真言宗豊山派白王山中台院福性寺真言宗豊山派白王山中台院福性寺

最近の投稿

カテゴリ

過去の投稿

2018年2月3日

彼岸花・曼珠沙華 冬の濃いみどり

写真は福性寺の本堂から東に延びる東西参道です。濃い緑の草の葉が茂っています。平成29年9月15日の記事にあります彼岸花・曼珠沙華の葉です。春になると葉は枯れます。福性寺では墓地の清潔のために、葉を早めに刈り取っています。それにしても、秋のお彼岸の彼岸花は圧倒的ですが、冬の緑もうつくしいです。しかし、今回の2回の雪にょり、だいぶ荒廃しました。

花と葉が別々の季節に地上に出てきますから、いろいろな、たとえ話になっているようです。人知れず努力を重ねて大きな成功を納めるなど、曼珠沙華をたとえ話に使用したいです。

現在は、今年の秋のお彼岸の時期の開花に向かって、また球根(ユリと同じように鱗茎が正しいです)を増やすために、冬の弱い光にもかかわらず、「光合成」により炭水化物(デンプンなど)を作り、酸素を大気中に放出しています。光エネルギーを使って、水と空気中の二酸化炭素を材料にしています。中学校で、光合成の場である葉緑体の構造を学んだことがありましたね。

ところで、彼岸花はいくつかの有毒成分を含みます。食べると消化器症状が大変です。命にかかわることもあります。もちろん、食べなければ、全く問題はありません。しかし、ご存知でしょうか?彼岸花には、認知症に効果があると言われているガランタミン(武田薬品・商品名レミニール)を含みます。だからといって、絶対に食べてはいけません。この薬は、現在は人工的に作られています。

彼岸花の有毒なことは、よく知られています。しかし、実は多くの植物の球根は有毒です。もちろん、水仙でさえも有毒です。彼岸花だけが有毒であるとすることは、彼岸花がかわいそうです。

冬の彼岸花 緑の葉

冬の彼岸花 緑の葉


カテゴリ
過去の投稿

ぜひ、福性寺のホームページをお気に入りに追加下さい。
最新情報を更新しておりますので、ご覧下さい。