真言宗豊山派白王山中台院福性寺真言宗豊山派白王山中台院福性寺
  • おばあさん、おじいさんとも歩きたい(陳情中)

最近の投稿

カテゴリ

過去の投稿

2022年5月18日

スリランカミヒンタレー市の奨学生からの絵画 「仏教徒海外奨学基金」

「仏教徒海外奨学基金」の収入は以下の寺院と有志からです。與楽寺(北区田端)東覚寺(田端)寿徳寺(北区滝野川)釈迦院(千葉市若松区若松)金乗院(野田市清水)守樸庵講座(金乗院内)東福寺(豊島区南大塚)西福寺(北区豊島)西福寺写経会(西福寺内)清光寺(豊島) 福性寺(堀船)福性寺読経会(福性寺内)、このほか寺院有志2人、寺院以外の有志2人からです。

スリランカミヒンタレー市のサンガラタナ師から送られてきた10枚の絵画を一括してアップします。ご希望がございましたら、1枚のファイルもアップします。メールでお知らせ下さい。町の土地家屋調査士(国家資格)さんが作ってくれました。感謝致します。

令和4年2022年にスリランカミヒンタレー市のサンガラタナ師から送られてきた奨学生の絵画

令和4年2022年にスリランカミヒンタレー市のサンガラタナ師から送られてきた奨学生の絵画

 

「仏教徒海外奨学基金」にご参加のすべての皆様には、一括したこの絵と、全ての絵(原画サイズ各1枚)の合計11枚の印刷体をお送りする予定です。大きな絵(6枚)は60㎝×50㎝以上あります。

令和4年3月分までの奨学金は、在インドチベット人学僧には、ツルティム・ケサン師を通じて送金済みです(42万円)。師はチベット出身で日本在住の仏教学者です。大谷大学名誉教授。日本名は白館戒雲師です。昭和49年1974年に来日、昭和59年1984年日本に帰化しました。

例年よりも送金が遅れました。インドの会計担当から、ツルテム・ケサン師に「催促しては?」と連絡があったそうです。師の答えは「長年頂いているので申し訳なくて催促でない」だったそうです。日本的な感じがしませんか。チベット的なのでしょうか?送金が遅れて申し訳ありませんでした。

スリランカミヒンタレー市の小学生(42万円)には、6月に来日予定(詳細未定)のサンガラタナ師に直接手渡す予定です。サンガラタナ師の航空運賃(15万円程度)については、仏教徒海外奨学基金理事からOKを頂いておりますので、基金からお支払いします。

なお、基金については、「最新ニュース/講演会情報」の「カテゴリー分類」で「仏教徒海外奨学基金」をご覧下さい。基金は平成3年1991年に設立されました。

令和3年2021年9月12日スリランカのサンガラタ師からメール 「仏教徒海外奨学基金」の授与 http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/9900

平成31年2019年4月22日スリランカの奨学生 http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/3203

 


キーワード検索
カテゴリ
過去の投稿

ぜひ、福性寺のホームページをお気に入りに追加下さい。
最新情報を更新しておりますので、ご覧下さい。