真言宗豊山派白王山中台院福性寺真言宗豊山派白王山中台院福性寺
  • おばあさん、おじいさんとも歩きたい(陳情中)

最近の投稿

カテゴリ

過去の投稿

2019年11月10日

昨日(11月9日・土曜日)、4月23日の施餓鬼会「健康長寿講演」の演者でもあった東京都健康長寿医療センター研究所副所長である新開省二先生にご講演を頂きました。栄養に関するパンフレットを配布して頂きました。研究の成果が、「行政の支出の削減(要介護認定率の低下!)につながっている」という素晴らしい研究の成果を踏まえた「高齢者の栄養」に関する講演でした。

新開省二先生の講演

新開省二先生の講演 一流の学者の講演はなかなか聞くことができません

肉は毎日食べた方がいいとのお話を最初にお聞きしました。「生活機能」の維持に関する証拠のある講演でした。

健康長寿の秘訣は、1.仕事社会活動を活発に行う 2.健康に対する自己評価が高い 3.筋力が強い・バランス能力が高い・歩行速度が速いなどをあげられていました。また、血液検査の結果では1.アルブミン値が高い 2.コレステロール値が高めであるなどをあげていましたね。

「堀船郷土史を語る会主催講演会」は、北区飛鳥山博物館の学芸員である田中葉子先生の講演でした。

キリンビール王子工場・宝酒造王子工場・小山酒造(丸真正宗)についてのお話しでした。

田中葉子先生のスライドから

田中葉子先生のスライドから なつかしいキリンビールの落成式の写真です

昔からの多数の写真が紹介されました。キリンビールに関しましては、その前の下野紡績時代の写真や、関東大震災時の写真も見ることができました。

なつかしい写真であると同時に、私どもの知らなかった会社の内部やビール・焼酎・日本酒づくりのプロセスを写真で知ることができました。

「健康長寿講演会」は、堀船3丁目町会長であった山岸桂子様(ご信徒様・平成23年亡・私が通夜と葬儀を執行)がお檀家向けの施餓鬼会における健康長寿講演を町の人にも公開してほしいと何度もお聞きしていました。このため、開くようになりました。心が広くボランティア精神あふれる立派な会長様でした。

また、「堀船郷土史を語る会主催講演会」は、堀船に新たなお家が多数できてきました。地域の歴史を知って頂きたいという「語る会」会長様や幹事様のご意見で発足しました。

 


2019年11月8日

明日の「福性寺主催健康長寿講演会」と「堀船郷土史を語る会(堀江毅会長)主催講演会」の準備が終わりました(写真)。http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/4470

本堂の準備が終了しました

本堂の準備が終了しました 60席以上用意致しました

語る会の幹事の田村重光氏が「堀船郷土史を語る会」の横断幕を持参してくれました(写真)。

「福性寺主催健康長寿講演会」は、参加費は「おさい銭(=喜捨・お布施)形式」と書きました。電話で「おさい銭形式とはなんですか?」とお問い合わせがありました。ご質問いただきありがとうございます。講演会入り口に「おさい銭箱」はありません。(笑)このため、無料と同じです。

田村重光氏

田村重光氏による「堀船郷土史を語る会」です 立派な書道家で住職はうらやましいです

「おさい銭」を納めたい方(志納者)は、本堂玄関にまわって、「おさい銭箱」に納めて下さい。50円か100円程度でしょうか。おさい銭(=喜捨・布施)は、「仏教徒海外奨学基金」となり、インド・スリランカ・在インドチベット人の子供や学僧の奨学基金となります。

現在までは、参加費は無料でした。しかし、お檀家(本当なお寺の持ち主です)から「それはおかしい!」とのご意見がありました。それで、一応「おさい銭形式」と書きました。

「堀船郷土史を語る会」主催講演会は、参加費は無料です。紛らわしくて申し訳ありませんでした。「二つの講演宴会=同講演会」を通じて、参加費は無料とお考え頂いて有難いです。

