真言宗豊山派白王山中台院福性寺真言宗豊山派白王山中台院福性寺
  • おばあさん、おじいさんとも歩きたい(陳情中)

最近の投稿

カテゴリ

過去の投稿

2019年8月3日

前回は東京オリンピック(昭和39年1964年)の柔道無差別級について書きました。

道場(1)http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/4009 です。

東京オリンピックの柔道

昭和39年1964年10月23日 私の撮影です 試合後のヘーシンク選手です 冷静に大会役員とお話をしています ガッツポーズや飛び跳ねて喜ぶこともありませんでした

ヘーシンク選手はオリンピックで勝利しても、飛び跳ねたりガッツポーズなどの大げさな様子や大喜びは、決してしませんでした。試合後のコメントでも、神永昭夫選手をとても称えていました。敗者を尊敬する心があふれていました。礼に始まり礼に終わる!でした。

現在でも剣道家は、試合中も試合後も思いやりと礼節のある態度です。勝利後、ガッツポーズをしたために負けとなり話題になったことがありましたね。「剣道家はかっこいいです!クールです!」と考えています。私のような昔(むかしよりも大昔かな!)人間でなくても、今どきの若い皆様でもクールであると考えますよね?!

ヘーシンク選手と神永選手は、勝敗にかかわらず、試合場でも表彰式でも堂々としていました。今どきの「理想的な剣道家」のような礼儀正しさでした。

その後、ヘーシンク選手について書いた記事を探し、何度か読みました。英語雑誌の日本語の翻訳記事の中です。柔道家でもランニングをすることと、禁煙(50年以上前に!)をとても奨めていました。ランニングで心肺をきたえ、禁煙で肺を守り試合の最後まで戦うことができるようにと考えたのでしょう。

ところで、大人になってから(本当です!)、寺院やその本堂を「道場」ということや、釈尊の悟り(成道)の場や仏道修行の場を道場と言うことを知りました。もちろん、剣道などの武道場である「道場」よりも、昔から使われています。サンスクリット語(古代のインドの言葉)の中にも、道場に相当する言葉があります。

最近、気が緩んでいて(私です)なかなかできないのですが、道場・寺院内では「礼に始まり、終始礼を行い、礼に終わりたい」ですね。

 


2019年7月12日

本郷の法類寺院で法話をしました(7月8日)。タイトルは「老苦と認知症」です。認知症は単なる病気で「病苦」ですね。四つの解決の難しい事柄(四苦)のうち、二つをお話ししたことになります。子供の認知症はありませんので、「老苦」と「病苦」の関係は密接です。しかし、法類寺のお話では、何度も皆様に笑って頂くことがあって、時間がなくなり最後の「成年後見人制度」のお話まで到達できませんでした。ごめんなさい。

福性寺の住職の話は、いつでも抽象的なものはありません。とても具体的で証拠のあることばかりです。認知症には3種類あり、薬も異なります(専門医の診断が必要)。また、認知症患者の問題行動には、必ず理由があります。患者さんの行動をただ抑制するのではなくて、患者さんのお話を聞いて下さい。患者さんに、その行動の理由を尋ねてみてください。

マコト造園による樹木の消毒 蚊の出てくる前にぼさんにおいで下さい

盂蘭盆会まえのマコト造園による樹木の消毒 蚊の出てくる前に墓参においで下さい

このお寺のお檀家の皆様に、お持ち帰り頂きたい知識(仏教お土産三つ)として、

1.四つの解決の難しいこと(四苦)とはなにか。

2.声明(ふしのついたお経)を聴くことは、心身の安定によい(科学的データあり)。

3.認知症患者の問題行動には目的があります。認知症患者は何もわからなくなった人では、ありません。

10日から、植木職人さん4人が植木の手入れをしています(12日まで)。

11日に、植木の消毒を行いました。蚊の害のないうちの、早めの墓参をおすすめします。お盆期間(13~15日)は土曜日・日曜日・祭日です。お子様・お孫様方にも蚊の害を恐れずに墓参頂けます。

