真言宗豊山派白王山中台院福性寺真言宗豊山派白王山中台院福性寺
  • おばあさん、おじいさんとも歩きたい(陳情中)

最近の投稿

カテゴリ

過去の投稿

最新ニュース/講演会情報

キーワード検索
カテゴリ
過去の投稿

2020年3月26日

前回、PCR検査の思いで・・・について書きましたが、「思いで」まで書くことができませんでした。ごめんなさい。今回の感染症のお陰で、どなたも知るPCR検査になりました。しかし、PCR検査に要する時間も知らない「専門家」をテレビで視ました。問題がありますね。

実は、私も老化学研究のための「PCR」実験をしていました(テロメラーゼの検出)。その当時の常識では、陰性である対象(ヒト正常食道上皮)が陽性の結果で、原著論文をなかなか書くことができずに困りました。その間に、某有名大学のグループが陰性であると素早く論文報告しました。その後、論文としました(1997年)。しかし、現在は私たちの結果が正しいことがわかっています(組織幹細胞を含むので)。頭の中で考えて原著を書いてはいけません。私も常識にとらわれて、論文を書くことができなかったわけです。二重✖バツ(失敗)でした。

ちなみにお話ししますと、それ以来、そのグループからのデータを重視しなくなりました。研究者としては、当たり前ですが、他のグループからのデータをそのまま正しいとしません。印刷されたりPDFになった論文を信じないのです。

堀船周回路

今日の堀船周回路 福性寺から徒歩で1分ほどの距離です 染井吉野は2分咲き程度でした 散歩に最適です

「PCR検査」はなかなか難しい検査で、陽性であるにもかかわらず陰性と出ることがあります(誤陰性)。もちろん反対(誤陽性)もあります。誤陰性を「PCRがかからなかったんだね!」などと研究室では話していました。

また、のどや鼻の奥から検体(検査材料)を採りますが、ウイルスを含んだ検体を採ることができないことがあります。

臨床医は症状から感染を強く疑っている時、PCR検査の結果が陰性でも、何度でも再検査をします。やはり、臨床医も科学者ですから、検査結果を丸のみにしないです。何ごとにも正見・正思惟ですね


2020年3月24日

中華人民共和国の武漢市で最初に発生した新型コロナウイルスの感染症に関する話題で持ちきりです。

日本でも千人強の患者を含む感染者が見つかっています。もっと!もっと!感染者は多いという人がいます。ウイルス検出のための「PCR検査」を広範囲に行えば、たくさんの感染者が見つかるという人がいます。10倍の1万人でしょうか?感染者が1万人とすると、日本の人口は1億人以上ですから、「1万人に1人」が感染者となりますか?それでも、「大きな」「不特定多数の皆様」が「密集する」「密接する」「閉鎖/密閉した空間」での集まりは避けるべきですね。

福性寺では、お彼岸のお墓参りの皆様用に手消毒用アルコールとポンプ式の泡の石鹸をご用意しました。

参道のツツジの新緑が美しい季節となりました

参道のツツジの新緑が美しい季節となりました すでに咲き始めたツツジもあります

今後も、お檀家の墓参用に、水屋に泡の石鹸と庫裡には消毒用アルコールを常備します。ご使用下さい。徒歩や自家用車の利用の墓参では、感染の危険はまずないと思います。ビルの中のお墓はちょっと危険が増すと思いますが。

どうりで、例年と同じように、皆様が墓参においでになりました。

正しく観察して、正しく考えます(「1万人に1人」が感染者など)と、お彼岸の墓参を控える大きな理由はありませんでした。高齢者にとって、外出は栄養と運動と並んで、認知症やフレールの予防に効果があります。栄養・運動・外出について、努力=精進をしたいです八正道の正見、正思惟、正精進の説明みたいですね。

花祭り墓参(福性寺では4月5日・日曜日9時から15時)も寺の中は安全です。

長くなりましたので、次回に「PCR検査の思いで」を書きます。

フレールに関しては http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/4152


2020年3月20日

今日はお彼岸のお中日でした。

毎年の春季彼岸会読経会と同様に、11時から住職と式衆(副住職と院代)の3人で読経会と全く同じ次第(内容)で読経しました。

春季彼岸会読経会の過去記事をご覧下さい。

平成31年2019年: http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/2951

平成30年2018年: http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/1088

過去の読経会では、本堂はお檀家でうまっています。しかし、今回は新型コロナウイルス感染症予防のために、お檀家にはお集り頂きませんでした。「無観客!法要」と言うこともできますか?もちろん、「観客」ではありませんけれど。「無参拝者」?

