真言宗豊山派白王山中台院福性寺真言宗豊山派白王山中台院福性寺
  • おばあさん、おじいさんとも歩きたい(陳情中)

最近の投稿

カテゴリ

過去の投稿

最新ニュース/講演会情報

キーワード検索
カテゴリ
過去の投稿

2020年3月26日

前回、PCR検査の思いで・・・について書きましたが、「思いで」まで書くことができませんでした。ごめんなさい。今回の感染症のお陰で、どなたも知るPCR検査になりました。しかし、PCR検査に要する時間も知らない「専門家」をテレビで視ました。問題がありますね。

実は、私も老化学研究のための「PCR」実験をしていました(テロメラーゼの検出)。その当時の常識では、陰性である対象(ヒト正常食道上皮)が陽性の結果で、原著論文をなかなか書くことができずに困りました。その間に、某有名大学のグループが陰性であると素早く論文報告しました。その後、論文としました(1997年)。しかし、現在は私たちの結果が正しいことがわかっています(組織幹細胞を含むので)。頭の中で考えて原著を書いてはいけません。私も常識にとらわれて、論文を書くことができなかったわけです。二重✖バツ(失敗)でした。

ちなみにお話ししますと、それ以来、そのグループからのデータを重視しなくなりました。研究者としては、当たり前ですが、他のグループからのデータをそのまま正しいとしません。印刷されたりPDFになった論文を信じないのです。

堀船周回路

今日の堀船周回路 福性寺から徒歩で1分ほどの距離です 染井吉野は2分咲き程度でした 散歩に最適です

「PCR検査」はなかなか難しい検査で、陽性であるにもかかわらず陰性と出ることがあります(誤陰性)。もちろん反対(誤陽性)もあります。誤陰性を「PCRがかからなかったんだね!」などと研究室では話していました。

また、のどや鼻の奥から検体(検査材料)を採りますが、ウイルスを含んだ検体を採ることができないことがあります。

臨床医は症状から感染を強く疑っている時、PCR検査の結果が陰性でも、何度でも再検査をします。やはり、臨床医でも科学者ですから、検査結果を丸のみにしないです。何ごとにも正見・正思惟ですね


2020年3月24日

中華人民共和国の武漢市で最初に発生した新型コロナウイルスの感染症に関する話題で持ちきりです。

日本でも千人強の患者を含む感染者が見つかっています。もっと!もっと!感染者は多いという人がいます。ウイルス検出のための「PCR検査」を広範囲に行えば、たくさんの感染者が見つかるという人がいます。10倍の1万人でしょうか?感染者が1万人とすると、日本の人口は1億人以上ですから、「1万人に1人」が感染者となりますか?それでも、「大きな」「不特定多数の皆様」が「密集する」「密接する」「閉鎖/密閉した空間」での集まりは避けるべきですね。

福性寺では、お彼岸のお墓参りの皆様用に手消毒用アルコールとポンプ式の泡の石鹸をご用意しました。

参道のツツジの新緑が美しい季節となりました

参道のツツジの新緑が美しい季節となりました すでに咲き始めたツツジもあります

今後も、お檀家の墓参用に、水屋に泡の石鹸と庫裡には消毒用アルコールを常備します。ご使用下さい。徒歩や自家用車の利用の墓参では、感染の危険はまずないと思います。ビルの中のお墓はちょっと危険が増すと思いますが。

どうりで、例年と同じように、皆様が墓参においでになりました。

正しく観察して、正しく考えます(「1万人に1人」が感染者など)と、お彼岸の墓参を控える大きな理由はありませんでした。高齢者にとって、外出は栄養と運動と並んで、認知症やフレールの予防に効果があります。栄養・運動・外出について、努力=精進をしたいです八正道の正見、正思惟、正精進の説明みたいですね。

