真言宗豊山派白王山中台院福性寺真言宗豊山派白王山中台院福性寺
  • おばあさん、おじいさんとも歩きたい(陳情中)

最近の投稿

カテゴリ

過去の投稿

2019年5月29日

親はいつも子供の健康と成功を祈念しています。最近の子供虐待のニュースにであいますと、そうでもないのかな?と悲しい気持ちになり心配になります。

ところで、福性寺門前には「延命地蔵」様(天和2年・1682年建立)が安置されています。前回の令和元年5月25日の記事に写真があります。リンクは以下です。

http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/3547

六阿弥陀一番目道のお地蔵様

江戸六阿弥陀一番目道のお地蔵様 お顔の表情がわかりませんね しかし舟形の右下にお施主様名があります

延命地蔵様は昔から子供の長命と加護をお願いする仏様です。この仏様にお参りすることは、子を守り寿命を延ばすことを地蔵菩薩の誓いにしてもらうことです。そのような願いは、医療の発達していなかった時代、子供が亡くなることが多かった時代には、切実であったと思います。このためか「お地蔵様」や「お薬師様」(別名を「医王善逝」)をご本尊様とするお寺はとても多いです。子供への愛情は時代によって変化していないと信じたいです。

延命地蔵様の左にも舟形のお地蔵様があります(写真)。お地蔵様の左には「六阿弥陀左一番目道」と彫り込まれています。福性寺のお隣の「江戸六阿弥陀」第一番札所の西福寺様への道標となっています。右には、明和7年・1770年2月に建立と記され、「施主 石井与市右□□」様と書かれています。お名前の「右□□」の部分は、右ヱ門様でしょうか?ご自分の長命を祈念するよりも、お子様・ご子孫の健康長寿を祈念して、この仏様を建立したのでしょう。石井家は福性寺のお檀家の10%近く(20軒)を占めています。

この記事は「福性寺の歴史」(3400部近くを配布済み)の次の版(第7版)に追加の予定です。

梶原商店街の愛宕地蔵尊関する記事は以下です。

http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/724


2019年5月25日

延命地蔵様(天和2年・1682年建立)

延命地蔵様(正面・天和2年・1682年建立)右に子育地蔵様 子供の長命を祈念しています おさい銭は南アジアの子供の奨学金になります(説明書き) 左に大正8年1919年に東洋紡績の有志一同が寄付をした水鉢があります。東洋紡績は以前のキリンビール現在のプリントメディアの敷地に昭和16年・1941年までありました

先日、病気に悩むお檀家(高齢男性、難病です)との会話の中で、そのお檀家の主治医に対するご意見=評価をお聞きしました。評価が低い時にお返事に困ります。

このような時、Ambroise Paré(1510~90)の言葉を紹介しています(孫引きで、本当にParéの言葉である原著を読んでいません)。実は、ほかのお檀家にも、何度も話したことがあります。「To cure sometimes, To relieve often, To comfort always」、「時に治し,しばしば苦痛を和らげ、常に慰める」、医師は時々(sometimes)病気を治すことができる。医師は病気を治すことは、いつもできる訳ではないのです。患者の症状(痛みなど)をやわらげることは、しばしば(often) できます。患者に慰めを与えることは、常に(always)可能ですね。この言葉は医学・医療の本質を表したものとして、医師の間では、よく知られています(と私は思っています)。医学部の医学概論や医学史の授業で習うことがあるからです。なお、Ambroise Paréは哲学者ではなくて外科医として知られています。

釈尊(お釈迦様・ブッダ)の説法は、全て「To comfort always」だったのですから素晴らしいです。と言うよりも、「To comfort always」「安心」のための釈尊の説法でした。ところで、「慰めを与える」ことは、人であれば、医師資格の有無とは無関係に、誰にでもできますか?そのためには、相手をよく知っていることが前提ですか?

