真言宗豊山派白王山中台院福性寺真言宗豊山派白王山中台院福性寺
  • おばあさん、おじいさんとも歩きたい(陳情中)

最近の投稿

カテゴリ

過去の投稿

2019年11月5日

梶原塚(梶原政景1548~1615年太田道灌の子孫の屋敷・砦の跡「福性寺の歴史第7版、10ページ」の中に、詳しい刻銘のある供養塔が2基があります。両者とも文政9年(1826年)の建立です。「如意輪観世音像」(右・写真)と「執錫杖大師像」(左)です。

深川不動院の木食(もくじき)賢明師が願主です。梶原塚にあった眞龍寺の住職でもあったようです。賢明師は梶原塚の宝篋印塔(ほうきょういんとう)の再建時(天保2年・1831年)の開眼導師もしています。90年後(=大正10年・1921年)に亡くなった上東野昭良師(父の叔父)から、父は賢明師について何も聞いていません。90年間の歳月により、亡くなった人についての記憶は、この世界からなくなるようです。1821年から幕末、明治時代から大正6年・1917年までは、福性寺は無住(職)寺でした。

明治28年・1904年に梶原塚は福性寺に移されました。梶原塚は現在の「堀船ポンプ所」(http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/4538)にありました。

石塔の下の台座に刻銘があります。地面に顔をつけるようにしないと読めません。私には読むことができません(能力がない!)。50年以上前に、先代住職周誉師(私の父です)が読んだ記録が出てきました。現在では、風化のために読むことのできない字があります。

以下、黒字は石碑にある文章です(周誉師記録)。青字は先代の周誉師の解説。緑字は私の説明です。 

梶原塚 如意輪観世音

梶原塚 如意輪観世音 台座の文字はほとんど読むことができません

梶原塚供養塔右 如意輪観世音像石塔の刻銘

算用数字は刻銘の行目を表します。

1 紀州那智山本尊此地  奉彩者也(紀州那智山の本尊をこの地に)(奉彩:斎?するものなり:つつしんで祀る)

 南無大慈大悲六道能化広大無辺の慈悲の地蔵菩薩に帰依致します)

 引導本尊地蔵菩薩(さとり導く地蔵菩薩)

 南無大慈大悲如意  輪観音大菩薩(如意輪観音に帰依致します)

 一地両尊建立意趣者(一地に両尊を建立する意趣とは)

 国主大将軍武士並  梶原平三景時一家諸尊霊 

10 當 出離 11 生死 為頓証菩提也 (まさに生死を離れ悟り:解脱を得る)(頓証菩提:速やかな悟りの為なり)

一、この石塔は如意輪観音の像を陽刻せり。

二、建立当時は、すでに梶原墳は鎌倉時代の源頼朝の郎党梶原景時と混同誤認されていた。大師、如意輪観世音の両石塔は文政9年(1826年)の建立なれば、鎌倉時代とは凡そ五百年以上後代のものなり。

以下に梶原塚に関する記事があります。

〇「堀船郷土史平成増補版」(平成28年刊)の24‐26ページ。

〇明治36年(1903年)の福性寺2017年1月11日http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/352

〇梶原堀之内村の安政時代古地図(国立国会図書館所蔵)2017年10月26日  http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/772

次回以降に、執錫杖大師像について書きます。


2019年10月31日

どこかの老人ホームに、毎週出かけます。お檀家におあいするためです。

ご存知の通り、また統計によりますと、通常、日本人は毎日入浴している人が80%弱で、そのつど洗髪をしていると言われています。

しかし、「お年寄りは週2回の入浴でよい」と私は「十分に考えずに」「なんのデータもなく」断定的に思ってきました。科学者らしくなかったです。また、思惟(仏教の世界では「しゅい」)しなかった?!「八正道」の正思惟(釈尊・お釈迦様・ブッダのように考える)しなかったのです。介護に関する法律では、週に2回(以上)の入浴が決められています。