お檀家の皆様から頂きました「令和2年春分彼岸会ご供養ご祈願書」を読み上げました。読み上げ事項は、以下の赤字です。

〇ご供養(彼岸会にご供養をご希望するお檀家・ご信徒様)1.ご先祖様  2.ご両親様 3.お父様 4.お母様 5.その他

〇ご祈願 1.家内安全  2.病気平癒  3.健康長寿 4.お子様・お孫様の発展・成功 5.その他、ご祈願・ご希望(     )

お檀家・ご信徒様お名前(連名可)

令和2年春季彼岸会奉告法要

令和2年春季彼岸会奉告法要 左上:五体投地 左下:ご供養ご祈願文の奉読 右:僧侶3人だけの法要  本堂の外では「新にお生まれになった初孫様のご健勝のご祈願のため」にどうしてもご出席をしたかった方がお経をお聞きになっていました 同様の皆様もかなりおいでになり大変申し訳ございませんでした

最後に、住職もお檀家・ご信徒様のご長命とご健康を心からご祈念致しました。

たくさんの皆様から、今回の奉告法要のために、お布施・喜捨・献金を頂きました。例年の読経会と同じです。ご本尊様にご報告のあと、宗教法人福性寺の収入と致しました。

ちなみに申し上げますと、これらのお布施・財施・お金は住職や住職家族の生活費となることはありません。全て、寺の将来のために使われます。


2020年3月19日

「仏教徒海外奨学基金」の今年度の配布額を報告します。過去30年近くにわたり総会の議論を経て配布先と金額を決定しています。しかし、今回3月の総会は、新型コロナウイルス感染予防のために延期となり、前年度と同額を配布することになりました。

福性寺地蔵門の延命地蔵尊 奨学金集めの協力菩薩です

福性寺地蔵門左の延命地蔵菩薩 奨学金集め!の有難い協力菩薩です お掃除担当者から毎朝おさい銭(献金)を納める参拝者がおいでになると聞いています お地蔵様のお家はピンク色です 40年前までは本堂もほぼ同様の色でした しかし私が住職になりアイボリーにしました

◎今年度は篤志家5人と9寺院と1写経会、1読経会から87万6千円が集まりました。

◎配布額は以下です。

〇在インドのチベット人の学僧:白舘戒雲氏を通じて、42万円を送金。振込手数料864円。

〇スリランカの子供:サンガラタナ師に電話で確かめたところ、来日するとのことです。直接40万円と旅費8万円を手渡す予定です。サンガラタナ師の来日時には、会食予定です。改めてご案内いたします。

〇ベンガル仏教協会には、ボーディパーラ師が協会を去り、配布できませんでした。

配布額合計 90万864円でした(不足分は繰越金から充当)。

「仏教徒海外奨学基金」に関する過去記事は、カテゴリを選択してご覧下さい。

仏教徒海外奨学基金理事長 福性寺住職・田久保海誉


2020年3月17日

今回のお彼岸用「ご供養・ご祈願の用紙」を置く箱は本堂の玄関にあります。毎朝、皆様のご供養・ご祈願の趣旨をご本尊様に奉告(ぶこく)致します。

福性寺の墓地は言うまでのなく屋外にあります。ビルの中ではありません。いつも、風の通り抜けがあります。墓参だけでは、新型コロナウイルス感染症の予防から問題が少ないです。徒歩や自家用車でおいでになり、「ご本尊様に参拝」と「お墓参り」では、あまり感染症は問題にならないと思います。

マスコミには、「専門家」(あやしい人もいますね)の発言があります。人込み以外の外出(墓参など)を避けるように!との発言はないと思います。

元気を出して墓参においで下さい。

「お線香売り場」の前に、手の消毒用にアルコールを置きます。追加を探しています。なかなか買うことができません。

「お線香売り場」の担当は常時マスクをつけます。また、アルコールで手の消毒をしています。

水屋に固形石鹸ポンプ式の泡の出る石鹸を置きます

本堂の玄関には、いつも飲み水があります。アクアクララです。ご本尊様に参拝のおりにご利用ください。こちらはお彼岸中には無くなることはありません。

彼岸の入りの日6時半ごろです ほとんどのサクラは終わってきています 写真のサクラ(名前不明)はピンクが濃く今日満開です 江戸彼岸桜と染井吉野は咲き始めました ユスラ梅も満開です

