真言宗豊山派白王山中台院福性寺真言宗豊山派白王山中台院福性寺
  • おばあさん、おじいさんとも歩きたい(陳情中)

最近の投稿

カテゴリ

過去の投稿

最新ニュース/講演会情報

キーワード検索
カテゴリ
過去の投稿

2020年2月27日

昨日の福性寺 安行桜はとおかめ桜はほぼ満開です

今日の福性寺 安行桜とおかめ桜は満開です 白木蓮も咲きだしました これからアンズとゆすら梅が咲きます 新型コロナウイルス感染症が心配ですがお近くのお檀家の皆様(徒歩圏内)はマスクなどの対策をして散歩ついでにおいで下さい

最近、葬儀社の社員は僧侶を「先生」と呼びますね。これは、ちょっと違和感があります。

「住職」(寺院の責任者)という名称は静的で、ちょっと古臭くないですか?また、「寺に住むことだけが仕事」に聞こえます。何か別の名前はありませんか?と何人かにお尋ねしたことがあります。住持とか住持職ではない名称です。

福性寺の施餓鬼会(せがきえ4月23日)の説解師(=進行・説明担当者)である榎本博司僧正は、「道場長」と私を紹介してくれたことがありました。榎本僧正は日本の最高学府でも学んだ方で博学です。でも、落語もできるんですよ!(横道にそれました)

「道場長!」住職よりも動的で、新鮮な感じでしょうか?本堂(道場)の責任者の意味ですね。

それにしましても、住職、住持、住持職、山主、院主、方丈、道場長など「偉そうな(笑)」呼び方は多々あります。単なるご本尊様の代弁者・代理人に過ぎないんですけれど。「主」の入っている山主や院主はちょっと問題(ご本尊様に失礼)かなと。やはり「住職!」とか「住職さん」ですね。

なお、住職の住まい=庫裡(くり)は、「宗教法人福性寺」の所有物で(営利)会社の社宅と同じです。住職の所有物ではありません。もちろん、墓地・境内内の建物すべてが、「宗教法人」の所有物です。

「道場」については、以下もご覧下さい。

令和元年・2019年8月2日道場(1)東京オリンピックのヘーシンク選手と神永選手 礼に始まり礼に終わる

http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/4009

令和元年・2019年8月3日道場(2)お寺が道場 ヘーシンク選手・神永選手 礼に始まり礼に終わる

http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/4029


2020年1月6日

12月中に山門の右側の里道沿いの塀が完成しました。40mあります(写真)。写真右側の白山神社も背の高い塀を壊しました。このため、山門右側の里道(人の通行があり道路として機能)は、とても明るく「いい感じ!」になりました。

塀の上の柵(特注品)の間隔が短いため、通行の皆様は狭い面積しか墓地を見渡すことができません。東日本大震災級の大地震でも、壊れないそうです。また、柵は風速40m近くでも壊れないとのことです。

費用は建設費・測量費などで、1千万円を超えました。このため、令和元年・2019年度の「宗教法人福性寺」の決算は、赤字となる予定です。

山門右側40m

新たな山門右側40mの塀 従来と同様に通用口があります(普段はあけません)写真の角度では墓地を見ることができないことがわかります 突き当りは白山堀公園です 里道を横断する外来植物の生命力を視て下さい 遠くに見える横長の建物はプリントメディア・読売新聞東京北工場です

里道のアスファルト舗装が大きくひび割れて、樹の根が見えます。今回、伐採した神社のニセアカシア(北米原産)の樹の根です。有用な樹として輸入されたものです。しかし、最近は外来種として伐採されているようです。あいかわらず、世の中の真理は一定ではないようです。

この根のために里道がデコボコとなり、自転車や保育園児のための乳母車は乗り心地が悪いです。

しかし、コンクリートの壁を越えて、さらに舗装を壊す外来植物の生命力には感心します。

この樹の大量の花・葉・小枝により、里道と里道沿いの墓石の汚れがひどかったです。里道も福性寺が清掃しています。

なお、明治維新までは、白山神社は福性寺の掛持ちでした。神社のご神体(神様)は、観音様であったと思います。また、福性寺住職が別当でした(徳川吉宗時代の北町奉行記録)。つまり、「神仏習合」で神仏に明瞭な区別はなかったようです。

以下の記事で塀についてふれています。

令和元年・2019年12月14日「山門東側(右側)の塀工事が進行中」

http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/4973  工事の詳細について書きました。

平成31年・2019年3月12日「平成30年度法人会計報告会 総代様会」

http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/2876

 

