真言宗豊山派白王山中台院福性寺真言宗豊山派白王山中台院福性寺
  • おばあさん、おじいさんとも歩きたい(陳情中)

最近の投稿

カテゴリ

過去の投稿

2020年6月27日

梶原堀之内村 水野藤右衛門と水野信定 寺には郷土の歴史があります

福性寺のある東京都北区堀船は、江戸時代は梶原堀之内村(現在の1~3丁目)でした。徳川家の家臣である水野家などの知行地(所)と寛永寺の寺領から成り立っていました。なお、水野家は鷹匠と聞いています。船方村(堀船4丁目)は寛永寺の寺領でした(「堀船郷土史平成増補版」平成28年)。

水野信定様の墓(聖観音菩薩) 延宝8年1680年建立 左手に蓮華(つぼみ)をお持ちです 水野家のご先祖様と離れて知行地の寺に埋葬されました お戒名は「慧〇院殿浄〇〇〇大禅定門」です お殿様のお戒名です 後ろは納骨堂「白宝殿」です 永代供養のお骨を安置しています

水野信定様の墓(聖観音菩薩) 左手に蓮華(つぼみ)をお持ちです 水野家のご先祖様と離れて知行地にある福性寺に埋葬されました お戒名は「慧〇院殿浄〇〇〇大禅定門」です お殿様のお戒名です 後ろの建物は納骨堂「白宝殿」です 永代供養の仏様(お骨)を安置しています

ところで、水野家の当主であった水野藤右衛門・信成の長男信定の墓は、福性寺にあります。延宝8年(1680年)のお命日が書かれています(写真)。ホームページの「境内のご案内」にも写真があります。また、信定は剣の達人であったと伝説されています。

水野家の菩提寺は、本駒込の吉祥寺です(先代住職からの伝聞)。しかし、信定は菩提寺ではなく知行地の福性寺に埋葬されました。武家諸法度(1615年)により菩提寺に埋まることができなかったのでしょうか?

別の記録ですが、水野藤右衛門・豊信(慶長3年・1598年亡)とその子孫についての記述が「寛政重修諸家譜、略称:寛政譜」にあるそうです。水野家の当主・藤右衛門は「通し名」と思われます。代々が同じ名前ですね。豊信は、信定や信定の父親(信成)の3・4代前のご先祖様でしょう。福性寺の過去帳(霊監簿)によると、信成の父(信定の祖父)は信秀です。

豊信は徳川家康に仕え、家康の関東移封に従い武蔵国豊嶋郡(現在の北区、荒川区、豊島区、板橋区、練馬区の一部)に知行210石を与えられたとのことです。子孫は江戸旗本となっています。1石は大人1人が1年間に食べるお米の量ですね。

豊信(関東に移る1598年)・・・信秀→信成(吉祥寺)→信定(福性寺1680年)が系譜となります。

水野家に従って梶原堀之内村に来た農民の子孫や寛永寺の関係(お檀家からの伝聞)のお檀家は、現在、お檀家の15%近くを占めています。この方々は、水野姓ではありません。しかし、水野家の家紋である「澤瀉(おもだか)紋」(の派生系)を使用しています。最も古いお檀家は18代目です。また、それぞれがお仕事に精勤されて、実に立派なお檀家・ご一族の皆様です。

寺には郷土の歴史があります。

「観音菩薩」「観世音菩薩」についての過去記事は以下です。

平成30年2018年12月3日谷津大観音 http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/2068

令和元年2019年11月5日 梶原塚(墳)供養塔の「如意輪観世音像」小さな歴史 http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/4632

令和2年2020年1月20日  記事の中にある「観世音菩薩真言」とは何ですか?「梵字悉曇」平川出版社1981 http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/5201


キーワード検索
カテゴリ
過去の投稿

ぜひ、福性寺のホームページをお気に入りに追加下さい。
最新情報を更新しておりますので、ご覧下さい。