すでにお檀家・ご信徒の皆様には、お手紙を差し上げています。

パーマネントリンク: http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/3776

本堂玄関には、虫よけスプレーとお水=ウオーターサーバー(アクアクララ)があります。ご利用ください。


2019年7月8日

地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター井藤英喜理事長が令和元苑5月末に退任されました。

理事長のご退任のあいさつの中で、「我々はあらゆる人を癒すことができるでしょうか?」(私=住職は反省して考えましたね!)「高齢者に対する医療は、総合的な医療であり、最後は人間としていかに慰め癒すことができるかでしょう」とお聴きました。「人間として!」とは、医師に限りませんが、あらゆる場面で私たちの人間性や人格が問われているようで、わが身を顧みましたね。

なお、井藤先生は、高齢者医療に50年以上たずさわってきた方です。福性寺でも3回「健康長寿講演」をお願いしています。

平成31年4月スリランカの小学生からの絵

平成31年2019年4月スリランカの奨学生からの絵 いうまでもなく「初転法輪」が画題です 成道(さとり、35歳)ののち釈尊は苦行時代の仲間5人に法を説いています 四諦八正道を説きました

釈尊(お釈迦様・ブッダ)の言葉を医学の世界用に翻訳した言葉と思いました。また、現在、広く行われている臓器別に作られた専門医による診療への警鐘とも考えられる言葉で、感銘を覚えました。

現在でも私は「認定病理医」であり、「食道科認定医」です。しかし、専門領域以外は知識が乏しいと自覚しています。

私の専門領域である口と胃を結ぶ臓器である「食道」の病理診断(組織のサンプルを顕微鏡で視て病名を当てる=診断すること)に関しては勉強をして、少しですが自信を持っています。しかし、常に他の医師の意見に耳を傾けるようにしています。

(井藤先生からごあいさつの言葉を本ホームページで紹介することを承諾頂いております)

 


2019年6月25日

5月25日記事  http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/3547

第73日本食道学会学術集会(6月6‐7日・福岡)において、

http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/3630)鹿児島市福山町の善福寺住職長倉伯博師による教育講演「生と死の境を越える医療」―臨床僧侶の体験を通して―を聴きました。

今朝の蓮の花

今朝の蓮の花 蓮の花が五つ開花していました 八重の花よりも普通!の蓮の花が美しく見えます これから毎日一つは咲いていると思います 散歩や墓参のおりにご覧下さい 墓参においで下さい

ところで、釈尊(お釈迦様・ブッダ)のお話は、「対機説法」であるとよく言います。相手(の精神・才能など)に応じて、お話をすると言うことですね。しかし、私どもには、なかなかできません。なぜなら、お話のお相手を、普通はよく知りませんから。「あの人のことは、良く知っているのよねー!」といえる人は、何人いますか?私は自信を持って、よく知っていると言える人は、一人もいません。

また、釈尊のように見通す力(三徳の一つ)に欠けていますから、相手に応じて(=相手の立場に立って)お話をすることは、なかなか難しいですね。

ご高齢の方とどのような会話をすることができるのでしょうか?私にできることは、とりあえず、老人ホームにおいでになる方やお檀家のもとに出かけて、「決まりきった短いお見舞いの言葉」を述べ、お話を静かに聞くことでしょうか?傾聴ですね。高齢の皆様とは、ご本人が誇りに思っていることを話題にしています。昔からの友人として出かけています。もちろん、普段着=洋服で出かけています。

ご病気に悩む方、ご病状によっては、お見舞いを躊躇することが多いです。最近は、僧侶が病院に出かけ、患者と共感したいと考えている方が増えているようです。「ビハーラ僧」ですね。また、「臨床宗教師」と呼ばれる方々です。しかし、私はなかなか病院に足がむきません。