花祭り墓参(福性寺では4月5日・日曜日9時から15時)も寺の中は安全です。

長くなりましたので、次回に「PCR検査の思いで」を書きます。

フレールに関しては http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/4152


2020年3月5日

2月28日から3月4日まで米国西海岸の都市に出かけてきました。4泊6日です。

北米病理学会(USCAP)での勉強と、シアトル高野山の参拝が目的でした。

ロサンゼルス国際会議場 私のお腹に見えるカードは入場券で6万円です 胸の白いものはマスクです

ロサンゼルス国際会議場 私のお腹に見えるカードは入場券で6万円です 胸の白いものはマスクです 逆光の写真をおわびします

ロスアンゼルスの国際会議場では、アルコールによる手消毒が可能でした。会場は握手とハグは禁止でした。日本のお辞儀は、安全でいいですね。今後は「国際標準」としたいですね。日本政府も広報してほしいです(笑)

それでも、私の引退講演会(平成27年・2015年)に出席した学者(フランス人イギリス人など)は、握手とハグ・チークキス(ホッペタとホッペタ)でした。会場でマスクをしている人は非常に少ないです(10人に1人以下)。なお「福性寺の歴史第7版」121ページに引退講演会の写真があります。

USCAPの消化管病理学会では、私の十分理解していなかった胃癌に関する知識を得ました。相変わらず、日本での粘膜内癌(早期癌の中でも早期なもの)を「異形成」と別の名前で呼んでいました。友人のドイツ人(英文論文500報の著者)が、あきれていました。消化管病理学、特に食道・胃では、やはり日本が最も優れています。

ところで、出発前にお檀家が亡くなりました。直後にご家庭を訪問して読経し(枕経)、お元気な時のお姿を思い出し、涙が出かけました。ご遺体の保存のために、お部屋の温度など、こと細かにご説明しました。

ご家族とご相談し、故人のお話をおうかがいしながら、お戒名を考えました。お元気な時には欠かさず施餓鬼会にご出席頂きました。また、大変明るく美しい奥様で日本舞踊をご趣味としていました。ご生前のご様子の通りをお戒名に表現しました。帰宅後、葬儀中に読む追悼文(風誦文)を作り、お戒名を清書して、米国に出発しました。葬儀自体は、副住職と院代の二人が執式しました。火葬場同行・お骨上げ後、初七日法要を行いました。今日、あらためてお布施の領収証を持って葬家(喪家)を訪問し読経の予定です。

最初の訪問時に、「葬儀社にお支払いするお金を節約してお寺にお布施を頑張ります!」と故人のお嬢様からお話頂きました。本当に有難うございました。

私や家族の給与や生活費には、一切消費されないお布施です。必ずお檀家全体のために、また葬家の明治時代からのご先祖様・仏様(明治時代にお檀家になりました)のために用いることをご本尊様や葬家の皆様・故人にお誓いしました。


2020年2月16日

福性寺のお客間とご本堂には、「消毒用アルコール」が置いてあります。アルコールはインフルエンザ予防のためでした。10年以上(母が亡くなる)前からです。「住職がドクターだからですか?」と何度かご質問頂きました。

お客間や本堂に置くかなり前から、庫裡(住職の住まい)に置きました。最初は、免疫力の下がった母(故人)の新型インフルエンザ予防のためでした。当時、ヘルパーさんの出入りが増えていました。その後、お客間などにも置くようになりました。

今回の新型コロナウイルス対策のために、置き始めたものではありません。

本堂入り口のアルコール 左から消毒用アルコール・ティッシュペーパー、名刺サイズのショップカード(お店ではないのでテンプルカード?)、配布用「福性寺の歴史第7版」、壁ぎわは車椅子です

本堂入り口の机 左から消毒用アルコール・ティッシュペーパー 名刺サイズのショップカード(お店ではないのでテンプルカード?) 配布用「福性寺の歴史第7版」上方の壁ぎわは車椅子

昨日(15日土曜日)23回忌と3回忌、今日は3回忌のお檀家の法要がありました。三つの法要で合わせて40人ほどのご参加がありました。マスクはそのままで、ご本堂に入って頂きました。ほぼ90%の皆様がマスク着用でした。

