真言宗豊山派白王山中台院福性寺真言宗豊山派白王山中台院福性寺
  • おばあさん、おじいさんとも歩きたい(陳情中)
  • 仏教徒海外奨学基金

最近の投稿

カテゴリ

過去の投稿

2024年7月3日

築60年の家 遠藤建装様

福性寺の庫裡(くり、住職住まい)は築60年です。昭和39年1964年ごろに完成しています。

父がつくった家です。何度も修理と増築を重ねています。

庫裡には、お檀家がお線香をもとめにくるヒサシ付の玄関のような場所(写真)があります。

白く塗装してあります。住職はケチですから、塗料がパリパリとなって剥がれたままでした。また風の強い日には、パリパリの破片が宙を舞っていました。

さすがに会計係(家内です)から塗り直しの提案がありました。

建築会社を通じて「遠藤建装」の遠藤圭二社長(Tel 080-1152-6146, https://endokenso.com/)のチームが来てくれました。この暑いのに2日間時間をたっぷりかけて働いています。

頼もしい社長と動きのよい男性と女性です。

働きぶりをみると、つくづく「男女共同参画社会」であると思いました。「男女があらゆる場で社会の対等な構成員」男女の働きに差はないです。ちょっとびっくりしました。女性でも高いところも問題がありません。

庫裡の前は大きなヒサシと庭となっています 立派なチームの皆様により塗り直しました 庫裡の前は庭となっています 「庭というよりも木が植えてあるスペースがある」程度です

立派なチームの皆様が塗り直しました 庫裡の前は庭となっています 植木職人さんがつくった「立派な庭」ではありません 庭というよりも木が雑然と植えてあり日陰をつくる素朴なスペース程度です もちろん高価な石や木はありません 背の高い木の枝により日陰がつくられます

できあがりも、古い塗装の部分のデコボコが目立たないようにシリコン樹脂塗料で美しく仕上げてくれました。

お檀家の皆様に安心してご来寺頂けそうです。

令和3年2021年3月10日私の代の最後の客殿の塗装http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/8371

令和3ね2021年2月5日客殿塗装工事 本堂・客殿屋根修理 http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/8024

平成30年2018年5月14日本堂の塔の塗装 接着剤とコーキング剤?http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/1298


キーワード検索
カテゴリ
過去の投稿

ぜひ、福性寺のホームページをお気に入りに追加下さい。
最新情報を更新しておりますので、ご覧下さい。