真言宗豊山派白王山中台院福性寺真言宗豊山派白王山中台院福性寺
  • おばあさん、おじいさんとも歩きたい(陳情中)

最近の投稿

カテゴリ

過去の投稿

2020年1月20日

記事の中にある「観世音菩薩真言」とは何ですか?「梵字悉曇」平川出版社1981

前回(令和2年2020年1月15日)の記事の写真説明の中で、観音様のご真言についてふれました。

この真言の現代の真言宗僧侶の発音は「オン アロリキャ ソワカ」です。

周誉師による「観世音菩薩真言」 美しい梵字を見て下さい 5・6世紀頃の北インドの書体を基本としています(田久保周誉著・金山正好補筆「梵字悉曇」平川出版社、1981)より

周誉師による「観世音菩薩真言」 美しい梵字を見て下さい 5・6世紀頃の北インドの書体を基本としています(田久保周誉著・金山正好補筆「梵字悉曇」平川出版社、1981)より

父(田久保周誉師)の著書「梵字悉曇」の217ページには「唵 蓮華部尊よ 娑嚩訶」とあります(写真)。こんな意訳ではいかがでしょうか。「大々歓喜称賛する 観自在菩薩よ 願いが成就して幸あれ」

この真言は百(箇)日忌に唱えます。また、初七日法要、四十九日忌や一周忌、そのほかの年回忌法要でも読むことがあります。

ところで、前記の「梵字悉曇」を読み返してみました。父はこの本を執筆中に亡くなりました(昭和54年1979年)。このため、父の親友の金山正好先生(「漢訳対照梵和大辞典」・「望月仏教大辞典」編集員、昭和60年1985年亡)が追加・補筆をして下さり、発行となりました。

しかし、正規の出版(初版)の前、父の三回忌法要(の参加の皆様に配布するため)に間に合わせるために作った版(プレ初版?)では、梵文般若心経の写真が不鮮明であり、また上下が逆転しているものもあります。「不完全版」ですね。しかし、なつかしい思い出のこもった「プレ初版本」です。「正規の初版」も「プレ初版」も、発行日は、3回忌法要の日となっています。

著者や補筆者が亡くなっておりますので、この本は増刷はされても、第2版が出ることはありません。「アマゾン」の書評でも、高い評価を得ています。金山正好先生のお陰です。心から感謝しています。


キーワード検索
カテゴリ
過去の投稿

ぜひ、福性寺のホームページをお気に入りに追加下さい。
最新情報を更新しておりますので、ご覧下さい。