メニュー「境内のご案内」の最後に、「駐車スペース」の写真を追加しました。


2019年12月25日

「父が亡くなりそうです!」とお檀家のご家族からお電話がありました。「どうしたらいいのか教えて下さい」とのこと。また、「住職の便利を考え、お寺の近くの葬儀社を紹介して下さい」でした。わざわざ、お寺に近い!葬儀社と火葬場を選んで頂きました。有難かったです。

そこで、私の信頼している葬儀社の電話番号をお教えしました。社員が7-8人の葬儀社です。

数日してお父様が亡くなりました。

亡くなったその日(1日目)の午前10時には、ご遺体は葬儀社の冷蔵庫に、都下の市から到着しました。お子様方は、その前日から徹夜の看病でした。このため、病院から直接ご帰宅頂き、お身体をおやすめ頂くようにアドバイスしました。

翌日(2日目)11時から冷蔵庫の前で、枕経と通夜のお経をお子様方と住職で読みました。通夜とは何かをご説明しました。そのおり、お人柄などを確認しながら、お戒名を考えお子様方に説明しました。

3日目の午後、町屋葬儀場で火葬です。火葬炉前読経とお骨上げ(揚げ)読経を院代と二人で行いました。故人のお話・エピソードを1時間(火葬の間)お聞きしました。お子様方とお骨は、ご自宅にお帰りになりました。しかし、火葬と同日に葬儀のお経を読むことも多いです。

4日目、ご家族とお骨が福性寺に到着し、午前11時から葬儀を執行し納骨堂にお骨をお預かりました。読経後、故人に関するお話で楽しい時間を過ごすことができました。

大正時代からご親戚を含めて、すでに墓所には9霊の仏様がおいでです。今回のお父様は、10番目の仏様となります。楽しい会話をなさるお父様でした。墓所の中は、にぎやかになりそうです。本当に偉いお父様でした。また、「お寺にはしっかりするように?!」とのご遺言でした。

葬儀社への支払いは30万円を少し超える程度だったらしいです。業者から、私は紹介料など一切の金品を受け取りません。葬儀社には「しっかり仕事をして下さい」と私からも申し入れしました。

お骨は四十九日忌法要までお預かりし、納骨となる予定です。

今日の桜の樹の落ち葉です。今年は桜の葉が赤くならずに黄色でした。腐葉土になるように、樹の下にそのままにします。桜の樹の栄養のためです。それでも、お掃除担当者が掃いてしまいます。お寺の美観が大切と考えているようです。有難いお掃除の担当の皆様です。

今年は桜の葉が赤くならずに黄色でした 腐葉土になるようにそのままにします 樹の栄養のためです それでもお掃除担当者が掃いてしまいます お寺の美観が大切と考えているようです 有難いお掃除の担当の皆様です お掃除の担当者やお檀家などたくさんの皆様のお陰で何とかお寺が成り立っています

おたずねにお答えしたよりも、とても高額の「布施(=喜捨)」を「お礼の言葉」とともに宗教法人福性寺に頂きました。

お檀家は本当に有難いです。住職は姿勢を正さなくては!と思いました。

お布施は住職の生活費や給与に消費されることはありません。全てがご両親様・ご先祖様への奉納金となりました。

宗教法人福性寺の会計に関しては、「最新ニュース/講演会情報」のカテゴリ分類の「宗教法人会計」をご覧下さい。以下に、記事の一例をあげます。

平成31年2019年3月12日「平成30年度法人会計報告会 総代様会」

http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/2876

 

 

 

 

 


2019年8月13日

先日、「カードでお布施を納めることができますか?」とお聞き頂きました。「カードでお布施を奉納できましたらいいですね!」とのことでした。

突然のことで、Yes!No!のお返事の形でしか、返答できませんでした。まさか、このようなご質問を頂くとは、考えておりませんでした。住職の完全負け(笑)です。

実は、僧侶派遣の会社では、事前にクレジットカード決済ができるようです。ご存知でしたか?とても進んでいます。裏返しますと、福性寺住職はとても遅れていますか?