仏教徒海外奨学基金に関しては、本ホームページのカバーページの仏教徒海外奨学基金をご覧下さい。また、下記のパーマネントリンクを見て下さい。

http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/2902

http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/1793


2019年10月26日

以下の(1)~(5)のお手紙とチラシなどをお檀家・ご信徒様に、ヤマト運輸のメール便で配布しました。寺から、今年6回目の手紙となります。また、(1)と(2)については、過去に「合同講演会」にご出席いただきました皆様にお送りしました。さらに、(2)のチラシは、2万5百枚が福性寺から半径2Kmの読売新聞の購読者のお宅に配布されます。

(1)お手紙「合同講演会にご参加下さい」令和元年・2019年11月9日(土曜日)1時 開場  http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/4152

写真10 平成30年(2018年)11月10日-「-堀船郷土史を語る会」会長堀江毅様のあいさつ(第7回堀船郷土史を語る会講演会).jpg

前回 平成30年・2018年11月10日 第7回「堀船郷土史を語る会」講演会 会長堀江毅様のごあいさつ 会長様・幹事様の金銭的なご支援のもとに講演会は開かれています 寺は会場をお貸しするだけです なお、現在「福性寺の歴史 第7版」を印刷中です(500部)この写真は「福性寺の歴史 第7版」の126ページに掲載されます 第7版も無料で配布です 第1版から第6版まで3400冊(お檀家数の10倍以上)を配布しました(別に記事を書きます)

(2)合同講演会チラシ http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/4470

(3)お手紙「白山神社側の里道ぞいの塀の改修 ご寄付を募りません

前回のお手紙の中で、福性寺山門から右側・白山神社側の里道ぞいのブロック塀(40m・九百八十万円)と、左側区道側のブロック塀(57m)が違法状態(支え壁が不足・50年以上前に造りました)となっていることを書きました。お檀家と通行人の安全を考えました。このため、お檀家の皆様に、塀の改修をおはかり致しました。また、「ご寄付を募ることを考慮中(考え中)」と書きました。しかし、総代様とご相談の上、まず白山神社側の40mの工事の結果を見て頂き(全額が宗教法人の負担)、区道側の57mの半額をご寄付(=布施・喜捨)を頂くことになりました。地表から1m(~1.2m)を特別に硬いブロック(高価です)で造り、その上の0.8mは、アルミ製の柵となります。風速42mの風にも耐える柵です。お檀家からは、外から墓参風景を見ることができる点について、特段のご異論はありませんでした。

(4)ご寄付頂きました皆様のお名前(姓のみ)の一覧

今回はご寄付を募りません。しかし、住職の留守などに、先回りで、ご寄付(=喜捨・布施)を頂きました。また、たくさんのお檀家に、ご寄付をお持ち帰りいただきました。さらに、お問い合わせがたくさん参りました。手紙の書き方を反省しています。心からおわびします。大変申し訳ございませんでした。しかし、12軒のお檀家から、51万円が集まってしまいました。次回の工事に使わせて頂きますので、お許し下さい。

(5)過去の「本ホームページの記事の印刷体1枚」

認知症とGPS?失念? http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/1435


2019年10月10日

令和元年2019年11月9日合同講演会のためのチラシ 

令和元年・2019年11月9日(土曜日)午後2時 福性寺主催「健康長寿講演会」・午後3時10分 堀船郷土史を語る会主催「歴史講演会」合同講演会チラシ 本堂右の客殿入り口からお入り下さい 

 


2019年8月27日

例年通り「合同講演会」が開かれます。どなたでも参加頂けます。

新開省二先生

新開 省二先生

〇午後2時 第7回 福性寺主催「福性寺健康長寿講演会」

演者 東京都健康長寿医療センター研究所 副所長・医学博士

新開 省二先生

演題 仮題「健康長寿と栄養~ポイントは、さあにぎやかにいただく!」

 