最近、大きな法要で、法話を依頼されます。「To comfort always」ができません。後日、もう少し書きます。

昨日(5月24日)は東大和市で施餓鬼会の式衆でした。「式衆」の説明は以下にあります。

http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/2068

7月や8月ではなくて、春に施餓鬼会を行う寺が増えました。「暑い施餓鬼会から涼しい施餓鬼会に」の記事は下記のリンクです。昨日は夏のような暑さでした。

( http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/1553


2019年5月21日

燈篭と燭台の右の蓮のモデルが常花です

常花は須弥壇の上にあります 燈篭と燭台の右の蓮のモデルが常花です 花瓶を含めて1.4 mの高さです ご本尊様とお大師様(弘法大師)が左右になってしまいしました 右上(お大師様の上)にはご本尊様の応援団である飛天の天衣(はごろも)が見えます

5月17日の記事の中で、ご本尊様の両隣には、常花(じょうか)と呼ばれる金箔おしの木製の蓮華が置かれていますと書きました。毎日、朝と晩に2回見ている常花を見たいと言う方がおいでになるとは、思いませんでした。見たことがないとのお知らせを有難うございました。

常花とは、いつも同じ姿の花を意味していますか?ご来寺のおりにご本尊様の左右を見て下さい。また、ご法事のおりなどには、写真説明の中にある飛天(昭和45年・1970年 石井英四郎様ご寄付)も注目下さい。

今朝も献茶をしました。数日前までは、2軒のお檀家から頂きました新茶をご本尊様やお大師様に献茶していました。私も頂きました。高価なお茶を有難うございました。

現在は、私が埼玉県立がんセンター研究所で同僚であった医師から頂いた新茶を仏様に差し上げています。大変な量のお茶を頂きました。当分、仏様の献茶のあとのお茶を私も頂きます。かさねて有難うございました。

 

 


2019年5月19日

瑞応寺のご住職様からは掲載許可を頂いています

緑の中の大きなゾウを見て下さい 桜の樹とツツジの樹に囲まれています あまり目立ちません しかしとても幸せそうです 瑞応寺のご住職様からは掲載許可を頂いています

昨日、大きなゾウについて書きました。5月18日の記事の2枚目(下)のイメージの説明で「涅槃仏様前の蓮の鉢です 到着後5日目です ゾウとキジが見えます このほか見えていませんがウシとトラ(の像)が釈尊の左前で涅槃を悲しんでいます もっともっと大きなゾウがあるとよいですか?」と書きました。

思い出しました!境内に大きなゾウ(の像)をお持ちのお寺があります。1年ほど前のお葬儀の後、足立区の真言宗豊山派瑞応寺様の前を車で通った時、境内地の木陰にたたずむゾウを見ました。しかし、びっくりしました。境内地に大きなゾウをお作りになる住職様がおいでになるのですから!車をとめて写真を撮りました。仁王様もありましたがゾウだけを写真にとりました。スマホの中にありましたので、アップしますね。境内地がゆったりとしていて、駐車場も広い瑞応寺様でした。もちろん、頭が二つに分かれているので、アジアゾウ(昔はインドゾウと言いましたね)ですね?!牙が大きくないですし、お寺の境内にあるゾウですから。

真言宗豊山派瑞応寺様(http://www.zuiojitemple.or.jp/index.html)

 


2019年5月18日

本日早朝の樹木消毒 植木職人さんは3人です 墓地の管理のお二人が手前に見えます

本日(5月18日)早朝の樹木消毒 植木職人さんは4人です すでに道に隣接する樹々の消毒は終わっています 墓地の管理担当のお二人が手前に見えます

到着後5日目です

涅槃仏様前の蓮の鉢です 到着後5日目です ゾウとキジが見えます このほか見えていませんがウシとトラ(の像)が釈尊の左前で涅槃を悲しんでいます もっともっと大きなゾウがあるとよいですか?

