真言宗豊山派白王山中台院福性寺真言宗豊山派白王山中台院福性寺

最近の投稿

カテゴリ

過去の投稿

2018年2月16日

前回(2月12日)の投稿では「スリランカ!で思いだすことが、三つあります」と書きました。二つまで書きましたね。以下が最後の一つです。

実は、スリランカ人が献眼した角膜は、多くの日本人に移植されています。たとえば、前回の投稿の中のジャヤワルダナ氏(元スリランカ大統領)の死後には、彼の遺言により、片目はスリランカ人に、もう一方の角膜は、日本人!に移植されています。

また、スリランカ人が献眼した数千の角膜は、日本人に贈られています。これは、「一眼を献ずるものは成仏できる」とする「釈尊の物語」(ジャータカ・釈尊の前世のお話)に拠っています。釈尊が前世において、自らの眼を他者に与えた物語があります。このために、釈尊と釈尊の教えに近づくために、スリランカの仏教者の間では、献眼することが行われています。ジャヤワルダナ氏はクリスチャンから仏教徒に改宗した人です。

私も40年近く前に献眼登録をしています。以前は献眼するためには、年齢の制限(65歳まで)がありました。有難いことに、この年齢を超えました。しかし、現在は、献眼登録に関して、年齢の制限はないようです。角膜はとても長生きです。一世代で終わることなく、他の人の身体の中で、二世代目を生きることができます。角膜の移植手術の成功率は非常に高いです。

「ジャータカ」は素晴らしいお話の宝庫です。とろこで、中学校や高等学校で見学したので、皆様がよくご存じと思います。法隆寺の玉虫厨子にも、「ジャータカ」にある釈尊の前世のお話が描かれていますね。玉虫厨子に関しては、書きたいことが多いです。次回に書きます。移植手術や玉虫のイメージを頂けましたら有難いです。

3月15日の山門前の駐車場の梅の花です

2月15日の山門前の駐車場の梅の花です


2018年2月12日

「仏教徒海外奨学基金」の配布先の一つであるスリランカのサンガラタナ師からの絵ハガキです。数日前に到着しました。3月に来日するとのことです。写真の「ミヒンタレー」は、スリランカにおける仏教伝来の地として、多くのスリランカ人が参拝に訪れています。

平成3年:1991年から、毎年「仏教徒海外奨学基金」(8寺院と有志による)を、スリランカ、インド、チベット人に配布しています。すでに、配布額は、総額2千万円に迫ろうとしています。今年で27回目です。基金に献金希望の皆様の振込先は、ホームページの「仏教徒海外奨学基金」のポスターにあります。来日するサンガラタナ師には、奨学金を直接手渡すことになると思います。

ところで、スリランカ!で思いだすことが、三つほどあります。

一つ目は、昭和17年:1942年の日本海軍によるセイロン沖海戦・コロンボ空襲です。この地のイギリス海軍への攻撃です。

二つ目は、サンフランシスコ講和条約会議(昭和26年:1951年)におけるジャヤワルダナ氏 (第2代スリランカ大統領、当時は蔵相)の演説「憎悪は憎悪によって、やむことはなく、慈愛によってやむ」という釈尊(お釈迦様・ブッダ)の言葉を引用した演説です。また、大戦中の対日損害賠償の請求の放棄です。釈尊の教えを深く理解すると同時に、日本に対する尊敬と400年間のオランダ・イギリス支配を受けた国(スリランカ)ならではの、日本擁護の素晴らしい演説です。

三つめは「一眼を献ずるものは成仏できる」お話です。このお話は、私は大好きで、何度もお話をしています。次回に書きます。

サンガラタナ師から絵ハガキ ミヒンタレー

サンガラタナ師からの絵ハガキ 絵画面 ミヒンタレー

サンガラタナ師からの絵ハガキ 文面


2018年2月3日

写真は福性寺の本堂から東に延びる東西参道です。濃い緑の草の葉が茂っています。平成29年9月15日の記事にあります彼岸花・曼珠沙華の葉です。春になると葉は枯れます。福性寺では墓地の清潔のために、葉を早めに刈り取っています。それにしても、秋のお彼岸の彼岸花は圧倒的ですが、冬の緑もうつくしいです。しかし、今回の2回の雪にょり、だいぶ荒廃しました。

花と葉が別々の季節に地上に出てきますから、いろいろな、たとえ話になっているようです。人知れず努力を重ねて大きな成功を納めるなど、曼珠沙華をたとえ話に使用したいです。

現在は、今年の秋のお彼岸の時期の開花に向かって、また球根(ユリと同じように鱗茎が正しいです)を増やすために、冬の弱い光にもかかわらず、「光合成」により炭水化物(デンプンなど)を作り、酸素を大気中に放出しています。光エネルギーを使って、水と空気中の二酸化炭素を材料にしています。中学校で、光合成の場である葉緑体の構造を学んだことがありましたね。

