真言宗豊山派白王山中台院福性寺真言宗豊山派白王山中台院福性寺
  • おばあさん、おじいさんとも歩きたい(陳情中)

最近の投稿

カテゴリ

過去の投稿

2019年8月23日

防寒のための帽子 お寺の世界の帽子とは

8月9日の記事の中で、葬儀会場で見た帽子(ハット)をアップしました。お寺の中の帽子について書くと、その記事に書きました。以下がその記事のリンクです。

http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/4064

今年の暑さはひどかったですね。私も洋服で境内や寺の周りに外出の時は、ツバの広い麦わら帽子(農業用?)、観光地などではツバの少し狭い麦わら帽子(かっこいいですよ?!)、また、僧衣の時には、日傘を使用して、暑さと陽ざし(紫外線)を避けました。以前、私の医学研究に関係する「日光老化」について書きました(下記リンクです)。

平成30年2018年8月4日日傘男子・日傘僧侶 光老化

http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/1616

私の帽子や日傘は、副住職夫妻からの頂き物です。私は頭が大きいので、大きなサイズの帽子を探すことが大変なようです。頭のサイズと脳の大きさについては、いずれ書きたいですね。

最前列の二人の僧侶が帽子を着用しています 昭和3-6年1928-31年頃の総本山長谷寺の仁王門です 3列目右から4番目が先代の住職周誉師です 幟には「歓迎心證會祖山参拝...」と書かれていますね 令和になり本山の大修理が始まります

最前列の二人の僧侶が帽子と法衣を着用 昭和3-6年1928-31年頃の総本山長谷寺の仁王門前です 3列目右から4番目が先代の住職周誉師です 幟には「歓迎心證會祖山参拝...」令和になり本山の大修理が始まります

今回の話題は、帽子といっても、かぶる帽子ではありません。お寺では、首に掛ける白い塩瀬羽二重や羽二重の絹地の布のことです。輪になっています。マフラーで、防寒具ですね。白色以外もあると聞いています。しかし、見たことはありません。もちろん、頭に掛けることもありました(昔の「僧兵」がかぶっていましたね)。

本来は、縹色(はなだいろ)であったと宗派の著書に書かれています。藍(あい)と浅葱(あさぎ)色の中間らしいです。古代の色の表現は難しいです。浅葱色は、若い僧侶が着ている色衣(しきえ)の薄青緑色です。

帽子は絹地の高価なもので、2枚で裙(くん、腰ごろも)を作ることができます。着用する時には、首の後ろ項(うなじ)と襟の間に折り込み形を作る独特の作法があります。古くなって白色が汚れると、茶色に染めて裙を作ります。本堂でも外の法要などでも着けるときがあります。

とっておきのお話があります。その昔、お大師様(弘法大師)が寒さのなか修法をしていると、嵯峨天皇が御衣(ぎょい)の片袖(そで)を切り取って、お大師様の首に掛けたことが、帽子のはじまりです。真言宗の僧侶にとっては、たまらない(とてもすばらしい)お話です!どなたにも、お話をしたい話題です。なお、帽子の由来には諸説ありますけれど。

帽子は11月から3月まで着用します。エェーーッ!恩賜の帽子!!学識の足りない(学識の無いかな!ですか?)私が「お大師様のまねをして、帽子を着けてよいのですか?」とのご意見が聞こえそうですね。直接、下賜されました帽子ではありません。帽子の着用をなんとかお許し下さい。

 


カテゴリ
過去の投稿

ぜひ、福性寺のホームページをお気に入りに追加下さい。
最新情報を更新しておりますので、ご覧下さい。