真言宗豊山派白王山中台院福性寺真言宗豊山派白王山中台院福性寺
  • おばあさん、おじいさんとも歩きたい(陳情中)

最近の投稿

カテゴリ

過去の投稿

2017年1月11日

明治36年(1903年)の福性寺 

古い時代の福性寺の絵が見つかりました。写真は明治時代の福性寺です。本堂は江戸時代に建てられました。明治時代は無住職の寺でした。大正6年に、上遠野照良師が住職として住むようになりました。しかし、その後も無住職の時代があり、貧しい寺でした。明治4年(1871年)の上知令関連の書類では、すでに江戸時代のいつごろ、この本堂が作られたのか不明とされています。寺の歴史は、わからないことが多いです。それでも、福性寺住職は、勝手に「歴史や言い伝えを作ってはいけない」と考えています。

本堂はこの時代でも高い盛土の上にあります。堀船の旧梶原堀之内村の本村(現在の堀船3丁目など)は、水害によく襲われました。このため、水害から本堂を守るために、江戸時代から続くお檀家(堀江家、石井家、小泉家、澤部家、大郷家など)のご先祖様たちが、額に汗して土を運び、土を盛り上げる奉仕により、本堂を高い盛土の上に建築したことが理解できます。それでも、明治43年(1910年)の水害では、本堂の床上浸水が記録されています(堀船郷土史平成増補版)。大正13年(1924年)に岩淵水門が完成し、荒川放水路への注水により、洪水は劇的に減少しました。本堂の屋根は茅葺きでした。関東大震災前に屋根を瓦葺きにしました。このためか、関東大震災でこの本堂は倒壊してしまいました。門は木製の簡易なもので冠木門と棟門の中間のような形です。

本堂に通じる中央参道は狭く、墓地がせまっています。墓地は生け垣により道と隔てられ、背の高い木が何本も見えます。また、小さなお墓も多数見えます。庫裡の右前には芭蕉の樹と、その前に釣瓶井戸(つるべいど)があります。現在の福性寺からは全く想像ができません。まさに諸行無常です。

この絵は100年以上前の明治36年に配布されました。このため、明治37年に移設された梶原塚の宝篋印塔は見えません。この絵は版画か印刷物です。何の目的のためにこの絵が作られたのかは不明です。

明治36年の福性寺

明治36年の福性寺(江戸時代から関東大震災まで)


カテゴリ
過去の投稿

ぜひ、福性寺のホームページをお気に入りに追加下さい。
最新情報を更新しておりますので、ご覧下さい。