自分たちは、当然のように毎日!入浴しています。入浴後は軽い運動をした感じです。大変、気分がよいです。釈尊も尼連禅河(にれんぜんが)で沐浴(頭と体を洗った)したあとに悟りを得て、カクッター川で沐浴したあと、涅槃を迎えましたね。

認知症の患者さんは、入浴や食事をしたことをお忘れになってしまうことがあることから、お年寄りの入浴回数を考え直す機会となりました。

老人ホームの午後 毎日午前中10時ごろから体操 があることが普通です 午後2時ごろから演奏・演芸・趣味の会や体操があることが多いです

老人ホームの午後 毎日午前中10時ごろから体操 があることが普通です 午後2時ごろから演奏・演芸・趣味の会や体操があることが多いです この日の津軽三味線の演奏は素晴らしかったです 私も帰ることを忘れるほどでした 聴かせて頂きました

もちろん、入浴回数が多ければ多いほどよいとは、ならないと思います。お年寄りのお身体の状態・個人差がありますので。また、入浴回数と健康や免疫力に関するデータを知りません。しかし、週2回は少ないかな?と考えるようになりました。それは、高齢者の皆さんも、体力の許す範囲で、お風呂に入って、入浴後の爽快感・幸福感をもっともっと味わってほしいからです。入浴に関しては、2回過去の「福性寺健康長寿講演会」でお話を聴いています。

ある老人ホームでは、週に3回以上の入浴を宣伝しているホームもあります。もちろん、人手とお金の問題があります。私の昵懇の老人ホームの施設長さんは、有料で入浴回数を増やしたいといつもお話し頂いています。お年寄りの立場に立っています。本当に立派です。

追加の入浴の料金は当然です。さらに、入浴回数を増やすことが、お年寄りの健康の増進や、老人ホームの人気につながると思いました。

ところで、両親の財産形成に何の貢献もないのですが、お年寄りのお金をお年寄りのために使うことに反対する子供がいますね。間違っています。これは「老人虐待」です。

皆様はどのようにかんがえますか?以下にお風呂に関する記事があります。

平成29年・2017年11月17日「晩秋 インフルエンザ予防のために」 http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/823

平成29年・2017年1月28日「春のお彼岸が待ち遠しいですね」 http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/390


2019年10月22日

「わかるように説明して下さい」ですかー?!ご質問を有難うございました。インターネットからの情報では、納得できなかったのでしょうか。

確かに、以下のように何度も地蔵菩薩とご真言についての記事を書いてきました。

〇令和元年2019年10月4日「梶原銀座地蔵尊まつり ぜひともお出かけ下さい」

 http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/4417

〇令和元年2019年5月29日「延命地蔵様 六阿弥陀一番目道地蔵菩薩」

 http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/3576

〇令和元年2019年5月25日「To comfort always」

http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/3547

〇平成30年2018年5月3日「住職もお墓参り」

http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/1262

住職にとって、不得意!な(苦笑)分野の質問を有難うございました。真言とはインドの古い言葉(梵語・悉曇)で書かれた、仏様の秘密の言葉です。寺の住職が、ボソボソと小声で唱えること(微音)もありますし、大きな声で唱えることもあります。

周誉師による地蔵菩薩真言 見事に美しい梵字を見て下さい 5・6世紀頃の北インド流行の書体を基本としています 田久保周誉著・金山正好補筆「梵字悉曇」(平川出版社)より

周誉師による「地蔵菩薩真言」 見事に美しい梵字を見て下さい 5・6世紀頃の北インド流行の書体を基本としています 田久保周誉著・金山正好補筆「梵字悉曇」(平川出版社)より

