真言宗豊山派白王山中台院福性寺真言宗豊山派白王山中台院福性寺
  • おばあさん、おじいさんとも歩きたい(陳情中)

最近の投稿

カテゴリ

過去の投稿

2018年8月28日

旦那様が亡くなられた後、50年以上や60年以上も「独身」であった仏様の年回忌法要(一周忌や三回忌など)を、この2週間に2回続けて執行しました。もちろん、独身をご自分で選択したわけではありません。旦那様が早く亡くなり、お子様をお育てになり80歳以上や90歳以上で亡くなりました。旦那様が亡くなった直後に福性寺のお檀家になりました。当時の福性寺をご覧下さい(写真)。かなり、ボロボロで貧しそうす。

お子様方を立派にご養育しました。生前を思い出しますと、大変温厚な方ばかりです。また、墓参には、とても頻繁においでになりました。その上、施餓鬼会や読経会にも欠かさずご出席を頂きました。住職は本当に有難かったですね。生前にもう少し、お話をお聞きしたかったです。お子様方からお話をお聞きしますと、ご家庭の中では、お静かで温厚であったとのことです。上手に表現できませんが、風格がありました。一方、通夜や葬儀・告別式では、福性寺住職作の諷誦文(ふじゅもん・ふうじゅもん、仏教的な追悼文)を読みます。その諷誦文の中では、故人の長い間の独身についても記述し、故人の人生を称賛しました。

ご自宅の近くの寺のお檀家になり、墓参や行事に参加し、住職の話をお聞き頂き、少しだけでも人生や生きがい、心の平安にプラスになったことがありましたら、有難いのですが。最近、流行のスピリチュアルケアとは何か?を考えることがあります。

1924年(大正13年)頃 落慶旧本堂 1959年(昭和34年)頃撮影 旧本堂とブロック塀を新設 山門の左に六地蔵様 二本の杉の木と今もある銀杏の木が見えます

昭和34年(1959年)撮影の旧本堂 ブロック塀の新設時です 山門の左に六地蔵様 右に3本の杉の木と今もある銀杏の木が見えます この本堂は関東大震災後大正13年(1924 年)頃に落慶しました(「福性寺の歴史第6版」より)

 

 


2018年8月23日

今年の蓮の華は終わりました。昨日、ホームページの閲覧者カウンターが1万を超えました。13カ月近くかかりました。閲覧頂きました皆様にお礼を申し上げます。

今年最後の蓮の華です もう花芽(つぼみ)はありません

今年最後の蓮の華です もうどの蓮の鉢にも花芽(つぼみ)はありません

話題を変えます。お檀家の奥様(90歳代)が入院したとお聞きして、お見舞いに出かけてきました。私が紹介した病院です。奥様が看護師であったことはよく知っていました。しかし、お聴きすると、昭和14年(1939年)に看護師養成の学校に通い、その後、地方の陸軍の病院に勤めていたそうです。戦時救護の目的で作られた学校でしょうか。戦後は近くの病院と会社の嘱託看護師をしていたそうです。新しい看護や医療に追いつくために、夜間の学校にも通ったとのことでした。何度も病院から給与外の金一封を頂いたそうです。70歳!まで働きました。また、普段は節約して、必要に応じて十分にお金を遣うことを心がけて、生きてきたとのことです。ご高齢のお檀家のお見舞いに出かけますと、心を動かされることや、学ぶことが多いですね。奥様は釈尊(お釈迦様・ブッダ)よりも、10歳以上長命です。素晴らしいですね。


2018年8月19日

平成20年(2008年)6月第62回日本食道学会ポスター 製薬会社からの協賛金と参加者からの参加費で学会を運営しました

平成20年(2008年)6月 第62回日本食道学会ポスター 製薬会社からの協賛金と学術集会の参加者からの参加費で学会を運営しました  

アルコールと食道癌・口腔癌と心・脳血管障害について書きます。住職は食道癌が専門です(ポスターをご覧下さい)。というわけで、少し説明させて下さい。軽度!の飲酒(ビール中瓶1本)は、心血管疾患の頻度を下げます。それ以上の飲酒は、心・脳血管疾患の頻度を上げ、食道癌と口腔癌の頻度を非常に!上げます。

アルコールは飲酒後分解されて、アルデヒドとなります。ヒトにより、アルコールとアルデヒドを分解する酵素の量が遺伝的に異なります。

〇全くお酒を飲むことができないヒト(日本人の10%以下)。お酒を少しでも飲むと心臓のドキドキがひどくなり、赤くなってしまいます。飲酒で赤くなるヒトをフラッシャーと言います。これらを分解する酵素がないヒトです。多分、お酒とは無関係な人生をおくることができます。

〇赤くなりますが、少しお酒を飲むことができるヒト(日本人の40%)。このタイプのヒトは、お酒をほとんど飲まない場合よりも、論文よっては、お酒を飲むと100倍!近く、食道癌になるとの報告もあります。このタイプの方は、お酒を飲む練習(?)をして、お酒を飲んでも赤くならなくなります。お酒に強くなったと言いますね!