今日・彼岸の入りの日午前6時半ごろです ほとんどのサクラ(おかめ桜・安行寒緋桜)は終わってきています 写真左のサクラ(名前不明)はピンクが濃く今日満開です 江戸彼岸桜(2本)と染井吉野(1)は咲き始めました ユスラ梅(1)も満開です 墓地はとても清潔(住職の自慢です)で爽快です 福性寺の裏の隅田川堤防には染井吉野が多数あります 墓参のあと散歩はいかがでしょうか? 元気がでますね

 

 

 


2020年3月13日

お檀家ご信徒の皆様に今年2回目のお手紙を差し上げました。同封物は以下の1~5です。

1.カバーレター「春分彼岸会読経会は住職と副住職のみで行います ご供養・祈願書を同封します」

2.「令和2年春分彼岸会ご供養ご祈願書」本堂に「ご供養祈願書を置く箱」を置きます。

3.「大施餓鬼会法要」「花祭り」に関するお手紙

4.真言宗豊山派お檀家向け季刊誌「光明215号」阿川佐和子氏が書いています。相変わらず楽しい記事です。残部が少しあります。ご希望の方は墓参のおりにお申し出下さい。

5.本ホームページ過去記事平成31年2019年3月12日印刷体「平成30年度法人会計報告会 総代様会」http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/2876

数日前のアンズの樹です 毎年4月13日の三郷市延命院の植木市で購入し私が植えたものです 最近は桜の樹が増えました 植木屋さん(マコト造園)が植えたものです

数日前のアンズの樹です 満開です 毎年4月13日の三郷市延命院の植木市で購入したアンズです アンズの樹は全て私が植えたものです 最近は各種の桜の樹が増えました サクラの樹は植木屋さん(マコト造園)が植えたものです  埼玉県三郷市彦倉延命院(彦倉虚空蔵尊)http://unagino-otera.jp/ 

本当にガッカリしています。彼岸会読経会に皆様と一緒にお経を読むことができないのですから。「すぐ近くの生きがい」を失いました。大袈裟(おおげさ)ではないです。住職が本当に「寺に住むだけの人間」になってしまいます。今回は、単なる留守番ですね。

「お経を読みたいだけ」のお気持ちから、本堂にお集まりになるお檀家・ご信徒の皆様と読経することは「僧侶冥利に尽きます」

「冥利につきる」とは「おかれている立場において、最高に幸せのこと」を意味する言葉でしょうか? 「冥利」とは仏教用語でした。「仏様に見守って頂き知らず知らずのうちに与える・頂くご利益」ですか?短く「最高に幸福なこと」でもよろしいですね。

お寺やお経に興味のなさそうな方や若い方がおいでになり、住職にとって驚き・発見や楽しみの多い読経会です。


2020年3月9日

4泊6日の米国西海岸旅行の旅程のクライマックスは、今中太定師が住職を務める「シアトル高野山」参拝です。

ロサンゼルスから3時間で、午後4時近くにシアトルタコマ国際空港に着きました。今中師のお車で、シアトルのチョコレート屋さん(FRAN’S:ホットチョコレートが美味しい)に寄り、シアトル高野山にお参りしました。清閑なお寺です。とても清潔です。お檀家の数が多くないので、今中師は大変な努力を重ねておいでです。寺付属の墓地もありません。

私は福性寺のお檀家の皆様のご健勝・お檀家の仏様の成仏を心から祈念しました(写真)。今中師にも読経をご依頼しました。

3月3日シアトル高野山参拝

3月3日シアトル高野山参拝 ご本尊様は金剛界の大日如来様です お布施・献金とお供物(都電もなか)をお供えしました

読経後、ホテルに荷物を下し、夕ご飯会場に向かいました。6時過ぎから食事開始です。お寿司屋です。このお店はシアトルでは有名らしいです。今中師と奥様(シアトル大学准教授)お子様と私たちの5人でした。

