真言宗豊山派白王山中台院福性寺真言宗豊山派白王山中台院福性寺
  • おばあさん、おじいさんとも歩きたい(陳情中)

最近の投稿

カテゴリ

過去の投稿

2016年9月24日

9月22日(彼岸のお中日) 米国シアトル高野山の今中太定師にご来寺頂きました。6月22日以来のご来寺です。高野山で約1ヶ月のご修行のあとに、おいで頂きました。お檀家の仏様全てのご供養のために、読経して頂きました。

現在、「福性寺の歴史」の第4版を作っています。「福性寺の歴史」は言い伝えではなく、人文科学的な観点から寺の来歴が書かれています。

第3版から本の英文要約と写真の英文説明がついています。第3版のInvitation to Fukushoji templeの部分(本の英文要約)と写真の英文説明は、英文校正をすることなく発行しました。
しかし、今回の4版は、今中師と奥様のジェシカ ルドシャー イマナカ様(シアトル大学准教授)に英文法を中心に校正頂きました。

来年(平成29年)早々に、お檀家、ご信徒の皆様にお送り致します。ご笑覧下さい。


2016年9月24日

読経会 般若心経の音読

読経会 般若心経の音読

大東亜戦争・太平洋戦争戦没者追悼コンサート

大東亜戦争・太平洋戦争戦没者追悼コンサート

本日9月24日(土曜日)は、13時から戦没者追悼コンサート、14時から読経会を開きました。
あいにく、雨天でした。しかし、たくさんの皆様にご出席頂きました。ご出席の皆様に心からお礼を申し上げます。

最初に次第をご説明致しました。

次に東京大衆歌謡楽団が、1時間にわたり昭和歌謡(憧れのハワイ航路など)を歌いました。
戦没者追悼コンサートで気がつきましたが、普段お静かな皆様も非常にお元気になり笑顔で帰宅して頂いた方が多いことでした。元気が出ましたとのお言葉を頂戴しました。大変有り難かったです。また、同じ企画をするようにとのお言葉を頂戴しました。また、出席者も歌いたいとのご意見もありました。

コンサートの後、読経会となりました。住職らの読経(四智梵語、オーンで始まるお経)と表白(日本語で意味がわかります)の後、お檀家の皆様と般若心経、光明真言などを唱えました。
次にお檀家の皆様は、ご本尊様、お父様、お母様、ご先祖様、戦没者の仏様にお焼香を致しました。14時半頃散会しました。

どうかお檀家、ご信徒の皆様には、次回の読経会には是非とも足をお運び下さい。
次回の福性寺の行事は11月12日(土曜日)午後2時からの健康長寿講演会堀船郷土史を語る会です。ご参加下さい。


2016年9月22日

9月21日早朝 雨がやんでいました

9月21日早朝 雨がやんでいました

今回のお彼岸は雨の日が続いています。それにもかかわらず、墓参においで頂きお礼を申し上げます。今日はお彼岸のお中日(秋分の日)ですが、ほぼ全てのお墓に生花が供えられています。

福性寺の墓地の参道は、全てミカゲ石製の敷石がくまなく敷き詰められています。しかし、雨のため滑りやすいところがあります。ご注意下さい。
参道はほぼ完璧に清掃されています。また、彼岸花も参道脇に満開となっています。境内は神聖な空気に包まれています。
小雨や曇天のおりに墓参においで下さい。

彼岸会読経会は24日(土曜日)午後1時から開始します。今年は戦没者の慰霊法要をかねております。2時半に終了予定です


2016年9月8日

2時から 第4回福性寺健康長寿講演会
演者 青柳幸利(あおやぎ ゆきとし)先生
所属 東京都健康長寿医療センター研究所副部長
演題「ガンや認知症などの生活習慣病全般を病気別に予防する日常生活とは?」
住職コメント 定年後に時間が余って困ります!などのお話をお聞きします。どうか講演会にご参加下さい。
ちまたには科学的根拠の乏しい長生きに関する情報があふれています。どうか科学的な裏付けのある健康長寿に関するお話を聞くためにご参加下さい。青柳幸利先生は素晴らしい学術論文をお書きになっていると同時に、NHKなどのテレビや各種の健康講演会で引っ張りだこの先生です。研究を通じて、ある町の医療費を減少させたことでも知られています。知的な講演を楽しみましょう。また、健康で長生きを楽しみましょう。ちなみに、お釈迦さまは80歳の時に入滅(死亡)されました。

3時から 第5回堀船郷土史を語る会(歴史講演会)堀船郷土史を語る会主催
演者 石倉孝祐(いしくら たかすけ)先生
所属 北区飛鳥山博物館学芸員
演題 「浮世絵に見る北区の江戸時代」
住職コメント 旧梶原堀之内村、旧船方村、旧郷戸(堀船1丁目)、堀船、北区の歴史を学び、知的な満足を得たいと思います。石倉孝祐先生はご専門の学問以外では、北区の郷土史のエキスパートです。飛鳥山博物館の学芸員として、本当にいそがしい毎日を過ごされています。しかし、何度も本講演会での講師を引き受けて頂いております。過去の講演でも本当に勉強になりました。今回はたくさんの浮世絵を見ることができそうです。浮世絵を通じて当時の風俗なども知ることができますね。今回も楽しみです。