地蔵菩薩真言の現代僧侶の発音は「オンカカカビサンマエイソワカ」・「オンカカカビスミエイソワカ」です

令和元年・2019年10月4日の記事「梶原銀座地蔵尊まつり」にありますように、このご真言を唱えながら皆様に配布用のお守りを加持しました。

サンスクリット学者であった先代住職によれば、地蔵菩薩は「大地が備えている無限の力を象徴した菩薩」と考えられます。もちろん、仏陀の分(流)身です。

以下に、この真言を意訳します。思い切った意訳では、「ウァー!オー!皆、大いに称賛し大々歓喜する。能力無限の菩薩よ。祈念するところを成就したまえ」ではいかがでしょうか。カカカ(ハハハ)は、歓喜の擬音語と考えられています。地蔵菩薩はこのように笑うのでしょうか?なお、歓喜(かんぎ)は、仏法を聞き喜ぶですね。でも、単に喜びほめたたえるでしょうか?

以上は、田久保周誉著・金山正好補筆「梵字悉曇」(ぼんじ・しったん、平川出版社)などを参考にしました。この本はよく売れているようで、何度か増刷されています。また、「アマゾン」の書評でも、裏付けとなる学問のレベルの高さからとても好評です。

この真言は、三十五日忌法要で読みます。また、葬儀後の初七日忌法要でも、初七日、二七日忌、三七日忌、四七日忌の真言とあせて読むことがあります。

皆様も唱えてみてください。「オンカカカビサンマエイソワカ」力が湧きませんか?また、力が沸騰するように、沸きませんか?


2019年10月13日

 

透水槽(赤矢印)

令和元年・2019年10月12日(昨日)夕方 雨水浸透マス赤矢印)のおかげで水はけがよいです お墓の前や参道には御影石が敷かれています ひどい雨と風のためにご法事が二つとも延期となりました

台風19号により、境内・墓地はよごれました。しかし、お檀家のお墓は全て無事です。現在、参道を清掃中です。お昼頃から清潔になります。

隅田川の近く(80m)にある福性寺ですが、大きな被害はありませんでした。ご安心ください。北区滝野川や福島県からお見舞いのお電話を有難うございました。

福性寺の境内や墓地には、雨水浸透マスが15あります。直径は35㎝です。昨日・今日は大活躍していました。境内地に降った雨を大地に戻すためです。写真の浸透マスは、まだ水を吸い込んでいます。昨日、墓地を歩きました。多くの浸透マスが水を吸い込んでいました。

雨水浸透マスがたくさんあっても、樹齢60年以上のヒマラヤ杉の樹が3本も枯れそうです。私の子供時代に植えて成長を見てきた木が枯れるのはさみしいです。長年にわたり、植木職人さんの手をわずらわせてきた樹です。このため、今年のうちに浸透マスを新に四つ作ることになっています。

地表から見ると浸透マスと同じ形ですが、別の二つは下水とつながっています。また、正方形の下水につながるマスもあります。

皆様のお家でも、浸透マスを備えてみてはいかかでしょうか?

多くの雨水浸透マスが、「虚空蔵菩薩」のように無限の力を持って、雨水を大地に還元してくれる!「地蔵菩薩」のように大地の樹々など生物をはぐくむ力となってくれるといいですね。雨水浸透マスに期待しすぎでしょうか?


2019年10月4日

昨日(10月3日・木曜日)梶原銀座地蔵尊まつりで加持祈祷・読経をしました。お寺の行事ではなくて「梶原銀座商店街」のおまつりです。

梶原地蔵尊まつりにおける加持祈祷と読経

梶原地蔵尊まつりにおける加持祈祷と読経

この愛宕地蔵尊は子育て地蔵尊です。江戸時代から信仰を集めていました。江戸時代の梶原堀之内村の領主であった水野家から当地の小泉家が勧請(仏様を新たに迎えること)したものです。

地蔵尊のお守りを加持(お地蔵様の真言を音読し特別な力を与えます)し、先着250名の皆様にお守りを配布しました。皆様のお願いごとを、地蔵尊の誓いとしてもらいました。