ところで、彼岸花はいくつかの有毒成分を含みます。食べると消化器症状が大変です。命にかかわることもあります。もちろん、食べなければ、全く問題はありません。しかし、ご存知でしょうか?彼岸花には、認知症に効果があると言われているガランタミン(武田薬品・商品名レミニール)を含みます。だからといって、絶対に食べてはいけません。この薬は、現在は人工的に作られています。

彼岸花の有毒なことは、よく知られています。しかし、実は多くの植物の球根は有毒です。もちろん、水仙でさえも有毒です。彼岸花だけが有毒であるとすることは、彼岸花がかわいそうです。

冬の彼岸花 緑の葉

冬の彼岸花 緑の葉


2018年1月23日

釈尊(お釈迦様・ブッダ)は、雪を見たことがあったのでしょうか。昨日から降った雪は、福性寺でも、かなり積もりました。境内では積雪が30cmを超えたところもあります。

釈尊はルンビニで産まれました。マーヤー夫人が無憂樹(アショーカ・アソカ)の花に手をさしのべた時に、産まれました。出産後7日目にマーヤー夫人は亡くなります。急激な出産で、母体が傷ついてしまったのかもしれません。産褥熱で亡くなったとする人もいます。住職は両方であると思っています。無憂樹・アショーカ・アソカは、幼稚園や病院の名前に、とてもよくありますね。また、マーヤー、マヤという女性の名前も何度もお聞きします。

ところで、ルンビニはネパール南部にあります。インドではありません。もちろん、生誕の地は世界文化遺産です。ルンビニ!日本でたくさんのインド・ネパール料理店の名前なっていますね。現在は、丹下健三氏やウタント氏(国連事務総長)などが関与して、大きな公園を作っています(生誕地聖域計画)。

ルンビニからは、ヒマラヤ山脈の山々が見えます。当然、釈尊も私どもと同様に、積雪を見たことがあったでしょう。ヒマラヤの積雪をご覧になって、何をお考えになったのでしょうか。

朝8時30分頃の福性寺入り口(地蔵門)

1月23日 朝8時30分頃の福性寺入り口(地蔵門)

 


2018年1月16日

平成29年(2017年)11月11日(土曜日)の講演会

第6回堀船郷土史を語る会 (主催:堀船郷土史を語る会) 第5回福性寺健康長寿講演会 (主催:福性寺)午後2時から4時まで  於いて:福性寺 本堂

 

アンケート調査にご参加頂きました皆様

アンケート調査結果をご覧下さい。アンケートに応じて頂きました皆様に心から感謝を申し上げます。なお、田村承重様のご協力により作りました。今回のアンケート調査の結果を踏まえて、講演会を発展させていきたいと思います。重ねて有難うございました。下記の「講演会アンケート2」をクリック・タップして下さい。

今年(平成30年)の講演会も、11月に予定しております。どうか今後もご参加下さい。

堀船郷土史を語る会 会長  堀江 毅

講演会アンケート2


2018年1月13日

スマートフォンサイトを開設しました(平成30年1月12日)。ある年回法要の冒頭で、福性寺のホームページをご紹介しました。法要が終わりましたら、ご出席の高校生からスマートホン用のサイトがなくてメンドウ!とのご意見を頂きました。法要中に全てのページを閲覧したのでしょうか(住職は、ただただ苦笑?)。

スマートフォンサイト 福性寺からのお知らせ(最新ニュース)から閲覧

スマートフォンサイト 福性寺からのお知らせ(最新ニュース/講演会情報)から閲覧できます

スマートフォン閲覧時、右上の「3本線」がメニューボタンになります。タップして頂くと、それぞれのページへリンクするメニューが表示されるよう設定しております。
福性寺のホームページをスマートフォンに登録して下さい。

2018年1月12日

平成30年1月2日に墓地の全域を歩いてみました。すでに、12月中に墓地に、供えられたお花をお下げした墓地もかなりあります。このため、お花のないお墓もあります。しかし、182軒のお檀家のお墓にお花がありました。お正月前後のお墓参りの習慣は、お彼岸やお盆と同様に定着しています。

この中で、113基(69%)の墓石の花立には、お花と松の小枝がありました。また、69基(31%)の墓石の花立は、松の小枝を含みませんでした。お正月前後の墓参の仏花には、松の小枝を含むことも定着しているようです。仏花については、本数(奇数、偶数)・種類・色・香り(の有無)などについて、たくさんの意見があります。釈尊(お釈迦様・ブッダ)のご意見をお聞きしたいですね。

写真は今朝のご本尊様です。すでに、奉納頂きました元旦のお花を入れ替えました。ご本尊様前にはユリ、お位牌の脇にはフリージア(香りがします)と、ご奉納頂きました胡蝶ランが飾られています。香りのある花は、仏前には不適切という意見もあります。

インフルエンザがかなり流行しているようです。暖かい服装で墓参においで下さい。

20181.12IMG_3047


2018年1月2日

元旦読経会にご参加頂きありがとうございました。

今年の元旦は、温かくよいお天気でした。本堂は、22度まで暖房できました。午前10時から、住職と副住職により、ご本尊様へのお供物となるお経・奠供(てんぐ、四智梵語讃)、表白(住職が読みますご本尊様に対する出席者一同の希望の表明、口語です)、出席者全員により玄奘三蔵法師の翻訳による般若心経を2回、光明真言を7回読み(写真左)、住職と、檀信徒総代様のご挨拶(写真右)の後、仏讃歌・西洋音楽「おちかい」を斉唱しました(ビデオ)。また、読経の後に、経典に簡単な解説を加えました。

