真言宗豊山派白王山中台院福性寺真言宗豊山派白王山中台院福性寺
  • おばあさん、おじいさんとも歩きたい(陳情中)

最近の投稿

カテゴリ

過去の投稿

2020年5月20日

プロのお檀家(4)江戸時代からプロ? 

江戸時代からのすごい!「プロのお檀家」がおいでになりました。

グーグルマップの口コミに以下の文章(赤字部分)を見つけました。

『福性寺には、我が家の先祖が眠っています。その中に百数十年前の流行病(コレラ)で相前後して亡くなった曾祖父母がいます。幼い子供達を残して命を終えた思いは、いかばかりだったかと思います。ご本尊の大日如来様は、過去、何度ものパンデミックをご覧になっていますが、今、どのように見ておいででしょうか? 排他的、利己的になりがちな私達衆生に何を語っておいででしょうか? 南無大師遍照金剛』

「プロのお檀家」については何度か書きました。以下が最新の記事です。

最初からプロのお檀家 新しいお檀家(3)

 http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/5882

今朝のご本尊様

ご本尊様 寛永2年1625年入仏式 当時のお檀家20軒のご寄付により安置されました 多くのお檀家が参拝してきました

投稿のお檀家は400年前から=江戸時代からの福性寺のお檀家のご家系でしょう。この口コミの流行病に関する内容を私は知りませんでした。お教え頂き本当に有難いです。

先代住職は大正時代から20年間福性寺を留守にしました。大正9年1920年に福性寺にまいりましたが、その後、巣鴨眞性寺にお世話になりました。

昭和15年1940年に正式に赴任しましたので、私ども家族が住職になりましてから(家業=笑!となりましてから)たかだか70年です。江戸時代からのお檀家の皆様は、400年ですからご立派です。

歴史を含めてあらゆる面で、お檀家は素晴らしいです!


キーワード検索
カテゴリ
過去の投稿

ぜひ、福性寺のホームページをお気に入りに追加下さい。
最新情報を更新しておりますので、ご覧下さい。