お見舞いに関する過去記事は、「最新ニュース/講演会情報」カテゴリの中の「お見舞い」をご覧頂けましたら有難いです。以下のような記事があります。

http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/2446


2019年6月9日

前回(6月4日ニュージーランドの大仏様 ニュージーランドワイン)に、書きますとお約束した留学時の医学的な記事です。

すでに住職になってからの留学で、長い時間は寺を留守にはできません。このため、短期集中(短期決戦?日本人が得意ですね!)を目指しました。この間、栃木県藤岡町の矢田正幸師、母と家内が寺で頑張りました。

「白人に多いバレット癌の発生母地=バレット食道」の研究のために、留学しました。この一連の疾患は、日本では少ないです。しかし、欧米ではとても高頻度です。多分、日本でも頻度が上がると考え、診断する力を上げるためと、原著論文を書くために出かけました。実際、前記の疾患の頻度は、日本で上がってきています。ギャンブルは一切しませんが、予想は的中!しました。

これらの疾患は「胃食道逆流症」が原因です。文字通り「胃液などが食道に逆流」するために発生します。胸やけや胸部の不快感が主な症状です。胸やけを感じる皆様は、内視鏡検査のできる医師を受診して下さい。適切な薬があります。「前かがみ」になると、症状が悪化したりすることがあります。何度も逆流を繰り返すと、食道が胃や腸のような粘膜(=バレット食道=前癌病変)となり、バレット癌が発生してきます。

ところで、大きな仏様の両脇の小さな仏様(脇侍)や弥勒菩薩様は前かがみですね。これらの仏様に参拝したあと、仏様を注視すると、必ずと言っていいほど「胃食道逆流症」を思い出しますね。このようなことを考えるのは、医師でも僧侶でも、私だけかな!と思い笑ってしまうことがあります。

元寇に備えるための防塁です 今回、福岡に出かけましたので何か所かの防塁を見に出かけてきました 3人のタクシーの運転手さんは観光客を一度も防塁に連れてきたことがないとのことでした 歴史好きにはたまらない場所でしたけど どこの防塁も大変立派で北条時宗の強い決意(日本防衛?)と建築期間が「長期戦」であったことを知ることができます

元寇防塁 福岡で防塁(石築地)を見てきました 3人のタクシーの運転手さんは観光客を一度も!防塁に連れてきたことがないとのこと 歴史好きにはたまらない場所ですけれど どこの防塁も大変立派で総延長は20kmとのこと また長崎県にもさらに長い防塁があるとのことでした 北条時宗の強い決意(日本防衛?)と防塁の建設が「長期戦」であったことを知ることができました

留学が短期間であっても、論文を書こうと思っていました。雑事や観光はしませんでした。ホテルに居て、洗濯も自分でしませんでした。しかし、5カ月間に1報の原著と1報の症例報告論文を書いて帰国しました。その2論文は、他の医学者の書いた10論文の中で引用されています。留学により、少しだけですが、社会に有用な論文がかけたかな?!と思っています。その後、現在までに、前記の疾患に関しては20報以上の英語論文を発表して、すっかり得意分野(笑)になりました。

このため、何度もこの分野の講演者として招待されています。最近も、第97回日本消化器内視鏡学会(会長:昭和大学井上晴洋教授5月31日~)では、臨床医の発表に病理医としてコメント(意見や補足的な見解を加える)する役割でした。また、福岡(写真)での日本食道学会(会長:九州がんセンター藤也寸志院長6月6日~)の特別発言者(複数の講演をまとめる)に指名して頂きました。このところ、医学会での役割を楽しんでいます。

以下、留学中にお世話になったJass教授の記事のリンクです。

http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/699

 


2019年6月4日

先日、なつかしいニュージーランド産の白ワインを見つけました。とても安いので買って飲んでみました。味はうすくてちょっと水っぽい感じでした。(笑)しかし、留学中はとてもおいしかったのですが。

私の留学について思い出したことを書きます。白人に頻度の高い疾患(将来、日本でも頻度が上がると考えました)を研究するために、「白人が多い国で治安のよい国」を選びました。ニュージーランドですね。平成6年・1994年12月からニュージーランドのオークランド大学・病院・子供病院に留学していました(客員教授)。

