年6月4日:日曜日)から31年が経ちました。この事件を取り上げる新聞やテレビニュース(「旧メディア」と言う人がいます)が少なくて、驚きました。

事件の年の秋に中華人民共和国に出かけました。天安門広場では、戦車の走った跡がまだ鮮明でした。キャタピラが石の上に乗り上げたため石が壊れ、そのままでした。しかし、「自由と民主のために亡くなった多数の学生」の存在を実感しました。心が痛みましたね。

平成元年1996年5月24日流れの止まった(断水)黄河

平成8年1996年5月24日 中華人民共和国鄭州市近くの黄河 流れは止まっていました(断流) 水は透明で池の状態です シャツを脱いで泳ごうとすると「汚染や風土病のためにやめるように」と義兄弟がいい泳ぎませんでした「黄河を泳いだことがある」と自慢?したかったのに! 左から母 私 義兄弟(大人たいじんの風格!)です

ところで、親友の「〇全紅教授」がいます。35年ほど前に日本に来ました(短期留学)。まだまだ、中国が貧しい時代です。その後も、天安門事件の後の福性寺の団体参拝、中国での私の研究、国際医学会、家族旅行(2回)を含めて、私は12回中国を訪問しています。毎回、先生と一緒に中国の国内を旅行します。また、私の引退講演会にも講演を依頼しました。

彼は義兄弟と私を呼びます。いつも、私が中国旅行をするときは、ツインベッドルームを同室します。春から夏は蒸し暑いので、お互いパンツだけで過ごすこともあります。

ところがですねー!一度、公安警察が3人も部屋(外資系ホテル)を訪ねて来ました。その時、お互いパンツ一つ!ですから困りました。怖い顔の警察官で、私を足のつま先から頭のてっぺんまで、しげしげと視ていました。私の義兄弟が、身分証明書(国内パスポート)を出して説明して、私のパスポートをメモをして終わりました。義兄弟は共産党員ですから、信用があります。

さて、なぜ警察官が来たのかわかりますか?

私は、明確に「中華人民共和国のチベット支配」に反対です。また、「共産主義者」ではありません。思想問題だと思いますか??

 

実は、中国では「全紅」と言う名前は女性の名前らしいです。「不逞外国人」が中国人女性と同室している!と疑われたわけですね。(笑) 女性がいると思ってきた警察官が、パンツ一つの大男(身長が183㎝)がいたので、びっくり!か、ガッカリ!ですね。でも、「公安」が宿泊者名をチェックしていることがわかりました。外資系ホテルでも。

香港情勢を見るまでもなく「台湾や日本のような普通の選挙」があるようになってほしいです。


キーワード検索
カテゴリ
過去の投稿

ぜひ、福性寺のホームページをお気に入りに追加下さい。
最新情報を更新しておりますので、ご覧下さい。