また、今回は消毒用アルコールの減り方が早かったです。以前のインフルエンザ予防のためには、あまり減りませんでした。

法要にご出席のビルメンテナンスに関係した男性から、「ビルの中の消毒用アルコールがなくなり困っています」とお聞きして、驚きました。なくなる??使用してなくなるのではなくて、窃盗!でした。在家五戒・十善戒の「不偸盗」を思い出します。心が暗くなりますね。「他の人の安全をそこなうこと」ですから。

アルコールよりも、石鹼で手を洗うことの方が、効果があるのですが。手洗いが第一です。


2019年12月12日

お檀家・ご信徒の皆様に、新年用のお手紙を発送致しました。毎年6回お手紙を差し上げています。しかし、今年は7回でした。

「光明214号」真言宗豊山派のお檀家用の雑誌 季刊です「光明」はお檀家ご信徒に毎年4回お送りしています 「豊山宝暦」毎年12月にお送りしています 季節のおりおりの記事や季節に因んだ文章はお手紙を書く時にとても有用です 題字はお大師様による真蹟(本当に書いた字)の集字(必要な文字を集めて再構成すること)です 字を見ただけで合掌したくなりますね「南無大師遍照金剛」(転載許可済み)

光明214号」表紙真言宗豊山派の季刊雑誌 「光明」は毎年4回お送りしています 「豊山宝暦」令和2年表紙 年末にお送りしています 季節のおりおりの記事や季節に因んだ文章はお手紙を書く時などにとても有用です 題字はお大師様による真蹟の集字(文字を集めて再構成)です 字を見ただけで合掌したくなります「南無大師遍照金剛」(写真:真言宗豊山派教化センター転載許可済み)

今回のお手紙の同封物は:

①住職からのカバーレター1枚=元旦読経会(10時開始)のご案内 

②真言宗豊山派からの雑誌「光明214号」(42ページ、写真)真言宗豊山派ホームページからも読むことができます。

http://www.buzan.or.jp/index-06.html

③令和2年の「豊山宝暦」(写真)カラー印刷です。「長谷寺の小さな観音様」の記事は素晴らしいです。

④令和2年回忌表(お檀家の追善供養のご予定のため)

⑤本ホームページの「最新ニュース/講演会情報」の印刷体「奨学金の礼状 和訳」

http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/1230( 平成30年・2018年4月26日 記事)1枚

⑥振込用紙です。「檀信徒会費」納入用です。

元旦読経会の様子は「年間行事」のビデオをご覧下さい。元旦読経会は、どなたでもご参加頂くことができます。ぜひとも、ご参加下さい。お経を読んだことがなくても大丈夫です。また、仏讃歌を歌ったことがなくても問題ありません。1時間程度で帰宅できます。

今回の「光明214号」には、真言宗豊山派管長 田代弘興猊下(げいか)のご法話の掲載があります。また、相変わらず、阿川佐和子氏による記事が面白いです。

健康長寿・認知症とフレール予防には、1.栄養、2.運動、3.外出(=社会参加)が重要です。その意味でも、元旦読経会にご出席下さい。大きなお声で般若心経を音読し仏讃歌「おちかい」を歌って下さい。

フレールに関しては、以下の過去記事をご覧下さい。令和元年・2019年8月27日 http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/4152

「光明214号」「令和2年豊山宝暦」は、残部が少数あります。ご来寺のおりにご請求下さい。先着順です。もちろん、無料です。


2019年11月17日

11月13日に乳癌について書きました。

http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/4715

乳癌についてもう少し書きます。

乳癌は欧米の白人女性では、8人に1人が一生のうちに罹患(りかん=病気にかかる)します。

日本人でも、とても増えてきています。14人に1人が罹患します。最近の特徴・傾向は、高齢になりましても、罹患率が下がってこないことです。

私たちの研究でも、乳癌以外の死因で亡くなった高齢女性(剖検例)には、6%に乳癌がありました。つまり、一般の高齢女性には、ごく小さな癌0.1㎜以下を含めて、癌がすでに100人に6人にはできていると言うことです。このまま育たないかもしれませんが。

でも、乳房(にゅうぼう)は二つあります。左右で硬さを比較することができることから、発見は容易です(左右の両方に乳癌があることはまれです)。入浴時など左右の硬さを比較して下さい。また、左右で形が違ってしまうこともあります。エクボのようにへこんで見えることもあります。乳頭(乳首)の位置や高さが違ってしまうこともあります。