植木職人さんによる植木の手入れが始まりました。

墓参時や境内をお歩きになる時は、足もとにお気を付け下さい。

区道沿いの樹木の消毒前には、道を隔てて隣接するお家の皆様には、福性寺の植栽の維持のために消毒する旨のお手紙を差し上げています。消毒のための薬剤の種類にも配慮して、また短時間で終わるようにしています。植木職人さんには、安全のために最善を尽くしてほしいとお願いしています。どうか宜しくお願い致します。

お盆(盂蘭盆会)の直前に、再度消毒をします。お盆の墓参の時の蚊などの虫刺され予防のためです。お子様方にも安心して墓参できる環境を整えたいと考えています。

その後は、8月と秋のお彼岸の直前に消毒します。消毒後数日から1週間で蚊が出てきます。このため、お盆やお彼岸の墓参は、早めをおすすめしています。

「蓮の様子を知りたい」とメールを頂きました。難うございました。5月13日に到着した蓮です。元気のよい蓮の鉢をアップします。今年は立ち葉が早く上がってきています。すでにすべての鉢で立ち葉を見ることができます。「マコト造園土木」様が鉢の中の土づくりを頑張った証拠ですね。

2017年7月4日(http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/562)のように、美しい花をつけてほしいです。

 


2019年5月17日

駐車場に仮置きされた蓮の鉢です

駐車場に仮置きされた蓮の鉢です 境内や墓地に配置する前です すでにお散歩やご通行の皆様が蓮の鉢の中をのぞき込んでいますね すでに立ち葉がかなり出てきています(5月13日撮影)

蓮の鉢が到着しています。マコト造園さんにお預けしていた蓮の鉢です。今年は鉢の中の土をかなり頑張って作ったそうです。蓮のための土は、荒木田土と「企業秘密」(笑)の成分からできているとのことです。蓮の開花が楽しみです。確かに、住職(全く素人)が蓮根を新たな土に入れ替えますと、花の咲く数が激減します。企業秘密を知りたいところです。

福性寺のご本尊大日如来様の台座は蓮華をかたどった蓮華座です(「福性寺の歴史第6版」46ページをご覧下さい)。また、ご本尊様の両隣には、常花(じょうか)と呼ばれる金箔おしの木製の蓮華が置かれています。百年近く前(昭和3年・1928年)堀江松五郎様が奉納したものです。それにしましても、仏教のお花と言えばやはり蓮ですね。お寺に、にあいます。参道に配置が終わりましたら、またイメージをアップします。

6月末には開花すると思います。どうか見物(かたがた墓参)においで下さい。

去年以前の蓮に関する情報のパーマネントリンクを下に書きます。

2017年7月13日のパーマリンクの蓮華が美しいです。

2017年7月13日(http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/567

 

2018年7月19日(http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/1525

2018年6月17日http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/1419

2017年8月12日(http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/620

2016年6月23日(http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/168

2017年6月8日(http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/545

 

 


2019年5月16日

令和元年5月16日のご本尊様

令和元年・2019年5月16日のご本尊様 お彼岸にご奉納頂いた胡蝶蘭(こちょうらん)はまだ元気です もう一つ胡蝶蘭をご奉納頂きました 寺にお預けのご先祖様のお位牌に胡蝶蘭を見て頂きたい!とおっしゃるのです

お寺では、四十九日忌を七七日忌と言うことが多いです。

以下は福性寺の場合です。

福性寺のお檀家は、七七日忌=四十九日忌には、法要後ご遺骨をお墓に納めることが多いです。

当日、お檀家にお持ち頂くものは、ご遺骨、お布施、お塔婆布施(お塔婆料)です。お茶代やお膳料を頂くこともあります。寺でご用意した生花とお供物(水菓子など)と石材店への支払いのためのお金も必要です。

ご本尊様前のお生花、お墓用のお生花、ご本尊様前のお供物は、寺でご用意することが普通です。参加者へのご接待のための、お茶とお茶菓子は、寺で用意しています。しかし、立派な和菓子や洋菓子をお持ちになるご家庭も多くあります。お招きした皆様を大切にするということでしょうか。お線香は寺に常備しています。栃木県鹿沼市の国産のスギの葉のお線香です。日光などのスギの葉ですね。

