真言宗豊山派白王山中台院福性寺真言宗豊山派白王山中台院福性寺
  • おばあさん、おじいさんとも歩きたい(陳情中)

最近の投稿

カテゴリ

過去の投稿

2018年3月28日

仏教徒海外奨学基金 サンガラタナ師

仏教徒海外奨学基金は平成3年(1991年)に設立されました。真言宗豊山派の8寺院と有志により運営されています。

本日・平成30年3月28日、スリランカから来日しておりましたサンガラタナ師(tel/fax +94-25-2266135, email: bonjiinsrilanka@yahoo.com)に、平成29年度分の奨学金など30万円をお渡ししました。もちろん、ご本尊様にも、サンガラタナ師に読経をお願いしました。

3時から読経・懇談し、5時から同行頂きました日本人2人と、あわせて合計4人で会食をしました。あいかわらず、食事場所は北区豊島1丁目のレストラン「ベルモントII」です。スリランカでは、頂きました食べ物は、僧侶は全てお食べになるとのことでした。肉や魚など、私どもと一緒に食べました。もちろん、アルコールは飲みません(不飲酒戒)。しかし、会話は大いに盛り上がりました。

現在でも、スリランカの子供の中には、貧困のために学校に通うことができない子供がいるそうです。本当に悲しいですね。何とかしたいです。スリランカの子供は、5千円(食費・生活費)で、一カ月を過ごすことができるそうです。また、毎月の収入が2万円の家庭もあるそうです。

一方、漁業を営むスリランカの人々は、仏教徒になることができません。しかし、漁師さんは快楽(欲望の満足)のために、生き物・魚の命を奪うということではありません。このため、私からは、何とか漁業を営むスリランカの人々にも、釈尊(お釈迦様・ブッダ)の教えを学ぶことができるように、つまり、仏教徒になることができるように、(方便upāyaを)心からお願いしました。

もう一つ、スリランカの僧侶は、大きな声で読経することはなく、楽器を使うこともないそうです。また、結婚式の戒師を務めることはないそうです。

サンガラタナ師から領収証を頂きました

サンガラタナ師から奨学金に対する領収証を頂きました


カテゴリ
過去の投稿

ぜひ、福性寺のホームページをお気に入りに追加下さい。
最新情報を更新しておりますので、ご覧下さい。