公益財団法人がん研究会のシンボルマーク がん研究会の発足は明治41年1908年です 最近のがん研有明病院には新しいシンボルマークもあるようです 刀の鍔(つば)です カニはシオマネキらしいです(がん研究会のHPから)私の目には「癌を切り取る外科医=正義の味方」に見えます

「公益財団法人がん研究会」のシンボルマーク  刀の鍔(つば)シオマネキらしいです「がん研究会」の発足は明治41年1908年です(最近の「がん研有明病院」には新しいシンボルマークもあるようです)シオマネキは私の目には「癌を切り取る(外科医?)正義の味方」に見えますけれど がん研病院には研究会やお見舞いで何度もお世話になっています

早く見つければ、手術しても乳房の形はそのままです(温存手術)。また、大きさが2㎝以内でリンパ節転移がなければ(早期の癌)、ほとんど治すことができる癌です。大きさが2㎝でも、乳癌は硬いので、わかりやすいです。また、さらに進行した癌でも、予後(治療の後の結果・状態)は比較的良い癌です。

前回の記事の奥様には、ご病気の相談をしてほしかったです。よくお話をしている奥様でしたけれど、私の「お話のし方・話しぶり」が悪かったのかなと!とても反省しています。いかに進行していても、乳癌は治る可能性の大きい癌です。5年以上、10年以上生きることのできる癌です。

皆様もカニ料理やワタリガニパスタを食べた日のお風呂では、乳癌の自己検診をお願いします。また、マンモグラフィーの定期検診もお願いします。

このブログをお読み頂いた皆様は、乳癌で亡くなることがないですね。

男性の乳癌もあります。胸にしこりを感じましたら医師を訪問して下さい。

ちょっと昔になりますが、施餓鬼会における「福性寺健康長寿講演会」で乳癌ついてお話を頂いたことがありました。お寺の本堂!ご本尊様の前で、乳房がスクリーンいっぱいに大写しになって、ちょっと不思議(?)でした。

重ねて乳癌で亡くなることのないようにしたいですね。


2019年11月14日

昨日(水曜日)午後1時半ごろに、川崎市宮前区の「観光案内人」様などが、隅田川沿いの歴史散歩のためにおいでになりました。

事前に、50名ほどの皆様がおいでになるとお聞きしていました。研究所から戻り、お接待をしました。本堂の玄関を開いただけですが。

また、「梶原塚」をご説明しました。その後、福性寺で最も古い(1339年)板碑を見て頂きました。もちろん、ご本尊様に参拝頂きました。

福性寺の延命地蔵様と左六阿弥陀地蔵様の説明中です

川崎市宮前区の皆様の後ろ姿 福性寺の延命地蔵様と左六阿弥陀地蔵様の説明中です 白山神社のケヤキの紅葉がきれいです 皆様!健康で長生きをできそうですね

ご本尊様にお参り頂くことは、寺では「最高の歓迎」の意味があります。このため、本堂玄関を開けました。

「福性寺の歴史第7版」(無料、136ページ)を差し上げました。20冊以上お持ち帰り頂きました。さっそく本を開いて実物と照らし合わせている方!有難かったです。ご本尊様(大日如来)の来歴もご紹介しました。

また、本堂玄関のお水・アクアクララをご接待しました。給水器の位置をご案内しただけですけど。

平成28年・2016年11月12日の福性寺健康長寿講演会(下記リンク)における青柳幸利先生によると、介護予防や認知症予防には、歩くこと(7‐8千歩程度)はとても効果があると言われています。

http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/262

ご来寺頂きました皆様のご健勝をご本尊様にご祈念申し上げました。

やはり、今回のように、たくさんの皆様でご来寺頂く時は、事前にお知らせ頂くと有難いですね。


2019年11月13日

墓地の散歩は心が安らぎます。住職にとっての精神安定剤です。

乳癌(にゅうがん)で亡くなった奥様のおいでになるお檀家のお墓の前で思い出しました。

色が白くて、とても優しいお母様でしたね。たおやかでした。そのためか、「癌と診断されるのが怖かったので、病院を訪問しなかった」とご生前に聞きました。住職は医師として何の力にもなることができませんでしたね。

ところで、乳癌というと、必ず!思い出すことがあります。

ワタリガニパスタ

ワタリガニパスタ 東京都健康長寿医療センター(板橋区)の近くのイタリアンレストランで食べました とても美味しかったですね 見ただけでもよく冷えた白ワインを飲みたくなりますか?