ところで、「お布施(財施)」として頂いたものは、ご本尊様、亡きご両親様・ご先祖様にお供え頂いたものです。このため、最後の1円まで、全額が「お布施」となるべきですね。また、宗教法人(お寺のことです)にとっては、公金です。つまり、僧侶の派遣会社やクレジットカード会社に手数料をお払いすることは、考えられませんね。このように考えています。やはり、福性寺住職はとても、時代に遅れていますか?(苦笑)

福性寺では、お車代・お膳料・お香料に至るまで、葬儀のおりに頂いたお布施・財施は40年前から、必ず一括してお布施として領収証を発行しています。また、年回忌法要に関しても、ご希望がございましたら領収証を発行してきました。

昭和59年1984年2月総代様会熱海左から小宮武雄様石井與五郎様堀江勇治様堀江恒太郎様

昭和59年1984年2月総代様会旅行 熱海温泉にて 総代様4人と私(右端)です 総代様は太平洋戦争を経験しています 風格があり立派です 尊敬できる皆様でした 年の若い住職をご支持頂き本当に有難かったです

僧侶の派遣会社(営利会社です)の手数料は、とても高額です。新聞によると、50%を超えることもあります。しかし、手数料の占める割合・パーセントが公開されていません。

また、僧侶を派遣した葬儀会社が脱税していたこともあります。お布施として頂いたお金(財施)が脱税され消費されては困ります。

お布施の意味や意義を、再度考えたいですね。

 

 

以下に宗教法人会計に関する(総代様会)記事のリンクを書きます。

平成30年度法人会計報告会 総代様会

http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/2876

総代様会 透明性の高い法人会計

http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/1036

総代様会と早咲き桜 宗教法人会計

http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/395


2019年7月15日

お寺の中のお盆飾りです

お寺の中のお盆飾りです 家族がつくりました 今日(15日)までの飾りです お盆飾りの前で瞑目すると両親と楽しい時間を過ごしたことを思い出しますね

福性寺のある東京都北区などでは、今日15日が送り火をたく日です。ご先祖様を寺まで送りにおいでになる皆様は、送り火をたく必要ありません。明日、16日にたくのではないのですか?とのご質問を頂きます。もちろん、それでも構いません。しかし、西新井大師様から頂いたカレンダーにも、盂蘭盆会は13日から15日と書かれています。昔のままですね。

昨日はお檀家のご家庭でお経を読む「棚経(たなぎょう)」に出かけてきました。その中に、老人ホームへの訪問もありました。漢文や真言(古代のインドの言葉で書かれた簡潔な文章)など、口語の説明を加えながら読みます。

棚経では、お布施を頂いて帰ります。お布施やお車代は、住職やその家族の生活費・給与に消費されることは一切ありません。全額がご先祖様のために福性寺(宗教法人)に残ります。つまり、法人の財産となります。この点は、お檀家の代表である総代様会でご報告済みです。

平成29年2018年パーマリンク: http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/1508

平成28年2017年パーマリンク: http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/567

平成27年2016年パーマリンク: http://fukushoji-horifune.net/blog/archives/175

今回のお盆中には、蓮の花は咲いていませんでした。今のところ、半数の鉢で花が咲きません。また、花が少ないです。どうしたのでしょうか?


2019年7月9日

一昨日(7月7日:日曜日)の「合同新盆供養法要」は雨天でした。それにもかかわらず、去年よりもたくさんのお檀家にお集まり頂き有難かったです。そのおりのビデオをご覧下さい。供物・お土産セットの配布から始まりました。開会挨拶・お檀家への「次第」の説明に続き法要です。奠供=ご本尊様への供物の声明(四智梵語)お檀家と朝暮勤行法則にしたがい、懺悔の文、開経偈、般若心経、光明真言、南無大師遍照金剛、回向の文を読みました。

次に、盂蘭盆会の精霊棚の説明の後、仏讃歌を斉唱しました。お焼香の後、お位牌を返還し解散しました。その後、新盆供養法要用の大型お塔婆を本堂玄関への搬出で終わりました。

毎回の新盆供養法要には、皆様からたくさんの「お布施」を頂きます。お布施は、住職やその家族の生活費・給与に消費されることは一切なく、ご先祖様のために全額が福性寺(宗教法人)に残ります。ご安心下さい。

下段の仏讃歌「おちかい」(1番だけ)の動画「令和元年新盆供養ビデオ」をクリック頂き、法要当日の本堂内の様子をご覧下さい。

令和元年新盆供養法要ビデオ

動画の中のお内陣(ご本尊様近く)に見える大きな「胡蝶蘭」は、新盆供養法要のお施主様一同による奉納です。また、たくさんの背の高いお塔婆(新盆供養法要用)が見えす。

なお、仏讃歌「おちかい」(1番と2番)は、カバーページ左サイドメニューの年間行事「元旦読経会」にあります。

 