また、可能な限りお墓の清掃を寺が行っています。一応、お檀家に事前にお墓の掃除をするようにお願いはしていますけれど。しかし、大きなお墓や、寺に人出がない時には、寺によるお墓の清掃はできません。大きなお墓では、千~二千円程度を墓地の清掃の担当者にお渡しするようにお願いしています。

しかし、最も大切なことは、いわゆる「忌明け」のお気持ちをご遺族の皆様に持って頂き、少しでもお元気になって頂くことでしょうか?


2019年5月13日

早朝の学会会場

令和元年5月11日午前7時25分早朝の学会会場 8時には多数の病理学者や病理医が集まりました

令和元年・2019年5月9-11日は、「第108回日本病理学会総会」でした。有楽町の東京ホーラムで開かれました。9日(金曜日)には、私も1題発表し口演でした。「肉腫は前がん病変がなくて発生する」との定説に反対して、「脂肪肉腫は脂肪腫(良性腫瘍)から発生する」と言うものです。身体から出っ張っているもの(脂肪腫など)や、かたいもの(癌など)ができてきましたら、医師に相談ですね。

70歳(私です)!でまだ一般演題(大学院生や若い医師が演者に多い)をやっているの?!とあきれられ驚かれました。学会は午前8時から始まります。さらに早い時間からの会議もあります。11日(土曜日)には、寺を7時前にでて、以前の共同研究者の講演を聴きに出かけました。到着は7時半前で会場には2人だけで、座長(司会)と私だけでした。それでも、講演開始時間には30人以上があつまり、ホットな議論がありました。早朝から病理学者・病理医は頑張っています。

この日、11時からの法要に備えて、いそいで寺に帰りました。お施主様(発起人兼スポンサー?)には、車椅子が必要です。寺の車椅子を掃除・用意して、いつも通り車椅子担当の助手!の男性も手配しました。福性寺はバリアフリーではないのです。本堂と客殿の近くまでお墓がありスロープを作る余裕がありません。このため、事前の準備により、車椅子のお施主様を受け入れる準備は万全と思っていました。しかし、残念なことに、お施主様の突然のご病気で、入院となったため欠席となりました。安定はしているようです。亡くなった方は、もう一度亡くなりませんから(つまらないことを言ってごめんなさい!)、入院中のお母様を大切にして下さい!とお子様などにお話ししました。

また、ご本尊様、本位牌(漆塗りなど)、仮位牌(白木)、ご遺影、供花、参加者など本堂内とお墓参りの様子など、たくさん写真を撮影して、入院中のお母様にご覧頂くようにお願いして、たくさんのイメージのお土産を実行して頂きました。私も、お檀家への最近のお見舞いには、iPaDやラップトップパソコンは必需品ですね。ご本尊様やお墓のイメージを持ち歩いています。また、寺のホームページをご覧になって頂いています。お檀家の皆様には、喜んでいただけますね。


2019年5月10日

「母の日の墓参」の季節です。

最近、驚いたことにPCをお母様(70歳代後半)にプレゼントして、「最初の画面を福性寺にセットしたんです」とお檀家からお聞きしました。母の日プレゼントでしょうか?福性寺のホームページのトップは航空写真ですから、こちらのお檀家のお墓を確認できるとのことでした。

母の日プレゼント

母の日プレゼントが到着しだしました 涅槃仏様とお仏壇にお供えします

「お母様孝行ですね!」とお話致しました。そのお檀家からは、「子供にスマホを持たせて静かにさせるのと同じじゃない?!とご家族から言われました!」と笑いながらお返事がありました。