2016年9月8日

ようやく少しですが涼しくなりました。お檀家の皆様には、ご健勝に9月を迎えられましたでしょうか。彼岸花も咲き始めました。
本堂玄関は9時から16時まで開いています。ご本尊様にお参り下さい。また、冷水(アクアクララ)を本堂玄関に用意しております。熱中症の予防のために、お水をお摂り下さい。
お彼岸の直前に墓地を消毒致します。7月の盂蘭盆会(お盆)にも消毒しました。盂蘭盆会と同様に蚊はほとんどいないと思います。ご安心の上、墓参においで下さい。
なお、虫除けスプレーや殺虫剤も用意しております。ご遠慮なくご使用下さい。
今回の彼岸会読経会は9月24日(土曜日)13時から行います。 お中日(秋分の日、22日)には、読経会や行事はありません。


2016年7月24日

お盆の墓参はお疲れ様でした。たくさんの皆様に墓参頂き有り難うございました。事前の消毒が効いて、蚊はほとんどいませんでした。ところで、これから本格的な暑さが来るようです。涼しくなりましてから、墓参においで下さい。
今年の秋分彼岸会読経会は9月24日(土曜日)の午後1時から開きます。お中日(秋分の日、22日)には行事はありません。

黄色のリコリス

黄色のリコリス

紫色のリコリス

紫色のリコリス

20本ほどの黄色や紫の彼岸花が境内や墓地で咲き出しました。これは彼岸花の西洋種であるリコリスです。8月の盂蘭盆会前に、彼岸花?とは不思議です。通常、リコリスは福性寺では8月末に咲きます。今年はリコリスの勘違いで、7月の盂蘭盆会には咲き出してしまいました。
秋のお彼岸の頃には、赤や白の彼岸花が開きます。お彼岸には、墓参においで下さい。


2016年7月10日

暑い日が続いておりますが、皆々様におかれましてはお元気にお過しでしょうか。
お盆の季節が参りました。福性寺のお盆の期間は7月13日から15日までです。

7月10日の蓮

7月10日の蓮

どうか、墓参においで下さい。
例年通り本堂玄関に冷たいお水をご用意しております。熱中症の予防のために、のどを潤して下さい。。
7月8日には虫刺され予防のために、木々などをくまなく消毒しました。このため、蚊の被害は少ないと思います。しかし、庫裡(くり・住職住まい)に虫除けスプレーが用意されています。どうかご利用下さい。
写真は今朝の蓮の花です。たくさんの蓮の花が咲いてきました。


2016年6月23日

今年の開花一番

今年の開花一番

6月22日(水曜日):シアトル高野山のご住職様である今中太定師にご来寺頂きました。本堂において読経をして頂きました。福性寺のお檀家の仏様・ご先祖様の全てをまつる当山檀越一切精霊位牌の前での読経で、お檀家の皆様のご先祖様供養でした。その後、私がシアトルを訪れた時と同じように、夕食をご一緒して頂きました。楽しい時間を過ごすことができました。
6月25日(土曜日):今年、初めて蓮の華が咲きました。去年は7月になってからの初めて開花でした。まだまだ、たくさんのツボミがあります。どうか蓮の花や静かな寺の中の時間の流れを楽しみながら、お盆やお命日の墓参においで下さい。梅雨中とはいえ、かなり高温の日があります。このため、暑さあたりや熱中症になることのないように、お水やスポーツドリンクなどを摂って下さい。


2016年6月20日

大きなツボミ山門の全てと本堂の窓枠や鉄製扉の塗り直しが終わりました。全ての足場も取り除きました。塗装中は、墓参のおりに歩きにくくて申し訳ありませんでした。現在は何の問題もありません。どうか墓参においで下さい。

写真は、今朝(6月20日)の蓮のツボミです。最も大きなツボミを撮影しました。6月中に開花を見ることができそうです。昨夜の雨により蓮の葉の上に雨水が見えます。蓮や睡蓮はお釈迦樣の教えと密接な関係があります。あのインドのガンジス川沿いで、お釈迦樣も蓮や睡蓮の花を観たのでしょうか。それにしましても、お釈迦樣が2500年前の時代に80歳までご長命であったことは素晴らしいです。


2016年6月11日

父の日のお墓参りにおいで下さい。
本日、ご法事の読経後に蓮の鉢を観察しました。三つの鉢にツボミが見つかりました。今年は早く開花を見ることができそうです。左の写真が三つのうちで、最も大きな蓮のツボミです。誰が撮りましても、またどのようなカメラで撮りましても、真上から撮影した蓮の華は傑作といえると思っています。

最も大きなツボミ

最も大きなツボミ


カテゴリ
過去の投稿

ぜひ、福性寺のホームページをお気に入りに追加下さい。
最新情報を更新しておりますので、ご覧下さい。