真言宗豊山派白王山中台院福性寺真言宗豊山派白王山中台院福性寺
  • おばあさん、おじいさんとも歩きたい(陳情中)

最近の投稿

カテゴリ

過去の投稿

2020年7月4日

大正時代のパンデミック 高熱に効果?

新型コロナウイルスのパンデミックで思い出すことがあります。

それは、大正7年1918年のスペイン風邪=インフルエンザによるパンデミックと私の父の話です。父の毎回!の年回忌法要で鳥居敬誉猊下(父の兄弟子様)からお聞きしました。

父は師僧の上東野昭良師の死亡(大正10年1921年7月)のあと、巣鴨にある真性寺の清水教誉猊下の弟子となりました。丁度そのころは、3回目のスペイン風邪のパンデミックでした。3回目は大正10年3月に終息しました。しかし、流行が完全に終息せず、真性寺に移った直後に父は高熱を出しました。

そのおり、夜中に「火事だ!火事だ!」と布団を担いで真性寺の中を駆け回り大騒ぎとなり、あの温厚で物静かな清水教誉猊下が大声で制止して、やっと治まったとのことです。40度近い高熱であったとのことです。

父です 昭和6年1931年3月大学卒業

父田久保周誉師です 昭和6年1931年3月大学卒業時の写真です

最初、父は田舎の高等小学校あがりで、中学校では勉強に全く身が入らなかったらしいのです。しかし、この高熱のあと急に机に向かうようになり、成績も向上しました。以後、特に外国語が得意になり、大学や大学院でも、寺の仕事以外の時間は、いつも梵語(サンスクリット)や英語を自習していたとのことです。敬誉猊下からは「その後、たくさんの梵語経典を校訂したり、于闐(うてん・ホータン)語の経典を解読し、大きな業績を残した」とお誉め頂きました。

年回忌法要のご挨拶の最後に、敬誉猊下は「高熱が頭にどんな作用をするのか?時には役に立つのですね?!」と。法要参加者から必ず笑いが漏れました。

私は毎回の父の年回忌法要で「このお話」を楽しみにしていました。また、法要後の夕ご飯会では「高熱と勉強の関係、君はわかるの?」とのご質問を何度か頂きました。「医学的に通常の風邪などでの高熱は、脳機能に影響がないと言われています!」とは答えませんでした。

この原稿を書きながら、さらに思い出しました。高校を卒業して、僧侶資格を得るための四度加行(しどけぎょう・密教行者の行うべき修行の一つ)のあと、秋から本格的に受験勉強をしていました。英文の長文読解問題では、私の知らない英単語を父は全て知っていました。(笑) また、wouldやcouldに関する文法も、私よりもできましたね。昔の人の勉強(量)には勝てません!父からは英語はあらゆる学問の基礎であると何度も聞きました。

また、私には父ほどの集中力がないです。ちなみに、私はあまり高熱を出さない体質です。

今年も秋にはインフルエンザの予防接種を受けましょう。ご自分だけではなくて、ご家庭や社会の皆様のためにもです。若い皆様もです。社会貢献!にもなります。


キーワード検索
カテゴリ
過去の投稿

ぜひ、福性寺のホームページをお気に入りに追加下さい。
最新情報を更新しておりますので、ご覧下さい。