〇顔色が変わらず、お酒に強いヒト(50%)。このグループでも、お酒の量により、食道癌の頻度は上がってきます。

また、食道癌はなかなか治らない病気で、現在でも5年生存率は約40%以下です。以前「アルコール症のヒトは実年齢よりも老けて見えるんですよ」とアルコール症の専門医から何度も聞きました。食道癌の患者の非癌部食道やアルコール症患者の食道は、テロメア(8月4日の記事を参照ください)が短いです。つまり、歳をとっていました。癌が発生しやすい環境でした。アルコール症の人は、歳をとって見えるということを科学的に証明することができたかなと思っています。この点に関しては、英国の医学雑誌に2報の論文を書いたことがあります。できれば!!お酒を飲まない人生をおくりたいですね。


2018年8月17日

7月25日に受信しましたスリランカのサンガラタナ師からのメールを翻訳して以下に掲載します。

サンガラタナ師には、平成3年(1991年)から「仏教徒海外奨学基金」(真言宗豊山派8寺院と有志による)の配布を依頼しています。すでに、サンガラタナ師から2017年度の奨学金の領収書が到着していました。在インドチベット人奨学生(学僧が多い)からは、奨学生本人からの領収証が来ます。しかし、サンガラタナ師の奨学生は年少者(小学生・中学生)が多いため、領収証の代わりに絵が届く約束となっています。絵が到着しましたら、ホームページにアップします。

「仏教徒海外奨学基金」にご参加希望の皆様は、ご連絡下さい。寺院は、毎年6万円以上、個人は5千円以上が会費です。会費の全額が奨学金となります。

サンガラタナ師とイタリア料理 サンガラタナ師はもちろん飲酒しません 学ぶべきところの多い方です

サンガラタナ師とイタリア料理 サンガラタナ師はもちろん飲酒しません なんでもお食べになります 学ぶべきところの多い方です

仏教徒海外奨学基金理事長・福性寺住職田久保海誉教授

拝啓 私が貴寺を訪問の節は、大変歓迎頂き、喜びの至りです。深く感謝申し上げます。

スリランカのような発展途上国の仏教徒の子どもたちの教育を向上させるために、奨学基金のメンバーによって行われている社会奉仕・貢献を、私は大いに感謝しています。仏教の教えによれば、これは非常に高貴で立派な行為です。7月27日のエスラ満月祭(祭日)に、私たちは、学業の成績に基づいて選ばれた30人の子供に、奨学金を配布する予定です。奨学金の配布の後、そのおりの写真と、奨学金の配布を受けた子どもによるジャータカ物語を描いた絵画を送ります。私は、皆様のスリランカ訪問を真剣に熱心に、お願いします。あなたがたが行っている社会奉仕について、再度お礼を申し上げます。

三宝、仏法僧(僧=僧伽・サンガ・僧団)の祝福を祈念します。皆様と一緒に。敬具

サンガラタナ師


2018年8月15日

毎年、終戦の日には「堀船地区遺族会」から永代供養頂いておりますお位牌を前に読経します。お位牌には「大東亜戦争戦病没殉難群霊」と書かれています。読経後、瞑目して故人・戦病没者のお声を聴くようにしています(2017年12月9日の記事をご参照下さい)。なお、堀船地区の戦病没者は107名です。

写真の左は、永代供養でお預かりしております福田家と佐藤家のお位牌です。

本日朝のお位牌です 

本日朝のお位牌です お檀家全体の仏様のお位牌は戦没者のお位牌の後ろにあります


2018年8月13日

お酒に対する評価が高くないと前々回書きました。その理由は、お酒による多くの不幸を目の当たりにしているからです。お檀家でも、数年にお一人、若くして、アルコール(依存)症で亡くなる方がおいでになります。アルコール症が原因の離婚などは、よくあります。つまり、ご家族を不幸にしています。アルコール症患者の失業も普通です。また、アルコールは肝炎や肝硬変の原因であると同時に、食道癌、口腔癌の最大の原因です。つまり、過度の飲酒により、家族・お金・健康を失ってしまいます。なーんだ、そんなことか!でしょうか?

飲酒後、記憶がなくなり、何度も電車を乗り越してしまうのは、アルコール症の最初の段階と言えます。アルコール症は、本人の自覚が足りないから!本人がだらしないから!と、本人をことさら強く非難する人がいます。人格攻撃ですね。しかし、これは意味がありません(治療に役立ちません)。実は、一つの病気ととらえるべきで、専門家によるアドバイスの下、人間関係・治療などに工夫が必要です。ご家族の中だけで悩まずに、専門家を受診して下さい。ご家族だけででも、専門家を受診して下さい。去年、半年間アルコール症のクリニックに通い(コンサルタントとして)、非常に勉強になったことを思い出します。

お通夜の食事 これからアルコールがでてくるのでしょうか?

お通夜の食事 これからアルコールがでてくるのでしょうか?