なかなかの人出がありました。しかし導師ですから、「キョロキョロ」人出を数えることができません。威厳のある(ないですけれど!)態度で参加しました。

「梶原いろは亭」の落語家の皆様もおいでになっていました。

今日(4日・金曜日)は、4時から「お楽しみ抽選会」があります。100名分の景品があります。

さらに、「梶原いろは亭」(寄席 https://irohatei.jp/)のチケット10名分が景品です。


2019年10月2日

令和元年2019年9月16日「蓮と真言宗の里帰り権田雷斧師」の記事の中の「伝法灌頂」とは何ですか?メールによるご質問を頂きました。

http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/4280

この記事を書く前に、以下の帽子の記事のために「帽子」の写真を探しておりました。

令和元年2019年8月9日 「帽子売り場の写真ですか?」

http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/4064

令和元年2019年8月23日「防寒のための帽子お寺の世界の帽子とは」

http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/4124

帽子の写真を探しているとき、先代住職の「伝法灌頂」の記念写真が出てきました。この写真は、私の生まれる前の年(昭和23年1948年)に撮影しています。

「灌頂」とは、頭に水をそそいで、仏道がある段階にまで進んだことをしめす儀式といえます。そそぐ水はとても少ないので、びしょぬれにはなりません。

昭和23年1948年4月2日伝法潅頂厳修記念と書かれています

昭和23年1948年4月2日 伝法潅頂厳修記念と書かれています 中央が先代住職 帽子を着用しています 皆様がとても威厳がありますね

「伝法灌頂(でんぽうかんじょう)」とは、お大師様(弘法大師)が唐の都・長安の青龍寺で、恵果阿闍梨からこの灌頂を受け(805年)、日本に伝えました。お大師様は「伝法灌頂」を受けた翌年・806年に唐(チャイナ大陸)から帰国しています。

真言宗における「四度加行(しどけぎょう)」という密教の修行を真言宗寺院(=道場)で終わり、一定の僧侶の階級をえた人のみが受けることができます。灌頂の中の最後の灌頂と言えるのでしょうか。

お大師様(弘法大師)以来の真言宗の1200年以上の歴史の中で受け継がれてきた法を伝え受け継ぐための秘密の儀式です。

このため、お檀家や一般の皆様は見ることができません。また、灌頂自体の写真もありません。

「伝法灌頂」において秘法を伝えた側の僧侶は、「伝燈大阿闍梨(でんとうだいあじゃり)」となります。授かった側の僧侶(受者)は、真言宗の僧侶として、ふさわしい僧侶として認められます。また、伝法灌頂を受け伝燈大阿闍梨の位を得て、弟子を持つこと(教師資格)が許され、いわば、正式の僧侶となるとも考えられます。

以上は真言宗の専門家(宗乗学者)からみましたら、簡単すぎて冗談のような説明だと思います。専門家の皆様!ごめんなさい。追加事項をメールでご教示下さい。

次回以降に私の「伝法灌頂」を書きますね。


2019年9月20日

境内・墓地を歩いてみました。墓地清掃の担当の二人から、今日は蚊が全くいないです!とのこと。昨日の樹木の消毒の効果が大きいです。お中日(23日)までは、蚊の被害はないか、少ないと思います。お子様にも安全に墓参頂けます。

すでにたくさんのお墓に生花があります。昨日までに、墓参においでになっているようです。明日からの3連休で旅行などを楽しむのでしょうか?今日も9時前から墓参の皆様がおいでになっています。

今日の福性寺本堂の内陣

今日の福性寺本堂の内陣  前机の上には大型のユリの花 胡蝶蘭の供花が到着しています 真ちゅう製の仏器は磨き上げられ清潔です ご本尊様は皆様の読経会へのご参加をお待ちになっています

「仏説摩訶般若波羅蜜多心経」のなかの「波羅蜜」(もしくは「波羅蜜多」)は、サンスクリット語の「パーラミター」に似た発音の漢字の組み合わせです(=漢音訳・音訳・転写)。「パーラミター=波羅蜜多」の意味・中身を漢字に翻訳したものが「到彼岸=彼岸に至る(到る)」です。彼岸とは、さとりの世界・理想的な世界・涅槃でしょうか。

