真言宗豊山派白王山中台院福性寺真言宗豊山派白王山中台院福性寺
  • おばあさん、おじいさんとも歩きたい(陳情中)

最近の投稿

カテゴリ

過去の投稿

2017年12月9日

12月8日は成道会じょうどうえ)でした。釈尊(お釈迦様、ブッダ)が悟りを開かれたことをお祝いする日です。釈尊が35歳の時です。一方、涅槃会は2月15日に行われることが多いです。昨日の朝の読経時にも、「成道会の朝」であることを考えると、いろいろと思うことがありました。短く言いますと、自己のいたらないたくさんの点を思います。しかし、シャラの2本の木(沙羅双樹)の近傍に横たわる釈尊の目に見えるお身体はなくなりましたが、その教え(法)は、2500年後の今も生きていますね。

ところで、この日は、太平洋戦争・大東亜戦争の真珠湾攻撃の日でもあります。福性寺には、この戦争における堀船地区の戦病没者の慰霊碑があります。慰霊碑には107名ものお名前があります。私が子供のころには、元旦、春の彼岸、8月15日(終戦の日)、秋の彼岸、12月8日(開戦の日)には、お参りの方が必ずおいででした。最近では、お線香をお供えする方は少なくなりました。それでも墓参のおりに、必ずお生花とお線香をお供えするお檀家がおいでです(ご家族からお二人が戦死しています)。慰霊碑の仏様のご家庭の中には、お二人の戦死者がおいでのご家庭も少なからずあります。中には、父親とご長男が戦死したご家庭もあります。こちらのご長男は山西省で戦死しました。このご家庭の母親と娘さん(ご遺族は二人だけ)は、米軍の占領による軍人恩給停止の期間をどのように過ごしたのでしょうか(米国とは、つまらないことをする国です)。平成16年に娘さんが突然亡くなりました(86歳)。生前に永代供養を依頼されていました。お戒名は、「永慈妙清信女様」です。お戒名は駐車場の花壇の御影石の柱などでも見ることができます。とても、なつかしい方です。今は白宝殿(納骨堂)においでです。

12月8日の涅槃仏様

12月8日の涅槃仏様(本堂前)

大東亜戦争戦病没群霊慰霊碑(福性寺本堂前)

大東亜戦争戦病没群霊慰霊碑 (本堂前)


2017年12月4日

紅葉したアンズ

紅葉したアンズ

ハゼの木

ハゼの木

福性寺の境内には、モミジは少ないのですが、きれいに紅葉しています。桜の木やアンズの木が紅葉しています(写真上)。また、ハゼの木が白山神社側に数本あり、これらの紅葉は見事です(写真下)。このハゼの木は、盆栽を楽しんだあと庭に植えたものです。

12月2日と3日(土曜日・日曜日)には、一周忌(土曜日10時から)、四十九日忌(日曜日11時から)と三十三回忌の3家庭によるご法要がありました。合計で60人余りのお檀家とご親戚が集まりました。お集まりの皆様に、紅葉を見て頂きました。江戸時代の始めからのご先祖様を持つお檀家が2家庭と、100年近く前のご先祖様を持つお檀家でした。どちらも、福性寺の代々の大々パトロン!ですね。

ところで、紅葉を観て思い出すことがあります。紅・赤はお釈迦様の旗の色のひとつです。国際仏旗(各国共通してお寺に掲揚する旗)は、5色からなります。そのうちの紅・赤は「御仏の慈悲」を表します。また、真言宗では、赤は平等を表しています。紅葉の季節は、山全体や木々が、慈悲と平等にあふれています。つまり、紅葉した木々を観ることにより、人々にしみじみとした気持ちを感じさせ、楽しみを与え、苦しみを除いてくれます。これを抜苦与楽(ばっくよらく)という人もいます。

今日の福性寺の写真をご覧下さい。温かい服装で墓参においで下さい。

平成30年の元旦読経会は午前10時開始です。


2017年11月26日

仙台の老人ホームに入所しておりましたお檀家が亡くなりました。今まで、3回お見舞いに出かけています。残念なことに、おあいできないこともありました。私が住職になりました頃(昭和54年、1979年)、住職としての全ての仏事に不慣れな私を、何かとバックアップして頂いた有難いお檀家です。

11月20日(月曜日、お通夜)と21日(火曜日、葬儀告別式)でした。仙台駅前の仙台メトロポリタンホテルをとりました。住職と院代が執行しました。東京の仏事と異なることが多く、戸惑いました。しかし、釈尊(お釈迦様・ブッダ)の教えにないことは、一切不要であるとお話しました。

それでも、四華が祭壇にないなど、葬儀担当者が勉強不足ではないかと思いました。残念なことに、最近は四華を知らない葬儀社の社員に出あいます。四華(しか)を、四華花(しかばな)と呼ぶ人もいます。アルミ箔や和紙でできていることが多いです。

四華の一例です

四華(アルミ箔製)

四華とは、沙羅双樹を表しています。釈尊(お釈迦様・ブッダ)が、80歳の時に涅槃に入られる時、シャラの2本の木(沙羅双樹)の間に横たわりました。涅槃を迎えられると、沙羅双樹の花(クリーム色)など、釈尊を取り巻くものが白くなり、また枯れてしまいました。このため、私たちが死に臨んで、釈尊と同様な心境を得たいと心から願って、葬儀の祭壇におくものです。仏式の葬儀では必須のもの!です。お葬式の時に、四華の有無を確認して下さい。祭壇は不要です(本当です)が、四華は必要です。

 


2016年5月8日

お釈迦様(仏陀)は4月8日に生まれました。この日は日本仏教では、花祭りや釈尊降誕会と呼ばれています。福性寺では4月の第1日曜日(今年は3日)を花祭りとしています。写真は、本年4月3日の早朝の福性寺本堂の玄関です。
お子様をお連れになりご参拝頂きました皆様にお礼を申し上げます。
お釈迦様=ガウタマ・シッダールタは、シャーキャ族の王子として生まれました。お名前は、「すべて望みを成就するもの」との意味だそうです。漢字2字では、「成就」でしょうか。素晴らしいお名前ですね。
201600408花祭りIMG_0068


カテゴリ
過去の投稿

ぜひ、福性寺のホームページをお気に入りに追加下さい。
最新情報を更新しておりますので、ご覧下さい。