真言宗豊山派白王山中台院福性寺真言宗豊山派白王山中台院福性寺
  • おばあさん、おじいさんとも歩きたい(陳情中)

最近の投稿

カテゴリ

過去の投稿

2021年8月15日

梵字はそのまま お塔婆のサイズを短く

昨日(14日)のお檀家の追善供養法要からお塔婆のサイズが小さくなりました。

本日10時からの法要

10時からの法要 5尺塔婆です 右上に「雲中菩薩様」像「先代住職」写真 その下に横書きで「即身成仏 密厳国土」

現在までのお塔婆は180㎝ほどの6尺塔婆です。未だにお塔婆のサイズは「尺」で表します。これを1尺(約30 cm)短い5尺塔婆に致しました。幅は同じです。価格や資源の節約を考えたのではなく、お檀家・ご信徒様にご高齢の方が増えて、大きなお塔婆は持ち運びが大変となっていたからです。このため、本堂や玄関での取り扱いや、墓所まで持ち運びが容易で軽いものにしました。大きなお塔婆は、墓所のお塔婆立てに安置するのも大変です。

6尺塔婆を見慣れた住職にとっては、ちょっと迫力に欠けますが、年回忌のご先祖様の供養塔・お墓であることは同じです。

木材の板としての価格は20円だけ安いです(関根国八商店 東京都西多摩郡日の出町)。

梵字は、サンスクリット(梵語)学・悉曇(しったん)学者であった父によるものです。このため田久保周誉著「梵字入門 第4版」(真言宗豊山派刊 昭和52年)の文字に似ています。美しいです。梵字は6尺のお塔婆と同じです。

すでに今年の施餓鬼会(せがきえ)の前に、お檀家・ご信徒様には手紙でお知らせしました。

また本ホームページでもお知らせ済みです。

令和3年2021年4月13日 施餓鬼会前のお手紙 ご報告事項とお塔婆のサイズを短く http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/8669

なお、新盆供養法要では、7尺塔婆を使用しております。5年前までの新盆供養法要では2m40㎝をこえる8尺塔婆でした(記事はありません)。これは重くて大変でした。

令和2年2020年7月5日「新盆供養法要」速報 動画をご覧下さい: http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/6316

平成29年2017年7月4日7月2日(日曜日)2時から 新盆供養http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/554

悉曇学に関する説明の記事です。

令和2年2020年2月26日「悉曇・しったん」とは何ですか?「梵字の古書体学」 http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/5459

令和2年2020年1月20日 記事の中にある「観世音菩薩真言」とは何ですか?「梵字悉曇」平川出版社1981 http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/5201


キーワード検索
カテゴリ
過去の投稿

ぜひ、福性寺のホームページをお気に入りに追加下さい。
最新情報を更新しておりますので、ご覧下さい。