お刺身、カキ(ヨーロッパのように小さい)、お寿司を頂きました。やはり、日本よりも、2倍ほど金額が高い感じです。物価の差から日本の経済力の低下を感じました。子供や若者の多い活気のあふれる社会がまた日本に来てほしいです。午後8時には会を終了しました。

今中師には、今後のさらなるご活躍をお願いしました。おいそがしいところをお付き合い頂き有難うございました。

今中師やシアトル高野山について、多くの記事を書いてきました。検索して下さい。以下にいくつかをあげました。

小さな寺とはいえ、寺に生れた私には、マネのできない立派なことばかりです。

平成28年2016年5月5日http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/61

平成29年2017年7月25日http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/581

平成31年2019年2月12日http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/2672

平成31年2019年3月31日http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/3028

シアトル高野山 https://seattlekoyasan.com/ja/


2020年3月7日

新型コロナウイルス感染の予防のために、本年の春のお彼岸のお中日=春分の日の彼岸会読経会は、お檀家の皆様にご本堂にお集まり頂きません。お檀家の参加はありません。大変残念です。住職と副住職のみで行います。

このため、毎年のお彼岸会におけるお檀家、ご信徒様のご供養やご祈願を福性寺住職が代行致します。

ご供養とご祈願事項の記入用紙(お手紙に同封します)を福性寺にお届け下さい。ご持参、郵送、ファックスやメールでお願い致します。住職が彼岸会中の毎朝、読経後、ご供養とご祈願事項とお檀家・ご信徒様のお名前をご本尊様に音読してお伝え致します。

なお、ご供養とご祈願事項の用紙は、責任をもってシュレッダー後、廃棄します。秘密厳守します。

今朝の福性寺 白木蓮 オカメ桜 安行桜が満開です

今朝の福性寺 白木蓮 オカメ桜 安行桜が満開です 通りすがりの皆様が自転車をとめて観ています 写真を撮る方も多いです お檀家の皆様に観て頂きたいお花です 春分彼岸会読経会が中止でとても残念です お経を読みたいですね!

今年の春季彼岸会では:

〇お線香(国産)販売を致します。販売担当者はマスク着用します。

〇手の消毒用にアルコールをお線香売り場に置きます。アルコールが消費されてしまいましたら終わります。

〇水屋に手洗い用に石鹸を置きます。

〇ご供養とご祈願事項の用紙をお届け下さい。

毎年と同様に:

〇山門・本堂は午前8時に開き、午後4時に閉じます。

 


2020年3月6日

留学中、よく墓地で読書をしました。子供の遊ぶ公園よりも静かでした。外国旅行では、墓地に立ち寄ることがよくあります。今回のロサンゼルスの学会では、午前中(2月29日)に休みがありました。

その午前中は「ウェストウッド・ビレッジ・メモリアル・パーク」 に出かけてみました。実業家やナタリーウッド、バートランカスター、マリリンモンローなどたくさんの人々が眠っています(古いですか?名前を知っている人が!)この墓地の周囲には、高層ビルや邸宅があります。

「人の大きさ」の面積の通常の墓地、芝生の中に墓碑銘だけの墓地や、大きなロッカー式の墓地(霊廟)などがあります(写真)。ビルの中にある閉鎖的なお墓ではありません。全て開放的でお墓のどこかは外気に接しています。爽快な風が流れています。

樹木の手入れも行き届いています。本当に心が安らぎます。ベンチも多いです。それでも植木の手入れの方法は、人為的過ぎて私とは意見が違いました。

しかし、共用の広い植栽のスペースがあります。大きなお墓が多く共用のスペースのない福性寺(江戸時代から)とは対照的でした。

ロッカー式の霊廟です。一人分の大きさが大きいです。マリリンモンローの墓所の花瓶にはお花があります。隣はヒューヘフナーの墓所です。モンローの墓所の周囲は人気がありそうですね

大理石製のロッカー式の霊廟です 一人分のサイズが大きいです マリリン・モンローの墓所の花瓶にはお花があります 隣はヒュー・ヘフナーの墓所です モンローの墓所の周囲のロッカーは人気がありそうですね ベンチがたくさんあります