しかし、毎週、土曜日・日曜日、また時には平日も、オークランド郊外にあるチベット仏教寺院(http://kagyu.org.nz/)で、真言宗のお経を読ませて頂きました。医学研究のために留学しましたが、思いがけずチベット仏教の有り様を学ぶことができました。自然を特に大事にする人々が寺に集まってきていました。アジア人はほとんどいませんでした。午後からは、平日と同様に研究所に出かけるか、ユダヤ人墓地や公園で読書をしましたね。

ニュージランド・オークランド市郊外の大仏様(New Zealand Karma Kagyu Trustから転載許可済み)

ニュージーランド・オークランド市郊外の大仏様(New Zealand Karma Kagyu Trustから転載許可済み)です この大仏様のある寺で真言宗のお経を読ませてもらっていました 1992年に開眼供養法要が行われ私の留学時には黒いお姿でした 最近金色になりました 7mの高さがあるらしいです

留学中、高い夕ご飯を食べることができません。安いレストランを探して食べました。和食レストランは、主に韓国人がオーナーで値段が高かったです。このため、シンガポールレストランと韓国料理のレストランの常連でした。週末の夕食時には、白ワインを飲みました。しかし、ボトル四分の一か三分の一程度しか飲むことができませんので、残りはシンガポールレストランでは、店主が飲んでいました。このため、私が出かけると店主から大歓迎をうけました。そのお店は、グラスワインがなかったのです。ボトルで買いました。

この他にも、ブラジルのサンパウロ大学などから教えに来るように要請がありました。しかし、長く寺を留守にすることができないのでお断りしました。それでも、講演は引き受け、ルーマニアなど日本人観光客の少ない国にも出かけました。

最近、日本人の医学者の海外留学が少なくなっています。一つには、日本の医学(消化管学など)のレベルが上がったこともあります。しかし、エトランゼ生活は楽しいですし、研究に打ち込むことができます。私の推薦で留学した医師も何人かいます。積極的に推薦状を書いたり、海外の名の通った医学者を紹介するようにしています。

ニュージーランドのお寺のサイトですKarma Choeling Buddhist Monastery.

この記事と関連する留学中の研究と医学に関連する記事を次回に書きます。

 


2019年6月2日

門前の石仏様 写真左下に東洋紡績の社員が奉納した「一体の水鉢と線香立て」が見えます

門前の石仏様 写真左下に東洋紡績の社員が奉納した一体の「水鉢と線香立て」が見えます 六阿弥陀一番目道地蔵尊の左となりの舟形の石の前です 現在お地蔵様の家(木造ペンキ塗り)は修理中で車庫の中にあります

前回の記事に引き続き門前の石仏様などについて書きます。

延命地蔵尊と左六阿弥陀一番道地蔵尊の左に、施主名の書かれた水鉢と花立て(一つの石)があります(写真)。以下が書き込まれています。

世話人 川島久吉 水野□次郎 松木源吉 中川トヨ 東洋紡績有志一同 大正八年□□ (1919年)

奉納から100年後では、石の風化により、お名前を読むことができない字ができています。

勤務先の工場の近くのお地蔵様に、寄付をする方がいたんですね!お地蔵様が、あんまりボロボロで貧しく同情して奉納したのでしょうか?「東洋紡績有志一同」様がそろって新調した「水鉢花立て」の前で、お参りをしたのでしょうか。

東洋紡績は以前のキリンビール、現在のプリントメディア(読売新聞など)の敷地にありました。明治41年(1908年)に下野紡績の工場として始まり、昭和16年(1941年)までありました。それ以降(昭和17年1月以降)は、東京第一陸軍造兵廠に工場敷地を貸与し、戦後払い下げになりました(堀船郷土史平成増補版、平成28年発行)。

