真言宗豊山派白王山中台院福性寺真言宗豊山派白王山中台院福性寺
  • おばあさん、おじいさんとも歩きたい(陳情中)

最近の投稿

カテゴリ

過去の投稿

2021年1月6日

質問「お墓参りはいつするべきなのですか?」答「エェー!考えたことなかったです」

タイトルは中年のお檀家からのご質問です。私の代からお檀家になりました。暮れにお聞きしました。「墓参はいつでもOKです!」これでは答えになっていませんか?実は考えたことがありませんでした。「するべき」?「ご心配やご報告したいことがある時です!」でしょうか。

ちなみに、ほぼ毎日の墓参のお檀家は3軒です。朝晩においでになることもあります。月命日(亡くなった日と同じ日にち、毎月1回=1年に12回)においでになる方は、もはやたくさんです。すぐに10軒以上のお名前があがります。祥月命日(亡くなった日と、月日が同じ、毎年1回)は、本当にたくさんですね。

ほとんどのお墓には供花があります

昨日の墓地 ほぼ全てのお墓に供花があります 年末年始の墓参は元旦前後に集中するようになりました

元旦前後(年末年始)、春秋の彼岸会(ひがんえ)、盂蘭盆会(お盆)は、ほぼ全てのお檀家の墓参があります。年に4回です。最近は、「母の日」と「父の日」にも墓参が多いです。もちろん、散歩やお買い物の「ついで参り」もいいですね。

以下は私の考えです。お墓はこちらの世界の皆様のためにあります。お墓参りのためにあります。ご両親、ご先祖様にお願いしたいことがありましたら、即、墓参ですね。家庭の慶事のご報告のためにも墓参です。墓参のときには、お子様お孫様に、ご両親の優れた点をお伝え下さい。もちろん、最初に山門前や本堂前でご本尊様にご挨拶する方は多いです。本来あるべき姿ですけれど。

なお、墓所の清掃道具は水屋にあります。花筒洗い(実はコップ洗い)、布(タワシよりいいです)や花ばさみです。あと、移植ゴテ。お水と手桶はもちろんです。泡石鹸(ハンドソープ)もあります。

生花はご持参ください。お線香は2把(わ=束)で2百円です。墓参用のお線香は寺でお求めください。国産(外国産よりちょっと高価)です。日光の杉並木のある栃木県で杉の葉で作られています。外国産とは香りが違います。ご面倒と思いますが、「墓地の管理のため」に墓参の方には、庫裡(くり・住職住まい)においで頂きたいのです。消毒用アルコールもありますので。

なお、福性寺の山門は、午前8時に開き午後4時に閉じます。この時間帯に墓参ください。

 

 


キーワード検索
カテゴリ
過去の投稿

ぜひ、福性寺のホームページをお気に入りに追加下さい。
最新情報を更新しておりますので、ご覧下さい。