次のカッコ内のビデオタイトルをクリック下さい(ビデオ 平成30年元旦おちかい )。

般若心経の音読

般若心経の音読

総代様の新年のご挨拶

総代様の新年のご挨拶

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お焼香後、お供物(都電もなか)の配布をもって、11時前に終わりました。ご参加の皆様は49人でした。どうか来年の元旦読経会にもご出席下さい。

次回の読経会は3月20日11時からの春分彼岸会読経会です。

 真言宗豊山派東京2号宗務支所主催檀信徒研修会は平成30年2月28日(水曜日)午後1時30分 受付開始 2時 大護摩供養 2時45分 法話  3時20分 演芸 落語・音曲漫談・マジック。


2017年12月30日

年末年始の墓参にたくさんのお檀家がおいでになっています。すでに、半数以上のお檀家のお墓に、お生花がお供えしてあります。この寒い時期に、真夏のお盆と同様にお墓前りにご来寺頂き、心から感謝致します。また、沖縄など遠方からの墓参においで頂き、重ねて感謝申し上げます。この、時期の墓参は、学校がお休みのためか、お盆よりも、お子様の墓参の多いことが一つの特徴です。

さて、平成30年 元旦読経会の本堂内の準備が終わりました。住職を含む4人の僧侶により、再度本日、真鍮と漆塗り仏具を全て磨き上げました。全く清潔です。また、境内・墓地は植木の手入れが終わりました。皆様のご両親、ご先祖様のお眠りになる場所として、ふさわしい神聖な雰囲気です。

元旦は30日と同様なお天気らしいです。天気は晴れで、あまり寒くないようです。

新年のご家族の吉祥と平安無事を、ご本尊様、亡き祖父母、父母の仏様にお祈りください。午前9時から本堂でお待ち頂けるように暖房を致します。お子様、ご家族ご友人などをお誘い頂いて、たくさんの皆様でご参集ください。般若心経2回と光明真言7回を読む予定です。読経の後は、仏讃歌「おちかい」を歌います。

当日のお焼香台の前のお位牌は、「當山檀越一切精霊位」です。當(=当)山(福性寺)檀越(お檀家様、ご信徒様)一切(すべて)精霊位牌で、「福性寺のお檀家様、ご信徒様のご家庭の全ての仏様をおまつりする」お位牌です。さらに、「大東亜戦争戦病没群霊位牌」もお出しします。

なお、読経会に限らず、「外出・お出かけ」は認知症にならないためや、介護予防(介護を受けるようになることを予防する)に、絶大な効果があると聞きました。施餓鬼会と秋の年に2回の「福性寺健康長寿講演会」において、たくさんのレベルの高い専門家からお聞きしましたね。

準備の整った本堂

元旦読経会に向けて準備の整った本堂


2017年12月30日

福性寺には、門が二つあります。屋根のついていない門は、駐車場の手前、お地蔵様の近くにあります。このため、地蔵門と呼ばれてきました。また、青瓦の屋根を持つ門は、山門と呼んできました。

12月30日、恒例の山門の清掃とお正月の飾りつけが終わりました。毎年、行っています。今回は僧侶4人のほかに、男性2人、女性1人、子供2人で行いました。壁をくまなく雑巾で拭きます。2時間で終わりました。IMG_0678明るい

この山門は、昭和54年(1979年)に落慶しました。先代住職であった周誉師が大僧正に昇任した時の総代様・お檀家の皆様からのお祝いの品です。先代住職は、この山門の受け渡し式の当日に亡くなりました。青瓦とペンキ塗りの鉄筋コンクリート造りです。通行の皆様やタクシーの運転手さんから、新興宗教の施設ですか?と何度か質問を頂いたことがあります。先代住職は農家の出身のためか、一般的な寺院の印象よりも、明るい印象を好んだようです。このため、青瓦、青い門扉となったと聞きました。なお、本堂と客殿も青瓦です。先代住職は、インドの古代語(サンスクリット=梵語)の専門家として知られています。現在でも、サンスクリットやウテン語(シルクロードのオアシス国家の言語)の専門書や般若心経の解説書は、売れ続けています(東京大学赤門前 山喜房仏書林 03-3811-5361)。古い学問をしていたわりに、非常に革新的な考えの人で、建物に関しても、新しい考えを持っていたようです。

ところで、仏教寺院の山門には、門扉は不要であるとの意見もあります。どなたでも差別や区別なく、仏教的に生きることができる、また仏教徒になることができることを表すためです。元旦読経会は、お檀家・ご信徒様以外でも、どなたでも参加頂けます。


カテゴリ
過去の投稿

ぜひ、福性寺のホームページをお気に入りに追加下さい。
最新情報を更新しておりますので、ご覧下さい。