ところで、福性寺には、東洋紡績の社員であった2軒のお檀家がおいでです。驚きませんか?いずれも篤信のお檀家です。世代を経たあとも、お互いのお家のご先祖様が東洋紡績の社員であったことをご存知です。東洋紡績の全国の支社をお回りになったお檀家のご子孫は、私と、海外を含めた参拝旅行に出かけています。そのおり、東洋紡績の社員であったお父様のお話をして下さいました。私の父ととても昵懇のお父様でした。いずれも、福性寺にとって大切で有難いお檀家です。

ある時、こちらのお父様が消化器の悪性腫瘍になり禁食でお過ごしとのことで、ご家族から相談を受けました。「お父さんは食いしん坊で、食事ができないので、とてもかわいそうです」とお聞きしました。お肉が好きでした。物を食べると出血すること、進行癌であることと、ご高齢であることのために手術をしてもらえないとのことでした。しかし、私の身近な病院で、口から食べることができるようにすることを目的として、手術をしてもらいました。治癒を目指すことだけが医療ではありません(5月25日記事)。

また、この病院は患者の老化の程度を年齢(カレンダーエイジ)ではなくて、実際のお身体の状態で判断しています。単に、実年齢だけで手術の適応(医療の中の正当性)がないなどとは言わないです。とても誠実な病院です。

数年して、再発することなく癌以外の病気で亡くなりました。お嬢様からは、美味しものを何度もたくさん食べてもらえたことと、昔の話を繰り返し聞くことができて、うれしかったと感謝されました。多分、手術後もおいしいステーキをお食べ頂けたと思います。葬儀は私が執行しました。


2019年5月29日

親はいつも子供の健康と成功を祈念しています。最近の子供虐待のニュースにであいますと、そうでもないのかな?と悲しい気持ちになり心配になります。

ところで、福性寺門前には「延命地蔵」様(天和2年・1682年建立)が安置されています。前回の令和元年5月25日の記事に写真があります。リンクは以下です。

http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/3547

六阿弥陀一番目道のお地蔵様

江戸六阿弥陀一番目道のお地蔵様 お顔の表情がわかりませんね しかし舟形の右下にお施主様名があります

延命地蔵様は昔から子供の長命と加護をお願いする仏様です。この仏様にお参りすることは、子を守り寿命を延ばすことを地蔵菩薩の誓いにしてもらうことです。そのような願いは、医療の発達していなかった時代、子供が亡くなることが多かった時代には、切実であったと思います。このためか「お地蔵様」や「お薬師様」(別名を「医王善逝」)をご本尊様とするお寺はとても多いです。子供への愛情は時代によって変化していないと信じたいです。

延命地蔵様の左にも舟形のお地蔵様があります(写真)。お地蔵様の左には「六阿弥陀左一番目道」と彫り込まれています。福性寺のお隣の「江戸六阿弥陀」第一番札所の西福寺様への道標となっています。右には、明和7年・1770年2月に建立と記され、「施主 石井与市右□□」様と書かれています。お名前の「右□□」の部分は、右ヱ門様でしょうか?ご自分の長命を祈念するよりも、お子様・ご子孫の健康長寿を祈念して、この仏様を建立したのでしょう。石井家は福性寺のお檀家の10%近く(20軒)を占めています。

この記事は「福性寺の歴史」(3400部近くを配布済み)の次の版(第7版)に追加の予定です。

梶原商店街の愛宕地蔵尊関する記事は以下です。

http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/724


2019年5月25日

延命地蔵様(天和2年・1682年建立)

延命地蔵様(正面・天和2年・1682年建立)右に子育地蔵様 子供の長命を祈念しています おさい銭は南アジアの子供の奨学金になります(説明書き) 左に大正8年1919年に東洋紡績の有志一同が寄付をした水鉢があります。東洋紡績は以前のキリンビール現在のプリントメディアの敷地に昭和16年・1941年までありました