 


2019年3月12日

平成31年3月11日12時より、池袋東武デパート内の中国湖南料理「華湘」で、宗教法人福性寺の総代様(お檀家の代表)会が開かれました。ご出席は3人の総代様と1人の総代様の代理の合計4人、代表役員(住職)、責任役員(副住職)とその家族の2人の合計8人でした。平成30年度の福性寺の決算書(収入、支出、繰越金、住職・職員の給与)などを項目ごとに読み上げてご説明し、お持ち帰り頂きました。もちろん、住職を含めた職員の給与もご説明しました。ご質問のあと、ご承認頂きました。続いて、総代様に福性寺の現状について住職が説明致しました。例年とほぼ同様の収入であり、支出でありました。大きな支出は本堂八角堂上の塔の塗装でした。予算(平成31年度)は例年と同様です。今年は、ブロック塀を低くして耐震性の向上を図りたいです。

今朝の福性寺 山門近くにおかめ桜左に安行寒桜

今朝の福性寺 写真を2回クリックして拡大して視て下さい 小鳥が見えます チリひとつなく清潔です 祖霊の眠る聖地です 山門近くにおかめ桜(中央濃いピンク) 左に安行寒桜 右は白山神社です 神仏分離令(複数の通達 慶応4年から明治元年)までのご神体は観音様であり僧侶(別当)が神社で行事を執行しました 神仏習合でした

また、お檀家の皆様から頂きましたご葬儀のお布施(40年前から必ず領収証を発行)の一覧表を配布し、ご確認頂きました。この一覧は、個人情報を含みませんし個人名まで遡及できませんが、回収しました。宗教法人の宗教的収入(布施・会費)には、税はありません。しかし、法人から頂く個人(住職など)の給与は、所得税(国税)を納めたあと、頂きます。このため、法人の収入と住職などの個人の収入を厳密に分ける必要があります。宗教法人福性寺の会計は、とても正確でご信頼を頂いております。

なお、総代様の写真は、「福性寺の歴史・第6版」116ページにあります。


2019年2月26日

少し前ですが、お葬式をさいたま市で執行しました。寺から車で35分ほどの距離で、市営霊園の中にあります。故人は公務員として一生を過ごされ、仕事の現場でもご自宅においても、草木をとても愛した方でした。特にサクラソウについての専門家でした。釈尊(お釈迦さま・ブッダ)の入滅のお歳と同様の年齢で亡くなりました。

お檀家ではありませんが、ご親戚が福性寺のお檀家です。こちらのご家族の姓のお檀家は20軒近くあり、江戸時代初期(1600年代)の仏様もおいでです。現在のご本尊様のご寄付や入仏式(寛永2年・1625年)にも参加しているはずです。ご親戚のお墓の周りにリコリスや背の高くなる樹(写真)を植えていました(住職の知らないうちに!)。白い彼岸花やピンクのリコリス(平成29年・2017年8月1日・9月15日、平成30年7月17日記事)は、最初にこの方から頂きました。その後、自然に繁殖することを待つことができず、園芸店から球根を買い求めて植えました。現在、福性寺の白い彼岸花やリコリスは、お檀家が楽しんでいます。

お彼岸などのおりおりに、福性寺の境内で草木に関して、お教えを頂きました。このため葬儀の執行を引き受けました。過去の植物に関する知識の「伝授」のお礼のつもりでした。

故人が植えた樹の小枝です。幹は10㎝以上となっています。10年ほど前までこの木の名前を知っていたと思います。しかし、忘失してしまいました。名前をご存知の方はご教示ください。

故人が植えた樹の小枝 幹は10㎝以上です 木の名前を忘失してしまいました ご存知の方はご教示ください。

お戒名は、「悠々とした大樹のように常に堂々として、また公務員として公正であり大いに公務に貢献した仏教者(居士)」と考えました。重ねて書きますが、亡くなるまでのお名前は、出生時に、ご両親の期待が反映しているお名前ですね。お戒名は故人の人生を総括的に反映した仏教的なお名前です。たくさんの思い出のある方でした。院代様と二人で読経しました。お戒名、祭壇や火葬の意義についても説明致しました。

なお、喪主様から「通夜・葬儀・初七日法要・お戒名布施、お車料、お膳料」を「宗教法人福性寺」に頂きました。有難いお布施です。もちろん一括して布施として、総額の領収書を発行しました。お布施は江戸時代からのご先祖様へのお供えとなりました。いつものとおり「お布施の使途」に関するお礼状・説明書をお持ち帰り頂きました。

