真言宗豊山派白王山中台院福性寺真言宗豊山派白王山中台院福性寺
  • おばあさん、おじいさんとも歩きたい(陳情中)

最近の投稿

カテゴリ

過去の投稿

2019年11月17日

乳癌・にゅうがん続編 女性にも男性にもお読み頂きたいお話

11月13日に乳癌について書きました。

http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/4715

乳癌についてもう少し書きます。

乳癌は欧米の白人女性では、8人に1人が一生のうちに罹患(りかん=病気にかかる)します。

日本人でも、とても増えてきています。14人に1人が罹患します。最近の特徴・傾向は、高齢になりましても、罹患率が下がってこないことです。

私たちの研究でも、乳癌以外の死因で亡くなった高齢女性(剖検例)には、6%に乳癌がありました。つまり、一般の高齢女性には、ごく小さな癌0.1㎜以下を含めて、癌がすでに100人に6人にはできていると言うことです。このまま育たないかもしれませんが。

でも、乳房(にゅうぼう)は二つあります。左右で硬さを比較することができることから、発見は容易です(左右の両方に乳癌があることはまれです)。入浴時など左右の硬さを比較して下さい。また、左右で形が違ってしまうこともあります。エクボのようにへこんで見えることもあります。乳頭(乳首)の位置や高さが違ってしまうこともあります。

公益財団法人がん研究会のシンボルマーク がん研究会の発足は明治41年1908年です 最近のがん研有明病院には新しいシンボルマークもあるようです 刀の鍔(つば)です カニはシオマネキらしいです(がん研究会のHPから)私の目には「癌を切り取る外科医=正義の味方」に見えます

「公益財団法人がん研究会」のシンボルマーク  刀の鍔(つば)シオマネキらしいです「がん研究会」の発足は明治41年1908年です(最近の「がん研有明病院」には新しいシンボルマークもあるようです)シオマネキは私の目には「癌を切り取る(外科医?)正義の味方」に見えますけれど がん研病院には研究会やお見舞いで何度もお世話になっています

早く見つければ、手術しても乳房の形はそのままです(温存手術)。また、大きさが2㎝以内でリンパ節転移がなければ(早期の癌)、ほとんど治すことができる癌です。大きさが2㎝でも、乳癌は硬いので、わかりやすいです。また、さらに進行した癌でも、予後(治療の後の結果・状態)は比較的良い癌です。

前回の記事の奥様には、ご病気の相談をしてほしかったです。よくお話をしている奥様でしたけれど、私の「お話のし方・話しぶり」が悪かったのかなと!とても反省しています。いかに進行していても、乳癌は治る可能性の大きい癌です。5年以上、10年以上生きることのできる癌です。

皆様もカニ料理やワタリガニパスタを食べた日のお風呂では、乳癌の自己検診をお願いします。また、マンモグラフィーの定期検診もお願いします。

このブログをお読み頂いた皆様は、乳癌で亡くなることがないですね。

男性の乳癌もあります。胸にしこりを感じましたら医師を訪問して下さい。

ちょっと昔になりますが、施餓鬼会における「福性寺健康長寿講演会」で乳癌ついてお話を頂いたことがありました。お寺の本堂!ご本尊様の前で、乳房がスクリーンいっぱいに大写しになって、ちょっと不思議(?)でした。

重ねて乳癌で亡くなることのないようにしたいですね。


カテゴリ
過去の投稿

ぜひ、福性寺のホームページをお気に入りに追加下さい。
最新情報を更新しておりますので、ご覧下さい。