イタリアンレストランでは、カニのパスタを時々食べます。「スパゲッティを少なくして」とお願いします(年齢を感じます)。

実は、カニのパスタを見ると、思い出すのは「乳癌(などの進行癌)」です。乳癌からカニを連想することもあります。

もともと、カニ(Crab)と癌(Cancer)は、とても関連のある言葉(同じ語源)です。6月の終わり(22日)から7月の終わりに生まれた皆さんの星座は、「かに座」です。The crabでもCancerでも通じますね。

癌はカニの甲羅のように硬いです。進行すると癌の周囲に大きな血管ができてきます。癌を養うためです(栄養血管)。血管がカニの脚のように見えたのでしょうか?

食欲がなくなる話題でごめんなさい。しかし、私は思い出しても、美味しく頂いています。

ところで、釈尊(お釈迦様・ブッダ)や釈迦族(シャーキャー族)の人々は、パスタやパンなどの小麦ではなくて、私たちと同じお米を食べていたと言われています。お父様のお名前が、中国では「浄王」ですから、やはりそうかなと。

次回以降に、医師として乳癌についてもう少し書きます。


2019年10月10日

令和元年2019年11月9日合同講演会のためのチラシ 

令和元年・2019年11月9日(土曜日)午後2時 福性寺主催「健康長寿講演会」・午後3時10分 堀船郷土史を語る会主催「歴史講演会」合同講演会チラシ 本堂右の客殿入り口からお入り下さい 

 


2019年9月27日

お戒名を考える時、白川静博士(文化勲章)による「常用字解」などをよく読みます。また、諸橋轍次博士(文化勲章)の「大漢和辞典」もみます。

最近、看護師さんのお葬式を執行しました。一生を看護師として生きてきた方で、看護師としての人生に誇りを持っていた故人でした。当然ですが、立派な看護師であったことをお戒名の中にどうしても読み込みたいと考えました。

そこで、「看」の字の成り立ちを知りたいと思いました。前記の「常用字解」を読みました。目と、手(龵は手でした)とにより、できている漢字でした。目の上に手をかざしてはるか遠くを「みる」意を表すようです。他の字書には、しげしげとみる。静かにみるとありました。確かにこの字の訓は「みる」ですね。

黄色のリコリスです 今年はお彼岸が終わってからきれいです

黄色のリコリス(彼岸花の仲間)です 今年はお彼岸が終わってから彼岸花やリコリスがきれいです 黄色のリコリスはやっつ(八っつ)咲きました

患者の目の上(顔)近くに手をかざして、容態(ようだい)を看るの意味ではないかなとも思いました。天皇の病の回復を願う「看病禅師」や、一般の病者の平癒を祈る「看病の僧」もありますから。いずれにしても、とても善い字ですね!

お戒名は、「慈悲と知恵をもって患者・家族に接し長年にわたり奉職した職場・職業により自己を鍛え上げ看護師を天職とした大姉(年長の仏教者)様」としました。

私になんでもご相談いただいた方でした。亡くなる前に病院にお見舞いに行きました。しかし、私がいそがしいことを熟知しておいでですから、故人(看護師さん)から早く帰るように言われました。

故人のご冥福を祈念致します。本当に、立派な人生に感動しています。

故人のご家族から、とても高額の「布施(=喜捨)」を「お礼の言葉」とともに宗教法人福性寺に頂きました。


キーワード検索
カテゴリ
過去の投稿

ぜひ、福性寺のホームページをお気に入りに追加下さい。
最新情報を更新しておりますので、ご覧下さい。