〇午後3時10分 第8回 堀船郷土史を語る会(堀江毅会長)主催「堀船郷土史講演会」

 演者 飛鳥山博物館 学芸員

田中 葉子先生

演題 仮題「北区・堀船の酒造」

〇参加費 おさい銭形式です。無料でも構いません。

〇日時 11月9日(土曜日)1時開場 2時開始  〇会場 福性寺本堂

福性寺住職の演題に対するコメント

「健康長寿と栄養~ポイントは、さあにぎやかにいただく!」証拠に基づく健康講演です。日本・世界で有数の学者のお話をお聞きください。高齢者の皆様は、栄養不足です。その昔、栄養失調という言葉がありましたね。実は、多くの高齢の皆様は栄養が足りていません。食事に気を配ることがない、簡単な食事で構わない、入れ歯のため食事ができない、軽い認知症で食事がとれないなどあります。最近「フレール」という言葉が使用されています。「老人の虚弱」などと翻訳されています。今回の講演により栄養失調を克服して、運動をして、フレールを予防し長命を達成しましょう。4月23日福性寺施餓鬼会(せがきえ)に引き続き、新開先生に講演をお願いしました。

 「北区・堀船の酒造」北区堀船には、宝酒造やキリンビールの工場がありました。その社員の皆様も多数、堀船にすんでいましたね。会社が引っ越しをしても、当時の社員さんや子孫の皆様が現在も住んでいます。また、常磐線の取手方面や仙台など、堀船にお住まいだった皆様が会社の移動に伴い引っ越していきました。なつかしい堀船の酒造に関するお話を聞くことができそうです。新たに堀船の住民になった皆様も多いです。ぜひとも、堀船の歴史を知るためにご参加下さい。田中先生は北区の歴史に精通しています。毎回、言い伝えではなく、学問レベル(人文科学)のお話をして頂けます。楽しみですね。


2019年4月23日

健康長寿講演

健康長寿講演 正確に10時に始まりました 釈尊の涅槃のお歳(80歳)までは元気で過ごしたいですね

今日、4月23日(火曜日)は福性寺の施餓鬼会でした。かなり気温が上がって、身体を少し動かしますと、汗が出るほどでした。それでも、本堂の中は23度ほどに調整されていました。

今回も、100人ものお檀家にお集まり頂き有難かったです。本堂内はほぼ満席状態でした。心からお檀家の皆様に感謝致します。健康長寿講演 「健康長寿と栄養~ポイントは、さあにぎやかにいただく!」(演者:東京都健康長寿医療センター研究所副所長 新開省二先生)では、最後に質問が多数あり、新開先生には、熱心にお答え頂きました。有難うございました。どうか、皆様にはご長命を達成して頂きたいと思います。このため、第2部の施餓鬼会法要が10分遅れて始まりました。

今年の施餓鬼壇です 4月20日の記事の施餓鬼壇です

今年の施餓鬼壇です 4月20日の記事のクラシック(ただ古いだけです!)な施餓鬼壇です

ご本尊様の供養

ご本尊様の供養 11時10分に始まりました 住職は「十八道法」を行っています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

法要では、真言宗の僧侶(真言行者!と言う人もいます)として、ご本尊様をご供養のあと、施餓鬼壇前でお檀家の仏様を含む一切の精霊をご供養すると同時に、お檀家の健康長寿を心から祈念致しました。

また、墓地を含む寺院の運営・管理の責任者として、今年度中に行いたい事業として、福性寺を囲むブロックの塀の改修をご説明しました。

正式に飾られた施餓鬼壇をご覧下さい。過去の記事:(パーマリンク: http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/3182)のシンプルな施餓鬼壇です。


2018年11月11日

昨日の講演会は勉強になりました。特に健康長寿講演会で印象に残りましたのは、粟田主一先生が「85歳以上では、軽度認知障害はほぼすべて人にある。半数の人は認知症である」との講演でした。しかし、多くの人が独居をしているとのことで、条件を整えることで独居が可能であるとのことでした。また、歴史講演会では、堀船の町の成り立ちをお聞きしました。特に子供の時に聞きました旧、字(あざ)名(郷戸、寺前、堂の前など)を久しぶりにお聞きすることができて、楽しかったです。