法人会計に関しては「総代様会 透明性の高い法人会計」(2018年3月6日記事)をご覧下さい。


2018年3月6日

平成30年3月1日12時より、池袋サンシャインビル内の中華料理店・ジョーズシャンハイニューヨーク池袋店で、宗教法人福性寺の総代様(お檀家の代表)会が開かれました。ご出席は4人の総代様と総代様のご家族2人、代表役員(住職)、責任役員(副住職)とその家族の4人の合計10人でした。平成29年度の福性寺の決算書(収入、支出、繰越金、住職・職員の給与)などの説明と、そのご承認に続いて、総代様に福性寺の現状について住職が説明致しました。予算(平成30年度)は例年ほぼ同様です。また、お檀家の皆様からのご葬儀のお布施(30年以上前から必ず領収証を発行)の一覧を配布後、ご覧頂き、個人情報は含みませんが回収しました。なお、総代様の集合写真は、「福性寺の歴史・第5版」にあります。宗教法人福性寺の会計は透明性が非常に高く、ご信頼を頂いております。

現在、境内では、おかめ桜や安行寒桜が開花しています(写真)。満開に近いです。お彼岸には、咲き終わっているのでしょうか。お檀家にご覧頂くことができないことを心配しています。

お檀家の皆様に、お手紙を差し上げました(今年2回目)。3月21日春の彼岸会のお中日(春分の日、水曜日)午前11時より、恒例の読経会を行います。どなたでも参加頂けます。ご参加下さい。お彼岸は3月18日(彼岸の入り)に始まり24日(彼岸の明け)に終わります。学生の皆様や、お子さま方にも墓参においで頂くように、ぜひともお話下さい。

福性寺の花祭りは、例年4月の第一日曜日に行っています。しかし、今年の花祭りは4月8日(日曜日)に行います。どなたでも参加頂けます。誕生仏(お釈迦様の像)に甘茶を注ぎ、誕生をお祝いします。

施餓鬼会は例年4月23日(月曜日)午前10時開始です。ご参加下さい。

3月6日のおかめ桜です 満開です

3月6日のおかめ桜です 満開です

 


2017年2月18日

平成29年2月7日に福性寺総代様会が上野(中国料理「翠鳳」)で開かれました。ご出席は4人の総代様と総代様のご家族1人、住職とその家族が2人の合計7人でした。副住職は町屋葬儀場で告別式を執式のため、欠席でした。

平成28年の福性寺の決算書(収入、支出、繰越金)などの項目ごとの説明と、承認に続いて、総代様に福性寺の現状(お檀家の増減など)について住職が説明致しました。年間のお葬儀のお布施の一覧表を総代様会では回覧しています(個人情報を含まないデータです)。住職、職員の給与を含めて、福性寺の会計は総代様には公開です。また、決算書は東京都に提出が義務となっています。

30年以上前(住職の就任時)から葬儀のお布施と車代やお膳料などを含めて、一括して布施として領収証を発行しています。お檀家の代替わりの経費となることを説明しています(相続税)。「現在までの高額のお布施をご不審と思いますが、皆様の父母ご先祖様の安楽のために、ご先祖様にお供え頂いたとお考え頂けましたら有難いです」と最後に結びます。

水屋前のおかめ桜

水屋前のおかめ桜

白山堀公園近くの安行寒桜

白山堀公園近くの安行寒桜

また、この国の人口(=お檀家)減少に備えていることをお話しています。福性寺はお檀家が多くはありません。また、資産も少ない寺(一言でいうと「小さな寺」)です。大正6年までは無住職寺であり、その後も無住職の期間が5年以上もあったほどです。このため、20年ほど前(西暦2000年頃)から、福性寺が無住職寺に戻らないように、また廃寺にならないように考えてきました。このため、寺からの職員の給与はとても少ないです。

 

現在、境内ではおかめ桜や安行寒桜が開花してきました。もうすぐ、春が来ます。春のお彼岸には、どうか墓参においで下さい。彼岸会読経会(3月20日、お中日=春分の日、午前11時から)に、ご参加下さい。温かい服装でご参加下さい。


キーワード検索
カテゴリ
過去の投稿

ぜひ、福性寺のホームページをお気に入りに追加下さい。
最新情報を更新しておりますので、ご覧下さい。