真言宗豊山派白王山中台院福性寺真言宗豊山派白王山中台院福性寺
  • おばあさん、おじいさんとも歩きたい(陳情中)

最近の投稿

カテゴリ

過去の投稿

2020年1月15日

「仏様が出てきました!」

今回の里道沿いの40mの塀の建て替え中に、「住職さん!仏様が出てきました!」と工事の職人様から声をかけられました。

「エェー!土葬のお骨ですか?」この時は本当にびっくりしました。顔!真っ青。にはなりませんけど。

お檀家のお家の建て替え(ビルにするために地面を深く掘りました)の時に、たくさんの座棺に入った土葬の仏様が出てきたことがありました。この時、「土葬の仏様が・・・」とお檀家のお顔は真っ青でしたね。

しかし、お骨ではなくて、石塔2基でした(写真)。明治維新まで墓地であったことがない場所で、昭和までは水路でした。

観音様とお地蔵様のようです。舟形の石塔の仏様の周囲に以下の字が書かれていました。読んでみました。

1.道誉信士灵(霊)位 享保十三年(1723年)〇月十四日

2.静華信士灵(霊)位 宝暦二年(1752年)〇月廿四日

(2霊のお戒名は似た意味の字に変えました=石塔にある字ではありません)

ここで住職が、即!思うのは「過去帳にもお戒名があるのかしら?!」ですね。そこで、江戸時代の過去帳を見てみました。

ありましたね!お戒名はもちろんですが、お命日も正確でした。ちょっとびっくりしました。

発掘された仏様 発掘された石塔 お経を読みましてから写真を撮りました お地蔵さま(オンカカカビ・・・)と観音さま(オンアアロリキャ・・・)のご真言を唱えました

発掘された石塔 お経を読んでから写真を撮りました お地蔵さま(オンカカカビ・・・)と観音さま(オンアロリキャ・・・)のご真言を唱えました 面長と丸顔ですね

過去帳には、1の仏様には俗名の記載がなく施主名がありました。8代将軍吉宗の時代です。享保の改革なんてありましたね。目安箱の設置とか。大学の受験科目の社会科では、日本史を選択したことを思い出しました。

2の仏様については、當村(梶原堀之内村)出身と俗名までありました。9代将軍家重の時代です。NHKの大河ドラマ「八代将軍吉宗」では、お話をすることが不自由で、中村梅雀さんが演じていました。

梶原堀之内村では、江戸時代から明治~大正時代まで、つまり、荒川放水路(現在の荒川)が完成するまでは、何度も大きな水害がありました(下記の過去記事)。このため、これらの石塔は流されてしまったのでしょう。

今回の二つの石塔には、それぞれお戒名が一つづつです。一霊一石塔です。現代の「カロート(お墓の納骨スペース)に納骨し墓碑にお戒名を書き込むだけ」よりも、ご遺族の心がこもっているような気がします。

石塔の仏様のお顔は、故人に似ているように作るのでしょうか?「ウチの石仏様は死んだお祖母さんに似ているね!」「丸顔がお祖父さんそっくりだね!」とかの会話があったかもしれませんね。なにしろ、石仏様のお顔はそれぞれ特徴があり、本当に違っています。皆様も石仏様に手を合わせる前に、お顔をよく視て下さい。

なお、過去帳の閲覧は住職を除いて、どなたもお断りしています。どのお寺も同様です。福性寺の過去帳には「差別戒名」はありません

令和元年・2019年10月17日「洪水 岩淵水門 王子ポンプ所とみやぎ水再生センター」

http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/4538

 

 

 

 


キーワード検索
カテゴリ
過去の投稿

ぜひ、福性寺のホームページをお気に入りに追加下さい。
最新情報を更新しておりますので、ご覧下さい。