確かに、ちいさなお子様にスマホを持たせている若いお母様をよく見ますね。「いやいや、お墓を見ることができるので、お母様ばかりでなくご先祖様にも孝行でしょう!」と訳の分からないこと(=証拠のないこと:笑)を住職はお返ししましたね。このお話を以前ご紹介した医学者の先生(2019年4月27日記事)にお話しすると、「PCは8~10万円で買えますから、いいお話ですね!」とお応え頂きました。

2019年4月27日記事は下記のリンクです。

 

 

http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/3290


2019年5月6日

5月5日は法務(年回忌法要など)のないゆったりした1日でした。今年も玄奘祭(さいたま市岩槻区)と、老人ホーム(吉川市)に出かけてきました。以下のリンクは2年前の玄奘祭の記事です。

http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/482)。

最初に玄奘三蔵法師塔(写真)の前で「仏説摩訶般若波羅蜜心経」を読みました。慈恩寺に通じる2車線の道から枝道に入ると、三蔵法師塔があります。枝道の入り口に案内板はありません。しかし、塔の前に駐車スペースはあります。やはり、修行の足りない僧侶(私です)でも、塔のまえで心経を読むと感激しますね。

玄奘祭は参加者が増えて、年々盛んになっています。子供たちは孫悟空の稚児衣装でした。僧侶、稚児(孫悟空のコスプレ?)、お父様・お母様、猪八戒、沙悟浄、白馬など二百人の行列が慈恩寺から玄奘三蔵法師塔まで練り歩きます(写真)。11時出発でした。

あれ!孫悟空と玄奘三蔵がいない?と思いました。孫悟空はたくさんのお子様でしたね。猪八戒と沙悟浄の後ろの(小)孫悟空をご覧下さい。しかし、玄奘三蔵のお姿はなく白馬だけでした。7歳以下のお子様に無料で稚児衣装が貸し出されています。

玄奘三蔵法師塔

玄奘三蔵法師塔 お生花・お供物(果物・農作物・お菓子など)が所狭しと並んでいました 縦に積み上げた経本も並んでいました 「大般若転読会」をするのでしょうか? 周囲のテントや椅子には沢山の人が集まっています ご信徒お檀家町の皆様が協力しています 拡大しますと左手に玄奘三蔵のお像(木の陰)と正面に一対の梵字のマニ車(摩尼車=転経器?) 梵字のマニ車:さすがです!玄奘三蔵の得意とした梵語・梵字ですから

お練り:パレード開始です

お練り:パレード開始です 猪八戒(赤)・沙悟浄(緑)と(小)孫悟空です

街道沿いのお店で昼食後、吉川市の老人ホームに出かけました。この時季のお土産は、柏餅です。お訪ねした方は96歳!です。しかし、新聞を読むことができ、週刊誌も読んでいると言うのです。以上は、ホームの職員から聞きました。職員は親切です。私どもにお茶まで頂きました。普通は85歳ごろから、眼鏡をかけてもなかなか視力の出ないようになります。しかし、この方はラッキーですね。頑健な身体はご両親からで、ご両親に感謝をしているとのことでした。車椅子歩行です。脚のむくみ以外は健康に問題がないとのことでした。楽しい昔話となりました。1時間ほどお邪魔をして帰りました。

夕方からは、お檀家のご親戚(ご信徒)の訪問がありました。お母様のお葬儀の相談です。「お母様の思い出話」を、お嬢様・お孫様と楽しくお話ししました。葬儀にご使用になるお写真(遺影)を、一緒に選びました。若い時のお写真をおすすめしました。また、故人の一生・人生を振り返りながら、お子様方とお戒名のご相談をしました。採用した文字は、「慧」「飛」「範」などです。

玄奘三蔵に関しては、「西域の砂嵐 玄奘(げんじょう)三蔵」(2018年12月14日)も見て下さい。(http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/2161

 

 

 

 

 


カテゴリ
過去の投稿

ぜひ、福性寺のホームページをお気に入りに追加下さい。
最新情報を更新しておりますので、ご覧下さい。