先日、病気に悩むお檀家(高齢男性、難病です)との会話の中で、そのお檀家の主治医に対するご意見=評価をお聞きしました。評価が低い時にお返事に困ります。

このような時、Ambroise Paré(1510~90)の言葉を紹介しています(孫引きで、本当にParéの言葉である原著を読んでいません)。実は、ほかのお檀家にも、何度も話したことがあります。「To cure sometimes, To relieve often, To comfort always」、「時に治し,しばしば苦痛を和らげ、常に慰める」、医師は時々(sometimes)病気を治すことができる。医師は病気を治すことは、いつもできる訳ではないのです。患者の症状(痛みなど)をやわらげることは、しばしば(often) できます。患者に慰めを与えることは、常に(always)可能ですね。この言葉は医学・医療の本質を表したものとして、医師の間では、よく知られています(と私は思っています)。医学部の医学概論や医学史の授業で習うことがあるからです。なお、Ambroise Paréは哲学者ではなくて外科医として知られています。

釈尊(お釈迦様・ブッダ)の説法は、全て「To comfort always」だったのですから素晴らしいです。と言うよりも、「To comfort always」「安心」のための釈尊の説法でした。ところで、「慰めを与える」ことは、人であれば、医師資格の有無とは無関係に、誰にでもできますか?そのためには、相手をよく知っていることが前提ですか?

最近、大きな法要で、法話を依頼されます。「To comfort always」ができません。後日、もう少し書きます。

昨日(5月24日)は東大和市で施餓鬼会の式衆でした。「式衆」の説明は以下にあります。

http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/2068

7月や8月ではなくて、春に施餓鬼会を行う寺が増えました。「暑い施餓鬼会から涼しい施餓鬼会に」の記事は下記のリンクです。昨日は夏のような暑さでした。

( http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/1553


2019年4月4日

http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/2915 平成31年3月17日の記事

歌うと健康?!読経と仏讃歌の斉唱・読経会にご参加を!!」の続編です。

お経を聞くと、喪失感による悲しみが癒やされるとする研究結果を、東北大学の谷山洋三准教授(宗教学)らの研究チームが発表しました。さらに裏付けに関する論文が発刊予定(in press)です。雑誌に採択・掲載!おめでとうございます。最近の表現では Wow! Congratulations! ですか?それにしましても驚きました。読経とフィジカルの関係を研究する学者がいるのですから。

谷山先生は、「経験的にお経の効果は感じていたが、免疫力の向上やストレス軽減を実証的に確認したのは初めて」としています。研究はペットを失った経験を持つ21~72歳の男女36人を二つのグループに分けて、僧侶の読経を20分間聞いたグループと、聞かずにすわったままのグループに分けます。不安の大きさを数値化できる指標と、ストレスの大きさが分かる免疫物質(だ液中の免疫グロブリンA)の量を測定して、読経前と後の変化を2グループで比較しました。

福性寺にはソメイヨシノは1本だけです 数日前から満開です

福性寺には染井吉野・ソメイヨシノは1本だけです 数日前から満開です なぜか植木職人さんが樹を丸くつくっています

2グループとも不安を示す数値が減少しました。しかし、お経を聞いたグループの減少幅は、聞かなかったグループの約3倍でした。また、免疫物質の量は、お経を聞いたグループが約1.5倍に増え、ストレスが減っていたのに対し、聞かなかったグループは、ほとんど変わらなかったらしいです。

谷山先生からは、研究内容に関する詳細をEメールでご教示頂きました。有難かったです。心から感謝致します。今回の研究に関して、日本語論文があります(谷山洋三先生他.経文聴取による喪失悲嘆のストレスのケア.仏教看護・ビハーラ11:151-65, 2016)。新聞記事もあります(読売新聞2018年12月13日)。

谷山洋三先生ホームページ

https://www.sal.tohoku.ac.jp/jp/research/researcher/profile/—id-77.html


カテゴリ
過去の投稿

ぜひ、福性寺のホームページをお気に入りに追加下さい。
最新情報を更新しておりますので、ご覧下さい。