真言宗豊山派白王山中台院福性寺真言宗豊山派白王山中台院福性寺
  • おばあさん、おじいさんとも歩きたい(陳情中)

最近の投稿

カテゴリ

過去の投稿

2020年3月26日

PCR検査の思いで(2) 

前回、PCR検査の思いで・・・について書きましたが、「思いで」まで書くことができませんでした。ごめんなさい。今回の感染症のお陰で、どなたも知るPCR検査になりました。しかし、PCR検査に要する時間も知らない「専門家」をテレビで視ました。問題がありますね。

実は、私も老化学研究のための「PCR」実験をしていました(テロメラーゼの検出)。その当時の常識では、陰性である対象(ヒト正常食道上皮)が陽性の結果で、原著論文をなかなか書くことができずに困りました。その間に、某有名大学のグループが陰性であると素早く論文報告しました。その後、論文としました(1997年)。しかし、現在は私たちの結果が正しいことがわかっています(組織幹細胞を含むので)。頭の中で考えて原著を書いてはいけません。私も常識にとらわれて、論文を書くことができなかったわけです。二重✖バツ(失敗)でした。

ちなみにお話ししますと、それ以来、そのグループからのデータを重視しなくなりました。研究者としては、当たり前ですが、他のグループからのデータをそのまま正しいとしません。印刷されたりPDFになった論文を信じないのです。

堀船周回路

今日の堀船周回路 福性寺から徒歩で1分ほどの距離です 染井吉野は2分咲き程度でした 散歩に最適です

「PCR検査」はなかなか難しい検査で、陽性であるにもかかわらず陰性と出ることがあります(誤陰性)。もちろん反対(誤陽性)もあります。誤陰性を「PCRがかからなかったんだね!」などと研究室では話していました。

また、のどや鼻の奥から検体(検査材料)を採りますが、ウイルスを含んだ検体を採ることができないことがあります。

臨床医は症状から感染を強く疑っている時、PCR検査の結果が陰性でも、何度でも再検査をします。やはり、臨床医も科学者ですから、検査結果を丸のみにしないです。何ごとにも正見・正思惟ですね


キーワード検索
カテゴリ
過去の投稿

ぜひ、福性寺のホームページをお気に入りに追加下さい。
最新情報を更新しておりますので、ご覧下さい。