この墓地の価格は非常に高価です。超高級車1台から数台分以上の価格でした。「お墓は安ければ安いほどよい」「お骨の置き場は安ければ安いほどよい」という感覚ではないようです。福性寺の「墓地+墓石」が軽自動車1台分であることと対照的です。

今や、日本では納骨するだけでしたら、料金(お布施ではありません)が1.5万円から可能な時代です。料金が5万円でも高いと言われるようになりました。

この墓地のような緑の中に開放的なロッカー式の壁墓地を作り、お檀家を募集しようかな?!と思いました。

お墓の分譲業者から、「樹木葬」や「合葬墓」を作るようにと何度も提案があることを思い出しました。

しかし、この墓地やジャス教授の素晴らしい墓地(過去記事)、モンマルトルの墓地(過去記事)を見ますと、新しい形の墓地を作ることの意味を、よくよく考えなくては!と思います。

単に「従来のお墓の代用」ではなくて、新しい形のお墓が、「故人やご遺族・お檀家の心の平安・精神の安定に、より貢献するものであること」が必要でしょう。

今回の旅行は、墓地についても、医学(前回記事)でも大変勉強になりました。

以下に外国などの墓地の記事があります。

平成29年2017年9月8日 ダリダのお墓 外国の墓地

http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/675

平成29年2017年9月17日 樹木葬ジャス教授の場合

http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/699

令和2年2020年1月28日 新しいお檀家

http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/5266

 


2020年3月5日

2月28日から3月4日まで米国西海岸の都市に出かけてきました。4泊6日です。

北米病理学会(USCAP)での勉強と、シアトル高野山の参拝が目的でした。

ロサンゼルス国際会議場 私のお腹に見えるカードは入場券で6万円です 胸の白いものはマスクです

ロサンゼルス国際会議場 私のお腹に見えるカードは入場券で6万円です 胸の白いものはマスクです 逆光の写真をおわびします

ロスアンゼルスの国際会議場では、アルコールによる手消毒が可能でした。会場は握手とハグは禁止でした。日本のお辞儀は、安全でいいですね。今後は「国際標準」としたいですね。日本政府も広報してほしいです(笑)

それでも、私の引退講演会(平成27年・2015年)に出席した学者(フランス人イギリス人など)は、握手とハグ・チークキス(ホッペタとホッペタ)でした。会場でマスクをしている人は非常に少ないです(10人に1人以下)。なお「福性寺の歴史第7版」121ページに引退講演会の写真があります。

USCAPの消化管病理学会では、私の十分理解していなかった胃癌に関する知識を得ました。相変わらず、日本での粘膜内癌(早期癌の中でも早期なもの)を「異形成」と別の名前で呼んでいました。友人のドイツ人(英文論文500報の著者)が、あきれていました。消化管病理学、特に食道・胃では、やはり日本が最も優れています。

ところで、出発前にお檀家が亡くなりました。直後にご家庭を訪問して読経し(枕経)、お元気な時のお姿を思い出し、涙が出かけました。ご遺体の保存のために、お部屋の温度など、こと細かにご説明しました。

ご家族とご相談し、故人のお話をおうかがいしながら、お戒名を考えました。お元気な時には欠かさず施餓鬼会にご出席頂きました。また、大変明るく美しい奥様で日本舞踊をご趣味としていました。ご生前のご様子の通りをお戒名に表現しました。帰宅後、葬儀中に読む追悼文(風誦文)を作り、お戒名を清書して、米国に出発しました。葬儀自体は、副住職と院代の二人が執式しました。火葬場同行・お骨上げ後、初七日法要を行いました。今日、あらためてお布施の領収証を持って葬家(喪家)を訪問し読経の予定です。

最初の訪問時に、「葬儀社にお支払いするお金を節約してお寺にお布施を頑張ります!」と故人のお嬢様からお話頂きました。本当に有難うございました。

私や家族の給与や生活費には、一切消費されないお布施です。必ずお檀家全体のために、また葬家の明治時代からのご先祖様・仏様(明治時代にお檀家になりました)のために用いることをご本尊様や葬家の皆様・故人にお誓いしました。


キーワード検索
カテゴリ
過去の投稿

ぜひ、福性寺のホームページをお気に入りに追加下さい。
最新情報を更新しておりますので、ご覧下さい。