仏事の「お彼岸(会)」とは、釈尊(お釈迦様・ブッダ)の勧める行うべきこと(分け与えること・守るべきことをまもること・努力を怠らないこと・心の平安をたもつことなど)を、どの程度できているかをチェックする日でしょう。

もちろん、お墓参りの日で構いませんけれど。

お中日(23日・秋分の日)午前11時から、「仏説摩訶般若波羅蜜多心経」を読みにお出かけ下さい。「社会参加(外出)」は「栄養」と「運動」とならんで、健康長寿の延伸と認知症予防に効果があります。

西洋音楽仏讃歌「おちかい」も歌います。本ホームページのメニューの年間行事に「おちかい」のビデオがあります。

どなたでも参加頂けます。ご親戚・ご友人などをお誘いのうえで、おいで下さい。毎年の秋の彼岸会の読経会の様子を以下でご覧下さい。

平成30年: http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/1811

平成29年: http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/709

平成28年: http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/211


2019年9月17日

シアトル高野山(https://seattlekoyasan.com/ja/)住職今中太定師から、転載許可を頂きました。私、私の家族や友人が最も尊敬する僧侶のお一人です。

ニューズレターには、僧衣で病院の患者様のベッド近くにお立ちの写真があります。また、今中師のお嬢様のお写真などもあります。お元気な患者様のお写真だけを転載します。文章はそのままです。

      シアトル高野山 2019年9月ニューズレター

正子様

シアトル高野山の檀越(だんのつ) 正子様

 シアトル高野山は宙に浮かぶ宮殿ではなく、普通の人々によって支えられる、慎ましやかなお寺です。どんな人たちかと申しますと、例えばこの写真の中におられる方がたのような。

当山のメンバーのお一人である正子さんは、肝臓癌により余命あと二週間と医師に告げられています。現在96歳です。このお寺を雨の日も風の日も、60年以上支え続けてくださいました。

    彼女はお大師さまが大好きで、天ぷらが大好きで、カジノが大好きです。カジノで勝ったらすべてお寺にドーネーションしてくれます。そして実際よく勝ちます。

    お寺にたいしてだけでなく、彼女は人によく施しをします。ギブ&テイクではなく、キブ&ギブ&ギブの人です。人の悪口を言っているのを聞いたことがありません。怒っているのを見たことがありません。

    なぜそこまで寛容に人に与えることができるのか、彼女に尋ねたことがあります。間髪入れず、「だって、お大師さんがそうだから!」と笑顔が返ってきました。まるで自慢の叔父さんのことを語るかのように。今日までシアトル高野山は、彼女のような、美しき、普通の人々によって支えられてきました。

    正子さんが来たるべき体と心の変遷の時を、穏やかに通っていかれますように。どうか皆さまもお祈りください。お大師様、お願いします。

南無大師遍照金剛 南無大師遍照金剛 南無大師遍照金剛

合掌

太定 contact@seattlekoyasan.com    206-325-8811

 

以下にシアトル高野山に関します過去の記事のリンク(抜粋)を書きます。

http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/3028 臨終と今中師についての文章があります。

以下もご覧下さい。

http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/1459

http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/782

http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/581

http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/61

 

 


2019年9月16日

蓮の葉満載の軽トラックです このまま公道を走ってはいないと思います

蓮の鉢の帰省 蓮の葉満載のトラックです この車の後ろを運転しましたら気分がよいのではないでしょうか?釈尊(お釈迦様)の教えの「広告宣伝車・アドトラック」となりました 繁華街でみるハデハデな宣伝車とことなり景観によい影響を与えそうです 東京駅周辺・銀座やニューヨーク・パリを走らせたいですね!