そのおりの写真をお届けします。

健康講演会 認知症とは何かをご説明頂きました

粟田主一先生の健康長寿講演会 認知症とは何かをご説明頂きました 住職は癌の専門家です このため大変勉強になりました

健康長寿講演会後のシンセサイザー演奏 抒情歌など

健康長寿講演会と歴史講演会の合間のシンセサイザー演奏(福性寺お檀家様) 抒情歌など 福性寺所有のシンセで演奏頂きました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

堀船郷土史を語る会 会長堀江毅様の開会のご挨拶

堀船郷土史を語る会 会長堀江毅様の開会のご挨拶 今回参加の皆様に来年もお元気で参加を頂きたいとのご挨拶でした

江戸時代の梶原堀之内

保垣孝幸先生から「江戸時代の梶原堀之内」についてご講演頂きました 鎌倉街道や町の中の旧水路についてお聞きしました

 


2018年11月9日

合同講演会にご参加下さい。詳しくは10月16日の記事をご覧下さい。

午後2時から第6回福性寺主催 健康長寿講演会 演者:東京都健康長寿医療センター研究所部長 粟田主一先生 演題「認知症とともに暮らせる社会に向けて」

2時50分から3時10分 休息 シンセサイザー演奏:問矢真美様 抒情歌「朧月夜」など

3時10分 第7回堀船郷土史を語る会主催 歴史講演会 演者:北区立中央図書館地域資料専門員 保垣孝幸先生 演題「江戸時代の梶原堀之内村」

4時から4時10分 追加発言:福性寺住職 「白山神社の奉納日本刀について」

今朝の本堂の内陣(ご本尊様の周囲)です たくさんのお花が奉納されています

今朝の本堂の内陣(ご本尊様の周囲) たくさんのお花が奉納されています


2018年10月16日

恒例でございます毎年秋の合同講演会を開きます。福性寺主催健康長寿講演会堀船郷土史を語る会(堀江毅会長)主催歴史講演会です。例年通り、参加費無料・どなたでも参加頂けます。皆様のご参加をお待ちしております。

平成30年11月10日(土曜日)午後1時開場 2時から第6回福性寺主催健康長寿講演会 演者:東京都健康長寿医療センター研究所部長 粟田主一先生 演題「認知症とともに暮らせる社会に向けて」(認知症は社会全体・町全体で取り組むべき疾患であると言われて久しいです)

2時50分から3時10分 休息 シンセサイザー演奏:問矢真美様 抒情歌「朧月夜」など

3時10分 第7回堀船郷土史を語る会主催歴史講演会 演者:北区立中央図書館地域資料専門員 保垣孝幸先生 演題「江戸時代の梶原堀之内村」(註 梶原堀之内村は現在の堀船1-3丁目です)

4時から4時10分 追加発言:福性寺住職 「白山神社の奉納日本刀について」

「堀船郷土史」と「講演会の新聞チラシ」

「堀船郷土史平成増補版」(500円)と今回の講演会の新聞チラシ

 


2018年4月23日

本日は施餓鬼会でした。午前10時から健康長寿講演会が行われました。東京都健康長寿医療センター研究所部長・粟田主一先生が演者でした。演題は「認知症とともに暮らせる社会に向けて」でした。認知症になっても、条件が整えば(時には独居で)暮らしていくことができるとのお話でした。先生の淡々としたお話は、お檀家の皆様からは、非常に理解が容易とのことで、大好評でした。11時から説解師(法要を説明する僧侶)付き法要です。

実は、施餓鬼会では、住職はなかなか健康長寿講演を聴くことができません。仕事が多いのです。しかし、秋の講演会では、ゆっくり聴講できて勉強できます。11月の第一か第二土曜日が次回の健康長寿講演会です。次回も認知症を取り上げようと考えています。ご参加下さい。

なお、写真右上の肖像画は先代住職です。その下には、横書きで、「即身成仏」と「密厳国土」が書かれています。「即身成仏」と「密厳国土(=浄土・仏国)」は、お大師様の二大ドクトリンですね。

午前10時から 健康長寿講演(50分)

午前10時から 健康長寿講演(50分)


カテゴリ
過去の投稿

ぜひ、福性寺のホームページをお気に入りに追加下さい。
最新情報を更新しておりますので、ご覧下さい。