次回はアルコールと食道癌・口腔癌と心・脳血管障害について書きます。アルコールは、IARC・国際癌研究機構(WHOの外部組織・Lyon・リオン)により、ヒトに対する確かな発癌性が認められています。以前、アルコールと食道癌について、リオンに招かれたことがあります。法務(寺の仕事)のために、行くことができませんでした。このため、東京でIARCからの派遣医師と日本消化器内視鏡学会の幹部の前で講演したことを思い出しました。リオンで、さらに勉強をしたかったですね。この派遣医師と王子駅近くのイタリアレストラン(ベルモントII)で、夕ご飯を食べました。フランス人の彼は赤ワインを飲みました。


2018年8月12日

明日(8月13日)午後、臨時に墓地の木々の消毒をします。今年4回目です。蚊(ヒトに対する)とコガネムシ(ツツジの木に対する)による被害がひどいためです。どちらも異常発生です。消毒は短時間で終わります。ヒトには問題となることがないか少ない消毒剤(スミチオン)です。しかし、墓参のおりには、お気を付け下さい。

今年最後の消毒は、秋のお彼岸会の直前に行います。

虫よけスプレーは本堂玄関と庫裡(くり・住職の住まい)にあります。ご遠慮頂くことなく、ご使用ください。

黄色のリコリス(彼岸花の仲間)が咲いています

黄色のリコリス(彼岸花の仲間)が咲いています


2018年8月10日

お通夜には、美味しい夕ご飯とお酒がつきものです。また、お墓に、ワンカップの日本酒がお供えされていることがあります。お檀家の皆様には、墓地に撒くか、お供えした後、お持ち帰りになるようにお願いしています。

ところで、釈尊の考え方に共鳴する人(仏教者)が守るべき基本的な五つの戒(在家五戒)の中に不飲酒があります。五戒とは五つの約束ですね。五戒については、2018年4月28日の記事でふれています。この五つの約束とは、1.不殺生(フセッショウ)殺さない。2.不偸盗(フチュウトウ)盗まない。3.不邪淫(フジャイン)不適切な関係を結ばない。4.不妄語(フモウゴ)嘘をつかない。5.不飲酒  酒を飲まないです。お酒を飲まないこと以外は、日本人に深く根を下ろしていることばかりです。最近の日本人では、不飲酒を除く四戒が少し揺らいでいるという人もいます。日本人から正直さがなくなってきた!と話す人がいますね。そうでしょうか?

不飲酒・お酒が問題です。住職はお檀家のお通夜、お葬儀の後の清宴では、お酒を飲みません。しかし、結婚式などのお祝いや、友人との懇親会では、この限りではありません。それでも、住職は「お酒」を決して高く評価していません。「酒は人生の友!」、「酒なくして、なんの人生ぞ!」などとは、決して考えていません。次回にもう少し書きます。

通夜の後の夕ご飯 ビールや日本酒があることが普通です

お通夜の夕ご飯 ビールや日本酒があることが普通です お客様を歓迎するためにはお酒が必要でしょうか?

 


2018年8月4日

最近、男性も日傘をさす方が増えてきた!との新聞記事を見ました。

日傘男子と言うようです。住職もここ10年以上は日傘を使用しています。先代住職(昭和54年・1979年亡)も日傘を使用していました。ゴールドの緻密な生地でできていたことを思い出します。当時の僧侶は、パナマ帽を制帽のように使っていました。もちろん、先代住職もパナマ帽も使っていました。また、東南アジアの僧侶も日傘を使っていますね。日傘僧侶でしょうか?

実は、日光(紫外線)は、老化を進めます。日光による老化を光老化・photoagingと言います。Human Pathologyと言う医学雑誌に、皮膚の光老化に関する論文を発表したことを思い出します。日光の曝露部(光のあたるところ、顔・首・手背など)では、皮膚の老化の指標(染色体末端のテロメア)が短く(老化が進んでいる)、前癌病変のある曝露部では、さらに短いことを証明しました(平成26年・2014年)。つまり、光老化により癌が発生しやすくなることを説明しました。過度の日焼けは、避けたいです。日傘のご使用をおすすめ致します。

ところで、大きな法要(釈尊・お釈迦様・ブッダの教えを学ぶことで、もちろん年回忌法要、開眼法要を含みます)では、赤い大傘(朱傘・野点傘・つまおりのだてがさ)を通常1本(和傘ですから一張り?)使用します。導師様!にさしかけています。お導師様のしるしですね。しかし、住職は一生、朱傘の日陰に、はいることはなさそうです。大きな法要の導師になることはありませんから。法要前の屋外のお練り(行列)では、少しだけ日の射すところを歩いて、お導師様より老化することになります。

導師様用の朱傘

導師用の朱傘 傘の周囲が丸く安全になっていることが多いです


カテゴリ
過去の投稿

ぜひ、福性寺のホームページをお気に入りに追加下さい。
最新情報を更新しておりますので、ご覧下さい。