お檀家や町内の皆様に、美しい花を咲かせて楽しませてくれた蓮の鉢が帰宅します。植木屋さん(マコト造園)のもとに里帰りです。来年の春のお彼岸過ぎまで、植木屋さんのお家で休んでもらいます。

ところで、真言宗も里帰りをしていることをご存知ですか?真言宗の大もとは、お大師様(弘法大師)が唐の国から日本に伝えたものです。お大師様は遣唐使船により804年に出発して806年に帰国しました。しかし、その後のチャイナ大陸は、主流が禅宗系や浄土宗系になっていました。

大正時代に真言宗を中国に里帰りさせた僧侶がいます。権田 雷斧(ごんだらいふ)師です。江戸時代の1847年生まれで、昭和9年(1934年)に亡くなっています。新潟県出身で、子孫の方も僧侶です。この方は大正大学の学長、総本山長谷寺の能化(住職)、豊山派の管長でした。

大正時代(13年、1924年)に中華民国(1912年までは清国)において、「伝法灌頂」を中華民国の人々に授けて、真言宗を布教しました。79歳!のときです。

昭和24年(1949年)に中国共産党による革命後、つまり中華人民共和国の成立後の中国の真言宗には、不幸なことが多かったらしいです。しかし、香港、ベトナム、アメリカ、カナダには、権田師の灌頂を受けた方々の子孫が活発に活動しています。特に、「香港居士林」はよく知られています(http://www.buddhistmantra.hk/)。

ところで、福性寺の本堂の扁額「白王山」は権田雷斧師筆です。以下で扁額のイメージを見ることができます。

〇本ホームページ「境内のご案内」http://fukushoji-horifune.net/precinct/

〇「福性寺の歴史第6版」53ページ。でも、実物を見に来て下さい。とても伸びやかな字です。大きくて立派です。


2019年9月1日

平成31年2019年2月5日の記事「土手医者!見通すとは?」の続編かな?と思います。

http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/2620

現在でも、私は病理医(学会認定病理医、日本食道学会食道科医)として、顕微鏡をときどき見ています。

顕微鏡の穴の底を見ますから、井戸医者(周りが全くが見えない)ですか。見る!で思い出すのは、釈尊(お釈迦様、ブッダ)です。ものを正しくよく見て考えること(「釈尊のように見る」:正見)がとても大切と言っています。

研究所や病院で、私が見ているものは「切片(せっぺん)」です。臨床医が手術でヒト(生物学の種としての人間を表すときにはカタカナで書きます)から切りとった小さな組織(「生検」組織)です。これを顕微鏡で観察できるよう(光が通り抜けるように)に、臨床検査技師が切片を作製します。観察されるヒトの組織の細胞の形や色から、癌細胞(悪性)か癌ではない(良性)かを、病理医が診断しています。これを「病理診断」と言います。癌では「最終診断」となります。外科医などが生検したり、手術で体外に取りだした組織を病理診断する分野を「外科病理学」と言います。機会を見て、誤診についても書きますね。

アゲハ蝶のさなぎです

アゲハチョウの「さなぎ」です 数日でアゲハチョウになります 3日後には羽化していました

もちろん、釈尊のように見る(正見)ことはできないのですが、努力して、正しい病理診断に至るように心がけています。専門領域に関しては、少しだけ!自信を持っていました。

ところで、最近、庭のレモンの樹をじっと見ておりましたら、アゲハチョウの「さなぎ」がありました。大切にしている樹ですから、ほとんど毎日、この樹を見ていました。幼虫(いもむし)には気がつきませんでしたね。3-4週間は幼虫の姿で樹にあったと思います。

小さい幼虫は、茶色から黒ですぐ気がつきます。また、大きくなると緑色で枝にいることが多く、幼虫は太く枝は細いので気がつきます。しかし、今回は3週間以上も見落としていたことになります。

急に自分の観察力・診断力に自信がなくなりました。釈尊から、もう少し「正見」の意味を勉強するようにとのお言葉が聞こえそうです。


カテゴリ
過去の投稿

ぜひ、福性寺のホームページをお気に入りに追加下さい。
最新情報を更新しておりますので、ご覧下さい。